2014年01月21日

ヨーゲン(@Yougen_Sato)さんの今後の「身の振り方」


Yougen_Sato12.jpg

さて、まず昨日に引き続きヨーゲン氏の「稼業」について考察してみようと思う。ヨーゲン氏がご自分の生業について述べているのは次のようなことである。

----------------------------------------------------------------------------------------
@プログラミングも日常でするが?C C++で まいいや
Posted by 馬鹿状たかし at 2011年09月15日 23:38

A今日はお開き、明日仕事お前らの4倍稼ぐんだから
Posted by 幽玄佐東 at 2011年09月18日 22:30

BYougen_Sato優しい奥さんを貰った人は男として幸せだね。これだけでも人生の勝ち組だと言える。なにしろ感謝するだけで、家の事は全部やり月末は給料までもってきてくれる。子供をプレゼントし、女性は男の人生にはかけがえのない存在だね。RT @VENOMIST666 ヨーゲンは既に人生から落第してます
01/22 15:30

C幽玄(ヨーゲン)佐東 @Yougen_Sato    10分
駅前にでかい駐車場持ってて何が悪い。でかすぎて邪魔だからオマエにくれてやるか?RT @takashicyan そうか(笑)。土地を「食いつぶして」生活してるのか?「青空駐車場」か、オマエの生業は(笑)。RT @VENOMIST666

D幽玄(ヨーゲン)佐東@Yougen_Sato
親は死んでいる、親から貰った土地を使って何が悪い、チョン?RT @VENOMIST666 君も40過ぎてまで親にタカっていないで少しは働いて自活すれば?笑@Yougen_Sato: 金をタカリに来る君の祖国韓国とそれを応援しているオマエのような在日ってほんと世界の恥だよね(嘲笑)

Eヨーゲン 偽善者差別主義 真正右翼
?@Yougen_Sato
ヴィンテージのデイトナのフェラーリを8千万円ぐらいで買って、2億円にレストアして売る事に成功!やっぱり希少価値かつノスタルジックな気持ちをくすぐる商品を金持ち相手に売る商売は儲かるな。。。
----------------------------------------------------------------------------------------

@Aでは、彼がごく初期の段階で、ツィッターのプロフィールに書いていた「オープンソースプログラマー」とやらを裏付ける証言となっている。ただし「プログラミングも日常でする」を以って、これが「職業」と言えるかどうかだ。「日常的に」趣味でプログラムをする者もいるだろうからだ。したがってAの「お前らの4倍稼ぐ」が、一体何による「稼ぎ」なのかは、この証言だけからでは断定できない。しかし、ヨーゲンは当時、オープンソースプログラマーという「触れ込み」で我々の前に登場したので、これがプログラミングであると考えることは、ほぼ妥当だと思われる。しかし、何故かその後ヨーゲンは、自分のツィッターのプロフィール欄から、オープンソースプログラマーの「肩書き」を削除している。

Bでは、ヨーゲンが「共稼ぎ」であることを、自ら証言している。ただし@Aの前提が覆った場合、ヨーゲンの生業は「ヒモ」ということになってしまう。

CDではヨーゲンが、駅前に不動産を持っていて「事業収入」を得ていることが証言されている。それが「駐車場」であるのかどうなのかは、本人は明らかにはしていない。

Eでは、高級中古車のディーラーもやっていることを仄めかしている。それにしても2億という商いは物凄い。年収1千万プラス1億2千万の臨時収入が、去年はヨーゲンさんにあった、ということになる。地元でもおそらく「高額納税者」として有名なのだろう。

これほど「セレブ」なヨーゲンさんが、何故、安田浩一氏の取材をこんなにも嫌がるのだろう?自分のセレブリティを世の中に知ってもらう良いチャンスだと思うのだが。その理由はただひとつ、これら全てが「嘘」だから、ではないかと、私は考えている。ただし、上記の証言のうち、ただひとつ信憑性のあるものがある。それはBである。これは大いにあり得るのではないか?

とにかくヨーゲンは頑なに安田氏の取材を拒否している。しかし、私はヨーゲンが、安田氏の取材を受けることにより、自らを語り、反省なり懺悔なりをすることが、彼のためにも良いのではないか、と考えている。

安田氏はその職業倫理上、ヨーゲンの本名や住所地を書くことはあり得ない。しかし、その他の多数の「怒れる人々」はどうかわからない。住所地を特定して訴訟に臨むものも当然出てくると思われる。訴訟になれば、プライバシーはもう無いも同然だろう。ありとあらゆる情報が、2ちゃんねるなどに書き込まれ、ヨーゲンはますます窮地に追い込まれることになる。先日のニコニコ動画の中に、次のようなやりとりがあった。

ヨーゲンの「やめてくださいよ、私の個人情報を晒すのは。何で伊藤にあんな情報が行ったの?」に対する、安田氏の答え「アナタのことを調べている人が、私の他にいるからですよ、ハッキリ言うけど。」またヨーゲン氏は、討論中しきりに安田氏に対して「自分を訴えろ」などと息巻いていた。「法律を犯しているのなら私を訴えて下さい。証拠を持って被害届を出してください。」「訴えてくださいよ。そんなに傷つけてるのなら。私法律に違反してることやってませんし。」・・・安田氏が「訴える」などということは無いと、高をくくっての言い草であるが、それに対する安田氏の切り返しが凄い。「それは他の人達がそのうちやるでしょう。」というもの・・・この二つの言葉は、ヨーゲンに「底なしの恐怖」を与えたのではあるまいか?

いまやヨーゲン氏は疑心暗鬼の塊となっていると思う。精神的にかなり追い込まれているのではないだろうか?
ヨーゲン氏の辞書では、ヘイトスピーチとは「推測、決めつけ、レッテル貼り」だという。それを行なっているのはまさにヨーゲン氏自身だということを自覚してもらいたいものだ。

安田氏が、まだヨーゲン氏の取材に対して、興味を失っていないのかどうか、私には分からない。しかし、そうなる前にヨーゲン氏は、自ら取材を「承諾」すべきだと思う。そこからしか打開策は見いだせないと思われる。ヨーゲン氏に残された道はもうそれしか無いだろう。


******************************************************************

安田浩一&ヨーゲン 新春まったりトーク【前編】
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm22698145

安田浩一&ヨーゲン 新春まったりトーク【後編】
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm22698301

******************************************************************







posted by takashi at 16:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | 幽玄佐東(@Yougen_Sato) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ヨーゲン氏は本当に何を仕事としているのでしょう、安田氏が尋ねた家の感じからして、東京近郊のしょぼいアパートのような気がするのですが、長野や北海道の山の中は嘘かという話になります、しかし、始めの頃にIDから長野と突き止められたといったこともありましたので、長野県内の都市部のアパートなのかという気もします。

この人は、お前らは収入ゼロだろうと言っておいて、そのあとに明日はお前らの4倍稼ぐと言って、ゼロ×4=ゼロだろうと突っ込まれるとか、駅前の1等地に土地を持っていて等価交換したと言って、だったらネトウヨ的にはあんたの親は朝鮮進駐軍だろう突っ込まれたり、家の家内という在り得ない日本語を発してみたり、突っ込みどころ満載のボケを演じていましたから、これは素ではなくて、ネットのなかで自分を売り出すために芸でやっているのではと思ったのですが、天然だったようで、それはそれで凄い個性だと思います。

ヨーゲン氏のボケ方は、私は、平和ラッパさんや坂田利夫さんと同じだと思っていたのですが、ガッツ石松さんと同じだったわけです。

このボケ方が天然だとしたら、ここまで頭の悪い人にお金を払って仕事を頼む人がいるのかと思えます。

私の知っている人に、50過ぎでのニートで、親が残してくれたアパートと駐車場の収入で食っていて、アパートは手入れをしないから住人が誰もいなくなって、今は駐車場の収入だけで暮らしているという人がいますが、そんな感じでしょうか。
Posted by 伊藤浩士 at 2014年01月21日 20:54
伊藤浩士さん、

長野というのは、完全に私の誤りです。彼のIPは「固定IP」というもので、そこには「県」の情報はないということが分かりました。ですから、現状では彼の住所地は「不明」です。

>私の知っている人に、50過ぎでのニートで、親が残してくれたアパートと駐車場の収入で食っていて、アパートは手入れをしないから住人が誰もいなくなって、今は駐車場の収入だけで暮らしているという人がいますが、そんな感じでしょうか。

私の近所にも、それと似た方がいらっしゃいます。しかし、ヨーゲンの場合、これは私のプロファイルですが、奥さんが良く出来た方なのではないかと思えるのです。だってそうでしょう。こんな・・・止めておきましょう、これ以上言うのは(笑)。

しかし、それにしてもヨーゲンには一日も早く目覚めてもらいたいものだと思います。彼を恨んでいる人間は、今やどれ程いるか分かりません。ヨーゲンは、ネットの世界は現実とは繋がっていない、と思い込んでここまで来たのだと思います。しかし、ここ数日の出来事で、彼のその「幻想」は、無くなったのではないかと思います。でも、彼の今現在のツィートを見ても、全く切迫した様子がないのは不思議です。一体彼の脳は、どんな構造をしているのか、知りたいですね。
Posted by たかし at 2014年01月21日 22:05
こんばんわ、1月20日の記事でNoNameでコメントさせてもらった者です、注意事項をよく読んでなくてすいませんでした;書き込みは消していただいてかまいません。

たかしさんがある意味注目しているヨーゲン氏ですが、僕もこの人は気になっています。個人的には、この人の思考や行動は、へたなお笑い芸人より面白い気がします。
Posted by たつよし at 2014年01月22日 00:03
たつよしさん、

申告があれば消すことはいたしません。今ヨーゲンは、自ら「破滅」への道を進もうとしています。私の助言を聞いていさえすれば、良いものを。本当に馬鹿なやつですよ。
Posted by たかし at 2014年01月22日 09:20
 奥さんがヨーゲン氏がやっていることを知らないとは思えません、安田氏が自宅を訪ねたことにより否応なく知ったはずです、なにしろ訪問に備えて玄関を掃除していたのですから。

 奥さんはどんなつもりでヨーゲン氏の行動を見ているのでしょう。

 【奥さんが良く出来た方なのではないかと思えるのです。】

 ヨーゲン氏の思想を理解して、一日中ツイッターに朝鮮人への罵倒を書き込むことが、日本にとって必要不可欠な国防活動であると信じて、生活を支えている、良く出来た奥さんとはそういう人なのでしょうか。だとしたら、在特会のデモでコーラーをやっている女性と50歩100歩という気もするのですが。

 もしヨーゲン氏の考え方や行動に共鳴して支えているとすれば、ヨーゲン氏の暴言の被害者から見れば、加害者のひとりといったことになるとも思うのですが、こういうのを良く出来たと言っていいのかなあ、という気もします。
Posted by 伊藤浩士 at 2014年01月22日 12:08
伊藤浩士さん、

>なにしろ訪問に備えて玄関を掃除していたのですから。

ははは(大笑い)。

>ヨーゲン氏の思想を理解して、一日中ツイッターに朝鮮人への罵倒を書き込むことが、日本にとって必要不可欠な国防活動であると信じて、生活を支えている、良く出来た奥さんとはそういう人なのでしょうか。

いや、私のプロファイルでは、奥さんはヨーゲンのやっていることは知らないと思うのです。おそらくPCなども使いこなせない人のような気がします。ただ、自分の夫が「他人」とは違うことは充分「察知」している。マトモな生業にもつかず、朝から晩までモニターを睨みながら何かを書き込んでいる。普段の行動もどこかおかしい。下手なギターは弾くし。ただし、家庭内で「暴力」はやっていないと思います。奴の暴力はツィッターのみです。

そんな夫を暖かく見守ってパートに出、月末には給料をもらって来て家庭をうまく切り盛りしているのがヨーゲンの「家のかみさん」だと思います。「良く出来た」とはそういう意味です。

Posted by たかし at 2014年01月22日 15:59
ヨーゲン氏の奥さんについてのコメントを読んでいると、むかし流行った演歌「浪花恋しぐれ」のキ〇ガイじみた歌詞の内容を思い出しました。
放送の冒頭で、幼児らしき声が聞こえたのですが、ヨーゲン氏の言う「家の息子」でしょうか?
誰の息子なのかさっぱり分かりませんが、もしヨーゲン氏の息子さんなら、この子が将来、ひとりでインターネットをやり始め、父親の残したの醜悪なコメントの数々を目の当たりにした時に、どのように思うだろうか、とか考えたほうがいいですね。ヨーゲン氏は。
父親としての社会的責任を自覚してほしいものです。無理でしょうけど。

Posted by やまだ at 2014年01月22日 23:47
「そりゃわいはアホや、嘘は語るし、ヘイトも語る」

赤ちゃんは、司会の五條さんのお子さんらしいです。ヨーゲンのお子さんは高校生の設定になっていたかと思います、確か。
Posted by たかし at 2014年01月23日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385749271

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ