2013年12月23日

天皇80歳



----------------------------------------------------------------------------------------
天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。
誕生日を前に皇居・宮殿で行われた記者会見の全文は次のとおりです。(NHK NEWSWebより)

(宮内記者会代表質問)

(問1)
陛下は傘寿を迎えられ、平成の時代になって、まもなく四半世紀が刻まれます。
昭和の時代から平成の今までを顧みると、戦争とその後の復興、多くの災害や厳しい経済情勢などがあり、陛下ご自身の2度の大きな手術もありました。
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事や、傘寿を迎えられたご感想、そしてこれからの人生をどのように歩もうとされているのかお聞かせください。

(天皇陛下)
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。
私が学齢に達したときには中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。
終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。
この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。
前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましいかぎりです。
戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、さまざまな改革を行って、今日の日本を築きました。
戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時のわが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。
また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います。
戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人との絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています。
傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々、感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています。
すでに80年の人生を歩み、これからの歩みという問いにやや戸惑っていますが、年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を果たしていきたいと思っています。
80年にわたる私の人生には、昭和天皇をはじめとし、多くの人々とのつながりや出会いがあり、直接、間接に、さまざまな教えを受けました。
宮内庁、皇宮警察という組織の世話にもなり、大勢の誠意ある人々がこれまで支えてくれたことに感謝しています。
天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。
皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています。
これからも日々、国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います。

(中略)

(問3)
ことしは五輪招致活動を巡る動きなど皇室の活動と政治との関わりについての論議が多く見られましたが、陛下は皇室の立場と活動についてどのようにお考えかお聞かせください。

(天皇陛下)
日本国憲法には「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」と規定されています。
この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています。
しかし、質問にあった五輪招致活動のように、主旨がはっきりうたってあればともかく、問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。
そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や参与の意見を聴くことにしています。
今度の場合、参与も宮内庁長官はじめ関係者も、この問題が国政に関与するかどうか一生懸命考えてくれました。
今後とも憲法を遵守する立場に立って、事に当たっていくつもりです。

(後略)
----------------------------------------------------------------------------------------

ほぼ完全な「ヤラセ質問」であるのにもかかわらず、ここには天皇の真意が図らずも2箇所の現れている。ひとつは明仁氏の戦争に対する嫌悪と日本国憲法への信頼感。そしてもうひとつは、憲法の遵守という信念である。

「山本太郎お手紙問題」や「主権回復の日」についての感想なども、我々「臣民」としては聞いてみたいところなのだが、質問者がNHKではどうしようもない。私が<山本太郎の「天皇直訴」について>のエントリーで書いたことの、ある種の裏付けにもなるようなことを、天皇が言われているのも興味ふかい。
http://takashichan.seesaa.net/article/379127259.html

昭和天皇と違い、戦争を直に経験していない(天皇の職としては)、極めてノーマルな家庭生活を経験されている、などなど、人格者としての天皇を作り上げてきた要因は大きいと思う。近隣諸外国の感情はともかく、日本人にとっての「象徴天皇」は、根強い反感ももちろん一部にはあるものの、大方としては好ましいものに育ってきたのは間違いないだろう。

何にしても健康に気をつけ、長生きをしていただきたい人だと思う(これが「たかしズム」のたかしのセリフであろうか?と思われる方も多いであろうことは重々承知しているが)。



posted by takashi at 10:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ人間はいつかは死にますから、天皇でもいずれお迎えはきます。長生されるのは結構なことですが、寝たきりになって、10年もなんてことになりますと、10年間、宴会で騒ぐことも駄目、皇居周辺でのマラソンも駄目、運動会も結婚式も超地味に、お笑い番組も思いきりしんみりやらなければならず、うっかりおめでとうとも言えず、そして毎日夜のテレビニュースで、下血が何tあったとか、血圧が幾つとかいった話を聞かされる、何時まで寝たきりが続くのか分からないから、こんな自粛ごっこは止めよう、などと言えば右翼の徹底した嫌がらせを受ける、今の日本であればそうなるでしょう。

ピンピンころり、という言葉がありますが、天皇こそ本当に、ピンピンころりでお願いしたいと思います。下血と自粛が延々と続くというのは、本当に国民にとっては迷惑この上ない事です。
Posted by 伊藤浩士 at 2013年12月23日 21:02
なるほど。気が付きませんでした。昭和天皇の時はたしかにそうでしたね。私も忘れっぽいなあ(笑)。
Posted by たかし at 2013年12月23日 21:54
個人的には、2020年に今上天皇崩御→自粛で東京オリンピック中止、なんて面白い展開にならんかなぁと思っています。
Posted by 婿どの at 2013年12月26日 02:38
婿どのさん、

不謹慎かもしれませんが、私は航空機事故と天皇死去が重なったら面白いと思います。天皇報道を優先した場合、マスコミはおろか、天皇制にも疑問を持つ国民が増えることでしょう。
Posted by たかし at 2013年12月26日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このページのトップヘ