2012年08月13日

森本敏防衛大臣、珍しく「オトナ」の対応

morimoto2.jpg

森本にしては、なかなかオトナの対応をしたと、私は思っている。これでもし「自衛隊を送る」なんてこと言い出してたら、大問題になるところだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
森本防衛相:
「日本の防衛政策と少し次元の違う話なので、個人的な印象を言うことは控えたい。防衛省・自衛隊がこの問題にすぐに何か対応するということではない。これは韓国の内政上からくる要請によるものだという印象を私個人としては持っている。韓国が内政上の判断でお決めになったことだと考える。」「全ての国に内政があって、日本にも日本の内政がある。他の国の内政にほかの国がとやかくコメントするのは控えるべきだ。」「本日、韓国大統領が竹島を訪問した。これはわが国の竹島に関する基本的な立場と全く相いれず、決して受け入れられないという趣旨だ。他方、どうしてこの時期に韓国大統領が訪問したのかということは、私は多分、内政上の要請があったのだろうという推測を申し上げた。竹島問題が韓国の内政問題だと言った覚えはない。そもそも竹島問題は、日本にとって北方領土と並んで重大な領有権問題であるので、これは外交交渉によって解決されるべきだ。」(時事通信)
----------------------------------------------------------------------------------------

要するにだ。森本防衛相が言いたかったことは「落ち目になってきたイ・ミョンバクが、韓国国内向けに人気回復を狙ってやったスケベ根性丸出しのパフォーマンスに過ぎないのだから、別にそんなに騒ぐ問題じゃあないよ。」ということなんだが、さすがにそうハッキリ言ってしまうと「失礼」になるので、それで「内政問題」だなんだと、言葉を濁したわけだ。

そんなの日本国民はみんな、分かってるし、当の韓国人にだって分かるはずだ。分かってるくせに自民党の奴らは、どうしても「問題」にしたい、というわけだ。もっとも、意地の悪い韓国のマスコミに「内政問題」を、そのとおりに韓国語に翻訳されたりすると、確かに困ることは困る。だからこの際、森本氏は「落ち目になってきたイ・ミョンバクが、韓国国内向けに人気回復を狙ってやったスケベ根性丸出しのパフォーマンスに過ぎないのだから、別にそんなに騒ぐ問題じゃあないよ。」 という意味で俺は言ったんだ、とはっきり韓国側には言うべきだね。もっと早く言っておきゃ、オリンピックで馬鹿な真似する奴もいなかったんじゃないかな?

posted by takashi at 06:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日韓双方のバカウヨ諸君は声高に戦争を叫んでますね。
一方で日韓双方の良識ある市民は非常に冷めた目で小生と同じ「大阪市平野区出身のおバカさん」のパフォーマンスを見つめているといいます。

結局、どこの国でもマトモな政策を打てない無能な権力者は敵を作って愛国心を鼓舞するのが「お約束」のようです。

ありがとうございました。
Posted by oyoyo at 2012年08月13日 07:30
>大阪市平野区出身のおバカさん

李明博って大阪産まれなんですか、今調べて知りました。
Posted by たかし at 2012年08月13日 08:25
 今回の件では森本氏の最初の見解は正しいと思います。自民党は問責決議を出して、竹島を韓国へ売り渡そうとする売国奴と決めつけたいのでしょうが。

 竹島は60年近くに渡って韓国軍が支配しており、李大統領が行ってもそれで韓国軍の占領地が増えるわけでも、李大統領が行かなくてもそれで竹島の韓国軍が撤収するわけでもないので、竹島を囲む状況は李大統領の訪問によって変わることは一切なく、以前と同じままです。これは明快な事実です。

 国内向けのパフォーマンスに過ぎず、石原都知事の尖閣上陸計画と似たようなものです。

 それを、日本固有の領土が攻撃を受けた、それは韓国の日本への宣戦布告だ、こうなったら日韓開戦以外に選択肢は存在しない、日韓開戦に反対する奴は韓国人だけだ、などと騒ぎ立てているネトウヨが完全に狂ってきています。

 狂ってきているネトウヨに同調して、国内向けのパフォーマンスに過ぎないという、当然のことを指摘する森本氏を問責して止めさせようとする野党がいる、全く情けない政治だと言わなくてはなりません。
Posted by たかひろ at 2012年08月13日 14:13
【パブロン中毒】

おじゃまします。
森本が防衛大臣になったという時点で、私は「野田政権がアメリカの機嫌を取ったのだろうなあ」というふうに感じておりました。
森本といえばアメリカであって、ビンラディン暗殺直後にも、まるで米当局者であるかのような擁護発言をしていたことが記憶にありましたし、今度のことも、防衛大臣としては正しい対応をしてくれたものだと思っていますが、それが森本の口から出たということであれば、アメリカの意向であろうなあと、個人的にはそんな気がしています。
今度のことでの米政府スポークスマンの発言の冷たさ、他人ごとさを見ますと、実際に何かが起こってしまうことは困るけれども、日韓が仲良くしないでいざこざしてくれていたほうがよい、というふうなことが、アメリカの基本的な戦略なのではないかなあと、素人考えで、そんなふうに勝手に想像しています。
Posted by パブロン中毒 at 2012年08月13日 23:12
>それが森本の口から出たということであれば、アメリカの意向であろうなあと、個人的にはそんな気がしています。

なるほど「深読み」されておりますなあ(笑)。
Posted by たかし at 2012年08月14日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ