2013年05月01日

今回の件で誰が味方か敵か、よくわかったのは収穫でした

20130501_113245.jpg


20130501_112933.jpg

「今回の件で誰が味方か敵か、よくわかった」のだそうであります。さて誰が敵で、誰が味方だったのか?ここまで書いたのだから、それもはっきりと書くべきでしょう。しかし、それを書いたらまた大問題になる。だから書けない(笑)。この男は何処まで卑怯な男なのでしょう。猪瀬が言いたいのは「ニューヨーク・タイムズ」は敵だ、ということです。悪いのは俺ではなく、ニューヨーク・タイムズだ、というのがこの男の「ホンネ」です。しかし、この人は、大きな勘違いをなさっている。昨日のエントリーのコメント欄に、ある方が書いておられました。

>「東京のPRをしたあとのちょっとした雑談を大きく取り上げられたと、まるでNYTがアンフェアであるかのような言いようです。ということは、国内の報道機関であれば、黙っていてもオフレコにしてくれる、ということですね。それが外国でも通用すると思っていたんですね。」

つまり、ニューヨーク・タイムズを甘く見た。日本のジャーナリズムと同じレベルだと、こう考えていた。ニューヨークにも、日本と同じ「記者クラブ」ルールがある、とそう思い込んでいたわけですね。これは謂わば「自業自得」であって、ニューヨーク・タイムズを悪く言うなんてのは「お門違い」も甚だしいと、思うわけです。

故渡辺美智雄(今の「みんなの党」党首・渡辺喜美の親父ですよ)の「黒人プエルトリコ人アッケラカーのカー」発言の時も、海外のジャーナリストが報じてから「大問題」になりました。国内の報道機関は、当初は報じもせず、海外の後追いで報じました。まったく、進歩というものがない。過去の失敗に学ぶということがない。失言について、思っていても黙っていれば良いのだ、と私は言うつもりはありません。思うこと自体に問題ありですが、結局思っていることは、自ずから言葉や態度に出てしまうものなのですね。こうやって、日本の政治家の「失言」は、未来永劫無くならないわけです。またある方は、次のようにコメントしています。

>「これはつまり、彼の精神に宿る人権意識の低さが露見したわけですね。公の場であれだけの事が言えるという事は、プライベートでは相当な事を言ってるに違いなく、何だかネトウヨと変わらない気がします。」

私もそのとおりだと思います。それこそ、仲間内の飲み会(慎太郎やなんか)では、どんなことを言っているか、大方見当がつきますね。別の方は、

>「当初は『真意が伝わっていない』なんていう、日本の政治家が使い古してきた逃げ口上を用い、白を切り通そうとしていました。ところが一転、ニューヨーク・タイムズからインタビューの録音が残っていることを告げられ、観念したのでしょう。何と無様なことか。」

というご指摘。これも、たぶんそのとおりでしょう。下手をすれば、日本語で語ったという自分の録音まで、世に晒されることになる。こりゃ拙い、と見て「矛先」を納めたというのが、この間の本人の発言や言い訳からは、ありありと見て取れます。さらに、個人的なフェイスブックに、次のような「言い訳」を載せて「収束」を謀ろうとしていることも、見逃せません。

>「残念ながら、ご指摘の記事は他の立候補都市について触れたごくわずかなコメントに焦点があたり、私の真摯で広い意味での2020年招致への想いは完全には反映されませんでした。しかしながら、私は自分のコメントの一部が不適切と認識される可能性があることを認め、心よりお詫び申し上げたいと思います。」

あくまでも、ニューヨーク・タイムズに「揚げ足を取られた」と主張しています。そのくせ、テレビの会見では「不適切な発言があった」ことを認めているのですから、何がなんだか訳がわかりません。

>「私の招致にかける情熱は変りません。今後とも残りの招致期間において、他都市に敬意を表し、親愛なる気持ちをもって、招致活動を継続して参ります。」

皆さん、こんな男にこれ以上、都知事をやってもらっていていいのでしょうかね?東京都民の皆さん、リコール運動を開始してはどうでしょうか?
posted by takashi at 11:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<参考>
「最後の雑談だけクローズアップ、残念」「不適切発言についてはおわび」 知事とのやりとりhttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/lcl13043017010001-n1.htm
「産経ニュース」からです。

omata open ‏@omata_open 29分
@tim1134 照美さーん!「作家」を生業としいる猪瀬さんが、過去のツイッター発言→ http://fb.me/2VtCjzmSk をコッソリ削除しちゃいましたよー!こんなんでいいんっすかねえー!職業意識に欠けると思うんだけどなー!
Posted by たかし at 2013年05月01日 13:46
 猪瀬のヘイトツイッターに抗議のツイートを機能も含めて現在三回ぶつけておきました。


小野 哲 ‏@pbe_ajax 非公開アカウント
@inosenaoki 五輪誘致を今すぐ断念し、宇都宮健児正統東京都知事に権限を委譲しなさい。東京都はスペシャルオリンピックスで十分です。

小野 哲 ‏@pbe_ajax 非公開アカウント
@inosenaoki あんたにできる国際貢献がある。今すぐ宇都宮健児正統東京都知事に権限を委譲してハシゲや安倍、石原と一緒に引退することだ。五輪よりも効果的な国際交流が実現できるぞ。さあ、今すぐ実現しろ!!

小野 哲 ‏@pbe_ajax 非公開アカウント
みなさん、猪瀬自称東京都知事に抗議のツイートを行いましょう。今回のイスラム教への差別暴言は断じて容認してはいけません。奴が引退するまで講義のツイートをかましましょう。 @inosenaoki

小野 哲 ‏@pbe_ajax 非公開アカウント
@inosenaoki お前は東京都の評判を落とす悪党だ。今すぐ宇都宮健児正統東京都知事にすべての権限を譲渡して引退しろ!!自称東京都知事、恥を知れ!!!お前は佐高信氏や宇都宮氏、植草一秀氏や伊波洋一氏、佐野眞一氏に負けたのだ。特異なのは姑息な手段だけだ。

 なお、トルコには以下のツイートを送り謝罪いたしました。

小野 哲 ‏@pbe_ajax 非公開アカウント
トルコ国民に対し猪瀬自称知事の暴言を真摯に謝罪したい。申し訳ない。
小野 哲 ‏@pbe_ajax 非公開アカウント
Google翻訳を利用
Ben Türk vatandaşları için INOSE kendi kendini ilan eden Vali rant için içtenlikle özür dilemek istiyorum. Özür dilerim.

 今回の暴言は全く役に立たない五輪が日本で実現できないことを完全に証明いたしました。
 最小限の費用で最大限の効果を生むスペシャルオリンピックスこそ日本が目指すべき道ですが日本の馬鹿政治家にはそうした発想はありません。あきれて話になりません。
Posted by 小野 哲 at 2013年05月01日 21:44
「私のフォロワーのことです。温かく叱咤(しった)激励してくれる人と、悪意をもつ人と。」

「今回の件で誰が味方か敵か、よくわかったのは収穫でした」というのは、どうやらツィッターのフォロワーのことだったようです。昨日の記者会見で猪瀬東京都知事が言っておりました。で、猪瀬氏は「悪意を持つフォロワー」をどんどんブロックしているらしいんですね。記者会見で、唯一猪瀬知事の「進退」を問うたIWJの記者がいましたが、それが災いしてか、代表の岩上安身さんはブロックされたそうです(笑)。

私も、面白そうなので、猪瀬氏のツィートをチェックしてみようかと思い、フォローしようとしたら、既にブロックされていました(笑)。自分に苦言を呈するフォロワーをどんどんブロックし、ヨイショするフォロワーばかり残そうとしているわけですね。これだけでも、猪瀬の「技量」が疑われますよね。ダミダコリャ(笑)。
Posted by たかし at 2013年05月03日 21:21
猪瀬氏は、自分に苦言を呈するフォロワーをどんどんブロックし、ヨイショするフォロワーばかり残そうとしているんですか。

と言うことは、幽玄佐東みたいに『糞にたかるハエ』を増やしたいということでしょうか(笑)。

Posted by きたぐに自由席 at 2013年05月03日 22:22
石原の時もブラジルの事をぼろ糞言ってたですよね
五輪を金で招聘したて…

おいおい
お前らがどんだけ五輪招致に裏金使っていたか
ゼネコンから賄賂もらっていたか
よく人様の事をとやかく言えたもんである
http://d.hatena.ne.jp/Takaon/20090907

あの頃も今の東京都知事も全く同じ
Posted by NDDS at 2013年05月03日 23:08
安倍さん、外遊中にトルコに立ち寄り。
 うまく立ち回りましたナ。
 相当クレバーな参謀が居るようです。
Posted by KURAMA at 2013年05月04日 03:26
KURAMAさん、

ロシアで上手く立ち回り、トルコで猪瀬の「火消し」も成功したとなると、いよいよ「長期政権」になりそうで怖いですな。大衆の心を掴むのが格段にうまくなっている。おっしゃるとおり、いいトレーナーを付けたのでしょう。
Posted by たかし at 2013年05月04日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ