2014年05月13日

漫画「美味しんぼ」の鼻血騒動

20110315_140337.gif

----------------------------------------------------------------------------------------
「美味しんぼ」の描写に波紋 被曝で鼻血…抗議相次ぐ
(朝日デジタル 2014年5月12日23時25分)

 週刊ビッグコミックスピリッツの人気漫画「美味(おい)しんぼ」の東京電力福島第一原発事故をめぐる描写に対し、福島県や地元政界などが12日、発行元の小学館に相次いで抗議した。問題視するのは登場人物が放射線被曝(ひばく)と鼻血の因果関係を指摘したり、「福島に住んではいけない」と述べたりする場面。県内には風評被害への懸念が根強い一方、強まる抗議に「被曝への不安が口にしにくくなる」と心配する声もある。

 「福島県民の心情を全く顧みず深く傷つけ、農林水産業や観光業へ深刻な損失を与えかねない」「断固容認できず、極めて遺憾だ」

 福島県は12日、ホームページに載せた見解で、鼻血の描写などについて、小学館に対し強く抗議。「原発事故で放出された放射性物質に起因する直接的な健康被害が確認された例はない」とも指摘した。

 同日には政府のスポークスマンである菅義偉官房長官も会見で「住民の放射線被曝と鼻血に因果関係はないと、専門家の評価で明らかになっている」と断じた。自民党県連や民主党県議らでつくる会派も相次いで抗議声明を出した。(後略)
----------------------------------------------------------------------------------------

以前ちょっと皮肉っぽくこのようなエントリーで、井戸川元双葉町長を取り上げた。

<よく言うぜ!双葉町長 >

今回の、漫画「美味しんぼ」の鼻血騒動では、井戸川氏は当時とはかなり違うスタンスを見せている。少なくとも双葉町が「未来永劫住めない死の町」であることは、もう既に理解なさっているようである。

それにしても、今回のことで反応した人々を見ていると、この漫画が「踏み絵」になっていることがよく分かる。いわゆる「風評被害」を盾に、作者やその出版社を相手に抗議をしている者たち(福島県庁、橋下徹、石原伸晃および、よりにもよって現双葉町長などなど)は比較的分かりやすい連中だと言える。それらは、国の政策にまんまと絡め取られている連中であるからだ。その他にも、普段テレビなどで一見進歩的なことを言っているコメンテーターの中にも、これで尻尾を出した者が少なからずいる。

個人の例ではないが、例えばテレビ朝日などは、雁屋哲氏のブログの記事の

----------------------------------------------------------------------------------------
「今回の件で、色々な方がスピリッツ編集部に電話をかけてくるそうです。書いた内容についての責任は全て私にあります。スピリッツ編集部に電話をかけたり、スピリッツ編集部のホームページなどに、抗議文を送ったりするのはお門違いです。何かご意見があれば、この私のページ当てにお送り下さい。」
----------------------------------------------------------------------------------------

という文章から「責任は全て私にあります」という箇所のみを抜き出してクレジットを流し、あたかも雁屋氏が「非を認めた」かのような「印象操作」まで行なっている。テレビ朝日の「立ち位置」がよく分かろうというものである。

さて、双葉町が「未来永劫住めない死の町」であることはもう、周知の事実であって、このことはどうあがいても逃れられない現実である。今回、小学館に抗議をした連中というのは、その意味で完全に「国の言い分」の側に立っているわけだ。高線量地域であっても「いつかは戻れる」という幻想を振りまき、多少線量の弱いところへは今すぐ「戻ってこい」と言い、県外に避難しようとする住民に対しては「行くな」と言う。こうやって地価の下落を始めとした経済的損失を少しでも少なく抑えようというのが、これらの「風評蟻害論者」の本性である。

今回の「美味しんぼ」の鼻血騒動は、本来「国・東電」と「被災者」の対立であったものを「被災者」対「被災者」の対立に持っていこうとする、巧妙な企みであると私は考えている。連中が心の中で図っているのは、露骨な「被災者分断」であるとしか、私には思えないのである。




posted by takashi at 14:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 今回の「美味しんぼ」の騒ぎを見ていると人間とは所詮はそういうものなのかと思えてきます。

 昔、水俣病の被害が言われ始めたときに、発病した人たちに対して、同じ物を食べていても自分はこんなに元気だ、あいつは金が欲しいから病気のふりをしているのだ、チッソとは無関係な風土病を患っているだけだと、また発病していない人たちは いいました。

 四日市で大気汚染が酷かったときには、喘息になった子どもに対して、教育委員会の偉い人たちは、四日市に住んでいても喘息になっていない子どもも大勢いる、喘息になった子どもは鍛え方が足りないのだと言いました。

 同じ放射能汚染地域に住んでいても、健康被害の出方には個人差があります、鼻血などの症状が出ている人もいれば、症状が何も出てない人もいます。症状が出ていない被災者が、症状が出た被災者に対して、オレはこんなに元気なのだからお前の病気は賠償金欲しさの嘘だと攻撃をする、昔に、水俣や四日市で見られたことと同じことを原発の被災者の間でやっています。

放射能による健康被害をないことにしたい人たちにとっては、政治的な後ろ盾のない雁屋氏は実に叩きやすい絶好の標的だったといえます。

今回の騒ぎ方を見ていると、被害者同志が争うという愚を再び繰り返しており、本当に人間は進歩しないものだと思えます。
Posted by 伊藤浩士 at 2014年05月13日 16:02
----------------------------------------------------------------------------------------
小学館への抗議文

平成 26 年 4 月 28 日に貴社発行「スピリッツ」の「美味しんぼ」第 604 話において、前双葉町長の発言を引用する形で、福島県において原因不明の鼻血等の症状がある人が大勢いると受け取られる表現がありました。
双葉町は、福島第一原子力発電所の所在町であり、事故直後から全町避難を強いられ ておりますが、現在、原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという 事実はありません。第 604 話の発行により、町役場に対して、県外の方から、福島県 産の農産物は買えない、福島県には住めない、福島方面への旅行は中止したいなどの電 話が寄せられており、復興を進める福島県全体にとって許しがたい風評被害を生じさせ ているほか、双葉町民のみならず福島県民への差別を助長させることになると強く危惧 しております。
双葉町に事前の取材が全くなく、一方的な見解のみを掲載した、今般の小学館の対応 について、町として厳重に抗議します。


平成26年5月7日
福島県 双葉町
----------------------------------------------------------------------------------------

完全に「怒る相手」を勘違いしていますね。
Posted by たかし at 2014年05月13日 20:15
放射能は人体に被害を及ぼすレベルではないから健康被害は絶対に出ない、という建前が福島県にはあるみたいです。

そこで福島県や双葉町の幹部の人たちが鼻血が出ていますと言ったらどうなるのでしょうか。

放射能の影響で鼻血が出ることは、福島県的には、双葉町的にはあり得ませんから、お前は奥さんにやって貰っていないから溜まっているので鼻血が出るのだろう、ソープランドへでも行って抜いて来い、と言われてしまう可能性が高いわけです。

福島県や双葉町の幹部の人たちは、溜まっているからと言われるのが嫌だから、鼻血が出ても内密にしているということもあるんじゃないのかなと、ふと思ったのですが、どんなものでしょう。
Posted by 伊藤浩士 at 2014年05月14日 22:44
伊藤浩士さんにしてはクダケタご指摘(笑)。そもそも「鼻血が出た」と言って「役場に届ける」人っていますかね?ちり紙突っ込んで血を止めて終わりじゃ無いっすか?よほど重症の場合も「役場」ではなく「医者」に行くと思うんですけども・・・。この双葉町の「抗議」って、一体誰が書いたの(笑)?
Posted by たかし at 2014年05月15日 01:33
無能な味方ってここまで幻滅させてくれるもんなんだね
Posted by ななし at 2014年05月24日 22:10
ななしさん、

< 注 意 事 項 >をお読みください。次回からハンドル名を変えてください。
Posted by たかし at 2014年05月24日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396942262

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ