2013年11月23日

猪瀬のバカが自爆してくれました

oth13011218270015-n1.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------
徳洲会側「猪瀬知事が1億円お願い」(NHK News Web)
11月23日 4時50分

徳洲会側「猪瀬知事が1億円お願い」
東京都の猪瀬知事が去年の知事選挙の前に大手医療法人「徳洲会」グループ側から5000万円を受け取っていた問題で、関係者によりますと、徳洲会の徳田虎雄前理事長が次男の徳田毅衆議院議員から「猪瀬さんが『1億円をお願いしたい』と言っている」と伝えられ、「5000万円で対応しろ」と指示していたということです。

猪瀬知事は、初当選した去年12月の知事選挙の告示日直前に「徳洲会」グループから5000万円を受け取り、ことし9月に徳洲会が東京地検特捜部などの強制捜査を受けたあと全額を返却していました。
この経緯について猪瀬知事は、去年11月上旬に徳洲会の徳田虎雄前理事長に面会し、選挙への支援を要請したと説明しています。
関係者の話によりますと、その後、前理事長は次男の徳田毅議員から電話で「猪瀬さんが『余ったら返すのでまずは1億円をお願いしたい』と言っている」と伝えられたということです。
これに対し前理事長は「5000万円で対応しろ」「足がつかないよう議員会館で渡せ」などと指示したということです。
これを受けて徳田議員は議員会館の事務所で知事本人に直接、現金で5000万円を手渡したということです。
猪瀬知事は22日の会見で、受け取った資金は個人的な借入金だと強調したうえで、「徳洲会側から申し出があり、厚意を断るのは失礼だと考えて借りた。5000万円という額になった理由は分からない」などと説明しています。
----------------------------------------------------------------------------------------

昨日の猪瀬直樹は、しどろもどろであった。いつもの会見での、あの居丈高な態度はほとんど無い。ある記者の質問に答えて曰く「アナタはサラリーマンかも知れないけど、僕は零細企業の経営者だから」。猪瀬は何で、こんな人の反感を買うようなことを、あの場で口走るのだろう?普段の癖がつい出てしまった一幕である。気が動転してしまい、この場で使うべき言葉を選ぶ余裕も無くなっていたのであろう。よくこれで「作家」がつとまるものだと思う。

私のツィッターのタイムラインには「これ、小沢一郎が同じことすると、即逮捕なんだろうな。」という鋭い指摘があった。そのとおりだと思う。と言うか、小沢の時の「記載漏れ」よりも猪瀬の場合のほうが、余程「悪質」だと思うのだが。これで「便宜供与」などの新事実が出てくれば、猪瀬は終わりだろう。確実に起訴される。今後の推移が楽しみだ。

それにしても何故、この時期に「検察」が動いたのか?その「理由」のほうが、よっぽど気にかかる。まさか「特定秘密保護法案」をスムーズに通すために、身内の不祥事を「スピン」に使う、という自民党の新手の「高等手段」なのか? 

あと、昨日の記者会見での記者どもは、いっぱしの「検察官」気取りであった。非難しているわけではない。普段から何故、ああいう具合に出来ないものか、と言いたいのだ。オリンピック招致の時も、これくらい鋭く突っ込んで欲しかったものである。







posted by takashi at 10:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 猪瀬直樹は佐高信氏に完膚無きまでに論破され、政治家としての実力も宇都宮健児・正統東京都知事に負け、レイシストにも負け、徳洲会のわいろにも負けた愚か者です。
 本業の作家としては読売新聞の闇を暴いた佐野眞一氏が「大宅壮一ノンフィクション大賞」受賞に選ばれるところをいろいろと誹謗中傷して受賞を妨害、その見返りに読売新聞から1年間の連載を得たという自分を売り込む事だけは一流の最低男ですね。
 本来この不正は2012年5月の段階で暴かれるべきでした。そうすれば自民党の独裁もできなかったはずです。それがこの時期になったというのは何かあるという指摘も理解できますね。
Posted by 小野 哲 at 2013年11月23日 13:09
小野 哲さん、しばらくです。

「猪瀬辞職→出直し選挙→宇都宮健児都政→オリンピック辞退」という流れにはならないもんでしょうかね。
Posted by たかし at 2013年11月23日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このページのトップヘ