2013年02月02日

makoto(=他力本願)について

最近、コソコソと、当ブログに「再登場」なさっておられる「makoto(=他力本願)」さんについて「おさらい」をしてみたいと思います。なお、今後は「makotoさん」もしくは、呼び捨てで「makoto」と、させていただきます。

makotoさんは、アメリカはカリフォルニア州にお住まいになっている、日本人のネトウヨさんです。実は「たかしズム」及び、その前身ともいえる「のじじズム」(のじじさんのブログ)には、海外在住のネトウヨが、どういうわけか、頻繁に「湧いた」ものでした。アメリカ在住の「文太」を始め、名前は忘れましたが、オーストラリアのブリスベーンに住む方など、他にもいたと、記憶しております。海外にお住まいになりながら、毎晩のように、日本国内の掲示板を徘徊し「中国・朝鮮人差別」を書き込むのですから、もう「正気の沙汰」ではありません。一体何のために「外国」まで行ったの?といった感じです。いいかげん、少しは「国際感覚」というものを身に着けろ、と言いたくなるわけです。よほど白人たちから、差別を受けて「アイデンティティー」を保てない状態にでもなっているのかも知れません。だとすると、可哀想な気もいたします。

さてmakotoさんですが「たかしズム」に湧いてこられたのは、今から3年前、はじめてお書き込みは、
<地金が見えてきた民主党と相変わらずの自民党>
http://takashichan.seesaa.net/article/131470043.html
のコメント欄の最後の方でした。このエントリーは、「たかしズム」でも、最もコメントが長く続いた(いわゆる「炎上」)もののひとつです(あの頃が懐かしいですねえ・・・遠くを見る目)。

Grayheadさん
売国奴の反日サヨクの相手は大変でしょうが、
がんばってください。
私も後々時間が取れたら参戦します。
Posted by makoto at 2009年12月05日 19:21

しばらくして「時間が取れた」のか、makotoさんは、次のエントリーのコメント欄に「参戦」を、なさって参りました。こともあろうに「在特会」の記事です。
<酷い・・・確かに酷過ぎる・・・>
http://takashichan.seesaa.net/article/135817560.html
そこでのmakotoさんの「第一声」が、「在特会」を評してのコメント「ったく、日本の恥と言ってもいいでしょう。日本にもHate Crimeに対する法が必要ですね。」というものでした。普段のmakotoさんの言動とは、あまりにかけ離れたコメントゆえ、その後、こちらのコメント欄では、しばらく私とmakotoさんとのやり取りがありました。当時、アメリカで、韓国人が起こした「銃乱射事件」があり、makotoさんは、それに絡めたのか、韓国人に対する、非常に差別的なコメントをなさいました。「出入り禁止」中の書き込みであったため、思わず削除してしまったのですが、ある事情で実は残っていた。詳しいことは是非、上記のエントリーをお読み願います。ちなみにmakotoさんは「2009年輝けネトウヨ大賞!」で、栄えあるグランプリに輝いておられます。

その後、makotoさんは、他所様のブログで、私の「悪口」を書き込んだり、そこでも「出入り禁止」に遭ったりと、なかなか「ご活躍」であったようです。
土佐高知の雑記帳
http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-2210.html

結論から申しますと、makotoさんは、幽玄佐東以上の「愚劣なレイシスト」であります。幽玄佐東は確かにヒドイが、まだ可愛げがある。makotoさんに至っては、ただただその言説が「おぞましい」ばかりです。例として次のスレッドをご覧ください。
<「土佐高知の雑記帳」のムチャクチャなコメント欄>
http://takashichan.seesaa.net/article/162644246.html?1343979019
この中で、makotoさんは、日本人の婦女が「黒人に強姦される」例え話を、前後4回に渡って繰り返ししています。「米兵」といえば済むところをわざわざ「黒人の米兵」と書き、しかも「どれの子供かも分からない」というような、最大級の人種差別表現を用いています。

最後にmakotoさんに申し上げます。ここのところ、当ブログでパブロン中毒さんが、makotoさんに何度か「呼びかけ」をなさっておられます。と申しますのも彼女は、このたび「英文ブログ」開設なさったので「在米経験」の長いmakotoさんに、英語や、ブログ運営について、いろいろとアドバイスを受けたいのだと思います。私は英語は得意ではありませんが、見る限りパブロン中毒さんは、大変に「丁寧で、礼儀正しい」英文でmakotoさんに「お願い」を書いておられるようです。しかし、当のmakotoさんは、ナシのつぶて。一向にお返事なさろうとしない。この件も含めてmakotoさん(=他力本願さん)には「釈明」をお願いしたいと思っております。その際「他力本願」による書き込みは、もう不要です。「makoto=他力本願」は、とっくにバレバレなのですから、正々堂々と「makoto」での、お書き込みを願いたいと存じます。


参考スレッド

<makotoちゃん>
http://takashichan.seesaa.net/article/135280858.html

<makotoちゃん2>
http://takashichan.seesaa.net/article/135516543.html

<酷い・・・確かに酷過ぎる・・・>
http://takashichan.seesaa.net/article/135817560.html

<輝けネトウヨ大賞!2009結果発表!>
http://takashichan.seesaa.net/article/137895720.html

<「土佐高知の雑記帳」のムチャクチャなコメント欄>
http://takashichan.seesaa.net/article/162644246.html?1343979019

<あなたがリンクを貼られている「たかしズム」、ご存知ですよね。>
http://takashichan.seesaa.net/article/194152959.html

他力本願デビュー

<号外!このたび、ルポ作家の安田浩一氏と、幽玄佐東氏の「会談」が、遂に実現する運びとなりました。>
http://takashichan.seesaa.net/article/276262573.html

<幽玄佐東氏、安田浩一氏の国籍を「韓国」に書き換える、の巻(笑)。>
http://takashichan.seesaa.net/article/278871127.html

posted by takashi at 14:50 | Comment(1) | TrackBack(1) | ネトウヨ、バカウヨの醜態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【パブロン中毒】

どうもご無沙汰しております。
実は最近、英語のほうで、妙な人を見つけましたので、ご報告に上がりました。。
妙な人は掃いて捨てるほどいるのですが、ひょっとしてmakotoさんかもしれない人というのは、そんなにいないので、makotoさんの文章に親しんでいる方々に、その真贋を、チェックをしていただけたらいいなあと、思ったゆえです。
ツイッターのほうに、少し日本語の文章がございます。
よろしくお願いいたします。

【ツイッター】
https://twitter.com/makootoSzuki/following

【英語投稿用のDisqusアカウント】
http://disqus.com/makootoszuki/
Posted by パブロン中毒 at 2014年09月14日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317647532

この記事へのトラックバック

在特会の闇を追いかけて。。。
Excerpt:  おはよう。  目玉焼きにはソースか醤油か?    ってゆーのは、古くから存在するテーマ。  会話が途切れて気まずい雰囲気になりかけた時なんかに、「ところで、オタク、目玉焼きには..
Weblog: 風の歌が聞こえる街
Tracked: 2013-02-02 21:14
このページのトップヘ