2012年12月31日

データの転送その2

以前<データの転送>というエントリーを書いた。

http://takashichan.seesaa.net/article/276184967.html

2台以上のパソコンでデータを共有する(同期させる)良い方法はないものか?という内容である。で、現在私がどうしているかと言うと、上記記事コメントで、不勉強さんが薦めて下さったLANディスクを使っている。アイ・オー・データ製の4TBのLANディスクに、すべてのデータを置き、各クライアント(5台)から操作するようにしている。

また、同じアイ・オー・データのHDD(3TB)に、定期的にバックアップを取るようにしている(これが忘れがちになるので危険だ)。というわけで、現在は1台のデスクトップ、4台のノートから、LANディスクの同じデータを呼び出して更新させている。これで常にデータの「同期」が取れるわけだ。

こうなると、クライアントのD:ドライブは基本的に要らなくなる。ただし「圧縮・解凍」ソフト、お気に入りなど、ローカルにしかアクセス出来ないソフトやツールがあるので、そのためにD:も残こさざるをえない。私はC:ドライブには基本的にプログラム以外は入れないようにしている。

ローカルのディスクを書き換える場合より、多少時間が掛かるが、これはしょうがないか。あるいは、ルーターが古いせいかもしれない。これを検証するためには、有線で繋いだ場合と、無線とで速度を比較すれば分かると思うが、面倒くさくて未だやっていない。ノートのうちの1台は、Windows8だが、これが意外に重たい。Intel2.2GHZにメモリーが8GBなのにこの「遅さ」は、やはりルーターのせいかも知れないと思うのである。



posted by takashi at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ