2012年01月09日

「原発御用学者」アンケート結果

昨年末で締め切った「あなたが一番悪質だと思う『原発御用学者』は?」の集計をしてみた。各部門の「大賞」は、諸葛宗男と中川恵一であった。表彰式は割愛させていただく。途中、菊池誠大阪大学教授の、破廉恥きわまりない「組織票」事件なども起き、一時はどうなることかと思った。世の中には、これほど「貪欲に」御用学者になりたがる馬鹿もいるのだなと、呆れた次第である。

これらの御用学者のうち、多くの者はテレビのブラウン管(死語か?)から姿を隠してしまったようである。それでもまだ性懲りもなく出続ける者や、こともあろうに原発被害県のアドバイザー・県立医科大学の学長に収まった者までいる。詳しくはそれぞれの候補者に対する「コメント欄」を参照していただきたいが、このアンケートの際立った特徴といえるのが「武田邦彦」への評価である。このインチキ男の胡散臭さを見抜いた方がこれほどいらっしゃるのには驚いた。「お座敷次第で自説を変える。最低な男。」「こいつのご都合主義には閉口だ。」「二枚舌」「インチキ野郎」「お調子者」といった適切な評価を、皆さん下しておられる。

ここで武田邦彦について、おさらいしておこう。彼は、2006年に「日本の原発は地震で倒壊する」という内容の本を2冊出版して「できれば運転しない方が良い」という考えに変わっている。つまり「転向」したのだ。にもかかわらず、2010年の8月にはこんなことを言っている。

・一番いいのは言うまでもなく原子力・・・しかない
・石油石炭は枯渇などの問題がある
・電気はやっぱり原子力ということで日本はやっていくべき
http://www.denkipodcast.com/
http://t.co/XyUITPT

なーんだ・・・「転向」なんかしてないじゃない(笑)。この番組は「電力中央研究所」「三菱重工業」「東電工業」「東電設計」「東電環境エンジニアリング」の提供による「クロストークエネルギー」という番組である。ご覧のように、この男は、呼ばれた「お座敷」次第で「無節操」「無責任」「無定見」に、言うことをコロコロ変えるのだ。詳しくは、以下を参照願いたい。
http://takashichan.seesaa.net/article/237334764.html

アンケート1.
あなたが一番悪質だと思う「原発御用学者」は?(物理・工学系)
http://v.yapy.jp/vote/1233/

諸葛宗男698票 (22%) 135件
武田邦彦632票 (19.9%) 96件
大橋弘忠194票 (6.1%)47件
松本義久189票 (6%) 29件
関村直人156票 (4.9%) 19件
石川迪夫127票 (4%)23件
澤田哲生110票 (3.5%) 18件
大槻義彦52票 (1.6%) 9件
奈良林直34票 (1.1%) 4件
有冨正憲19票 (0.6%)9件
岡本孝司18票 (0.6%)3件
山口彰11票 (0.3%) 1件
衣笠善博10票 (0.3%) 3件
伊藤哲夫7票 (0.2%) 1件
山名元4票 (0.1%)0件
畑村洋太郎4票 (0.1%) 1件
児嶋眞平2票 (0.1%)1件
木村浩1票 (0%) 0件
総投票数   2268票
goyorikei.BMP

アンケート2.
あなたが一番悪質だと思う「原発御用学者」は?(医学・文科系)
http://v.yapy.jp/vote/1234/

中川恵一380票 (37.6%)53件
山下俊一312票 (30.9%) 72件
稲恭宏186票 (18.4%) 50件
吉村作治30票 (3%) 4件
前川和彦24票 (2.4%) 8件
長瀧重信18票 (1.8%)1件
星正治16票 (1.6%) 1件
中村仁信16票 (1.6%)7件
高田純14票 (1.4%) 2件
高村昇6票 (0.6%)4件
菊池透5票 (0.5%)1件
松原聡3票 (0.3%) 1件
米原英典1票 (0.1%) 0件
総投票数   1011票
goyouigakubunka.BMP


なお、菊池誠「隔離投票所」はこちら。
http://v.yapy.jp/vote/1276/

posted by takashi at 12:51 | Comment(5) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
武田教授は物事を違う方向から見る事が出来る人だと思う。違う方向から見ると1つのものでも色々な面を持つものである。また、見方を変える事で全く違う結果が出ることもある。原子力を使いこなすには学ぶ事が多くこれからの分野だと思うし、太陽エネルギーや風力エネルギーに関する技術はまだ研究を重ねる必要があると思う。彼の言う事を良く聞いたら「電気はやっぱり原子力」とは言ってない。人間の欲がどんどん深くなるにつれ、欲を満たす為に使うエネルギーも増える。しかし、人間が作るエネルギーにクリーンなものはないと言っているように思う。私は右翼でも左翼でもないが、人間が原子力を使う事に不安を持っている。絶対安全、危険ゼロ、100%安心なんていうものはこの世界にはないし、放射性物質は人間に取って毒性が強過ぎるからである。
Posted by 片目のジャッ子 at 2012年01月12日 14:23
あっ、私、このブログの空気読まずにコメントしてました。すみません。他のブログやコメントを読んで的外れな事を書いたと反省中です。悪質原発御用学者に「やっぱりお金でしょ』の班目センセが入ってないのが残念。
Posted by 片目のジャッ子 at 2012年01月12日 15:44
【金李朴】
御用学者は権力のプロパガンダに利用される末端分子、ないしは武田某のような科学のパロディーで飯を食っている連中に過ぎません。彼らの上流にいる政治家や官僚こそが元凶です。東電から資金援助を受けていた政治家の名前が芋づる式に暴かれています。あの「直ちに健康被害はない」の枝野氏も資金供与を得ていた模様です。
原発事故に関連して、私が最も嫌悪する政治家は、福島県知事の佐藤雄平氏です。「たかしズム」にも何度か登場しました。原発推進で当選した彼は、今回の事故による被害を県民に謝罪し、即座に辞任すべきです。ところが、何を血迷ったのか、自己を原発被害者の代表の如く定義し、東電や中央政府に居丈高な態度を取り続けています。時にははしゃいでいるようにさえ見えます。まったく恥知らずも甚だしい。
今の福島県民には、知事のリコール運動を起こす余裕はないでしょう。日本国民の皆様は佐藤知事批判の声をもっと強めるべきではないでしょうか。
Posted by 金李朴 at 2012年01月14日 12:33
【たかし】

金李朴さん、こんにちは。
村野瀬玲奈さんのところに書き込まれた金さんの文章を読ませて頂きました。相変わらず非の打ち所のない主張だったと思います。引っかかるのは、村野瀬さんが「韓国の慰安婦像の件についてのご意見をありがとうございます。ここは金さんと100%意見が一致しませんが」と書かれた部分ではないでしょうか?

これは金李朴さんが「韓国の慰安婦像の件ですが、建立自体に問題はないものの、場所が敢えて日本大使館前という点には、心情的に疑問符が付きます」と、書かれたことに対する村野瀬さんの見解です。あえて説明しなくともお分かりとは思いますが、村野瀬さんは「大使館の前に建立して当然」との立場だからです。そこに像が立てられて未来永劫、日本大使館に反省を訴え続けることが何より効果的である、というのが村野瀬さんの見解です。つまり、彼女にとっては「心情的に疑問符が付かない」というわけでしょう。

さて、佐藤雄平ですが「おかげさまで世界で最も有名な知事になれた」とほざいて顰蹙を買い、女房子供をすでに遠くへ逃しているとの噂もあるなど、見下げ果てた下衆男です。過去の原発誘致の責任を一切棚にあげて、最近は県民の手前、国に対した「あれをしろ、これをしろ」と虫のいいことを言い始めました。それも、県民の為を思ってのことでは全然なく、単なる見え透いた「人気取り」です。このような恥ずかしい男に投票をした福島県民にも当然責任はあるわけですが、この機会に深く反省し一日も早く、こんな男を知事の座から引きずり下ろして欲しいものだと思います。佐藤栄佐久知事の復活も考えて良いのではないか、と考えます。


Posted by たかし at 2012年01月14日 18:03
【金李朴】
たかしさん。ありがとうございます。

村野瀬さんが私のコメントに100%の同意を示せない理由が、「心情的に疑問符」という点にあることには、私も気付きました。
私は民団にも総連にも与しないノンポリの在日韓国人ですが、どちらかと言うと知人には総連関係者の方が多いのです。そこで想像力を働かせてみると、もしも日本の拉致被害者家族会の方々が、総連本部前に「拉致被害者像」を建立したら、やはり自分は余りいい気持ちはしないのじゃないかと思うのです。在日朝鮮人のほとんどは北朝鮮の国家犯罪である拉致に関わっていません。同様に、現代日本人の大部分も慰安婦の人権侵害には直接関わってはいないのです。
しかし、村野瀬さんの思いを批判する気にもなりません。日本の過去の過ちを日本人自ら厳しく戒める態度は、むしろ尊敬に値します。

繰り返しになりますが、福島県知事は人間のクズです。
それほどの悪人面をしていないことにも、かえって嫌らしさを覚えます(この一文は冗談です)。
Posted by 金李朴 at 2012年01月14日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ