2013年07月18日

まさに言うべき言葉も無い

中山成彬.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------
「平和ボケの日本人を覚醒させる」維新・中山氏(デジタル朝日)
http://www.asahi.com/politics/update/0717/TKY201307170391.html

■中山成彬・日本維新の会代議士会長

 先の大戦で日本は負けたが、民族独立、みんな平等であるという旗印のもとで戦った。その結果、アジア、アフリカの国が独立した。ワシントン、ニューヨークに色の黒い人がどんどん来て、レストランなど公の場に出るようになった。それを見ていた米国の黒人の方々が「自分たちもそういう権利がほしい」ということで公民権運動が起こり、様々な要求をした。ついに(黒人の)オバマ米大統領が誕生するということになった。まさにこのような世界になったのは、私たちの先祖のおかげなんだということに誇りを持つべきじゃないか。

 歴史を直視するということはまさにこういうこと。中国や韓国が本当に歴史を直視したらどうなるか。慰安婦の問題も南京事件もなかった、でっちあげだったんだということがよくわかる。8月15日、安倍晋三首相は靖国神社に参拝すべきだ。これ以上、中国や韓国との関係が悪化することはない。一番悪い時だから、今行けばいい。我々が先頭に立って自民党を引っ張っていく。平和ボケしてしまった日本人を覚醒させるのが私たち日本維新の会の責任だ。(東京・大手町の街頭演説で)
----------------------------------------------------------------------------------------

まさに言うべき言葉も無い。
posted by takashi at 11:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「言うべき言葉もない」
そのとおりですが、たかしさんにそう言われると、私なんかどう言っていいのか(笑)
公民権運動と日本のアジア侵略を結びつける『珍説』に対して腹が立たない、腹を立てるほどでなくても、ヘンだと思わない人が多いんでしょうか、この日本国には。
維新のような右翼政党に限らず、安倍を頂点にいただく自民党やその周辺に群がっている政治家たちが次々に繰り出す『暴言』の数々・・・・
彼らにしてみれば、本音かもしれませんが、日本国民の一人である私は、怒りを通り越して、ただただ恥ずかしい。
『暴言』を発する彼らに共通して感じるのは、いずれも小心で臆病で狡猾な事です。日本国内の彼らのファンにしか通用しない場所でしか言わないからです。
慰安婦の事で、いまだにグチグチ言っている橋下は、米国行きを取りやめました。もし彼が信念を持って自分は正しいと思っているなら、米国、とくに当事者たちの本拠地であるアジアの国々にも行って、堂々と発言すべきです。当然否定されるというより、あきれられるでしょうが、人間として共通する「何か」があるなら、認める人だっているかもしれません(いるわけないか)。
中山氏も「平和ボケをしている私たち日本人」だけにではなく、実際に戦争をしている米国に行って堂々と『珍説』を披露なさってはいかがでしょう?
外国でなくても例えば、
「福島原発事故で死んだ人は一人もいない」と言った高市早苗は、原発事故で避難生活をしている人たちの前で言えるでしょうか? あわてて安倍にたしなめられたらしいけど、自民党などの政治家は、ホント、「あることないこと」を軽々しく言ってくれます。
でも、そういう連中を支持する日本国民が大勢いるんですねぇ(溜息)
ところで・・・・
大阪選挙区で立候補している辰巳コータローさん、
いいですねぇ。東京選挙区の吉良よし子さんも。
彼らのさわやかな姿を見ると、多少は元気がでます(笑)
Posted by しろー at 2013年07月18日 13:22
初めまして。

今回の参院選で改憲やTPPを阻止するために、なんとしてでもねじれを維持したいと思っている
児ポ法をメインに様々な悪法と、とんでも発言を繰り返す、自公維が大嫌いな者です。


軍隊は若者を鍛える施設ではないのですが、こういう人間はこういう輩が非常に多い。
徴兵制で召集されないから調子に乗っているんでしょうけど…。


自民のストッパーとしての民主がぼろぼろな今、TPPにも改憲にも児ポ法にも反対している共産党だけがたのみです。
いま信頼できる党が『共産党』ということが何とも…皮肉ですよね。
Posted by ハンディー at 2013年07月18日 23:15
しろーさん、ハンディーさん、

>先の大戦で日本は負けたが、民族独立、みんな平等であるという旗印のもとで戦った。

>その結果、アジア、アフリカの国が独立した。

>ワシントン、ニューヨークに色の黒い人がどんどん来て、レストランなど公の場に出るようになった。

>それを見ていた米国の黒人の方々が「自分たちもそういう権利がほしい」ということで公民権運動が起こり、様々な要求をした。

>ついに(黒人の)オバマ米大統領が誕生するということになった。

この論理の「展開」を、アメリカの黒人やオバマ大統領、アジアの国々の人々は、どう思うか訊いてみたいですね。
Posted by たかし at 2013年07月19日 16:33
 中山成彬氏のこの発言は正真正銘の「噴飯もの」で、もはや怒ることすらバカバカしくなってきます。右翼思想の持ち主でもこのような珍説には賛同をためらうのではないでしょうか?日本のおかげでアジアだけではなくアフリカの国々まで独立し、アメリカでは公民権運動のきっかけになった・・・。ほとんど大川隆法のご託宣や、身勝手でいいかげんな架空戦記ものの世界ですね。
 こんな人が日本の「選良」とは・・・、まさに世も末です。

 
Posted by ディッガーズ at 2013年07月24日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
このページのトップヘ