2013年04月30日

ボーナスニュース〜日ロ首脳会談 平和条約の締結目指す

20100914_141226.BMP
※類似品にご注意下さい


日ロ首脳会談 平和条約の締結目指す

 ロシアを訪れている安倍総理大臣は、日本時間29日夕方、プーチン大統領と会談し、北方領土問題を巡る交渉を再スタートさせて、これまでに採択されたすべての諸文書及び諸合意に基づいて、双方に受け入れ可能な形で最終的な解決を図り、平和条約の締結を目指すことで合意しました。

 日ロ首脳会談は、モスクワのクレムリンで、日本時間29日午後6時半ごろから3時間余りにわたって行われました。
 
 会談の冒頭、プーチン大統領は「日ロ関係は発展する傾向にあり、貿易額も過去最高水準にあるが、両国の潜在力の水準に応えていない」と述べたのに対し、安倍総理大臣は「日ロ両国がパートナーとして協力の次元を高めるのは時代の要請だ」と応じ、さまざまな分野で両国の関係を強化していくことを確認しました。

 また、シベリアガス田の開発についても、両首脳は前向きに検討していくことで、合意をしました。

 自宅のテレビで、会談の模様を見ていた、新党大地の鈴木宗男代表は、

「私がですね、檻にですね、入って居なければですね、もうとっくにですね、ロシアのガスはですね、日本にですね、入っていたと思いますよ!」

と、悔しさをにじませていました。

2013.4.30【MHKニュース】


posted by takashi at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ