2011年10月07日

スティーブ・ジョブズ氏について

朝、ツィッターを開くと「スティーブ・ジョブズ」氏の死に関するツィート、リツィートで溢れていた。最初私は「スティーブ・ジョブズって誰だろう?」と思った。正直言って分からなかった。しかし「待てよ?そう言えば、アップルの経営者が病気だと言っていたな?」それで、はじめて皆さんが、誰のことを呟いていたのかが分かった。

実際、一般教養として彼がビル・ゲイツと並ぶITの「巨人」であることは、私にも分かっていた。例えば、パソコン雑誌やテレビで、彼の若いころの「伝記」はしょっちゅう眼にしていたし、耳にもしていた。しかし「スティーブ・ジョブズ」という固有名詞は、最後まで私の記憶に留まることはなかったのだ。

言い訳をするわけではないが、理由は私が、典型的な「ウィンドウズ使い」だからだと思う。私はアップル製品をひとつも持っていないし、使ったこともない。OSはもちろんウィンドウズ一本槍だった。しかし、そんな私でも、アップルコンピューターには根強いファンがいて、日本でのシェアが10パーセントに落ち込んだ時期も「マックファン」なる雑誌が発行され続け、読まれて続けていたのを知っている。友人にもマックファンが何人かいたし、彼らが口をそろえて、音楽・画像処理におけるマックの「優位性」を熱く語るのも聞いて知っていた。しかし、私自身マックを使うには至らなかった。アプリケーションの豊富さが、私にウィンドウズを選ばせたのだ。

そんな訳でビル・ゲイツは知っていても、スティーブ・ジョブズ氏は、最後まで知らなかった。

でも、芸能人が誰か死んだ時に「にわかファン」になる人も結構いるのではないか?マイケル・ジャクソンの時がそうだった。誰もがマイケルの死を悼み、昔からのファンだったかのようなことを言ったものだ。私にとってはマイケルは、今でも「ジャクソン・ファイブ」のマイケルでしか無い。あのマーク坊やの「オズモンド・ブラザーズ」に対抗して、ブラックミュージック界に現れたのが、この「ジャクソン・ファイブ」で、その中の天才坊やがマイケルだった。日本でも「フィンガー・ファイブ」という「亜流」が出た。

話が逸れたが、そのアップルが、21世紀に入ってからマイクロソフトを追い上げはじめた。i-Pod、i-Phone、i-Padである。

i-Padは私も、ずいぶん買おうかと迷った。しかしもっと進化するような気がして、未だに決断できていない。通信代が高いのもネックだ。もっと街全体が無線LANで繋がるような環境になってから、買おうかと思っている。私の携帯は、旧式のウォークマン携帯で、主に音楽を聴くためだけのものである。インターネットは殆ど使わないし、メールも使わないのに数年間にわたり、無駄に5千9百円もの料金を払っていたので、最近解約して、電話機能だけにした。2千円くらいに減った。実は私は「親指入力」が全然できないのだ。目も悪いし・・・。しかしi-Phoneはローマ字入力もできるようなので、次はi-Phoneかなと思っている。なんだか知らないが、今使っている携帯は、2年後に使えなくなるという手紙も何通か来ていたし。私の契約しているAUも、今度アップルのスマートフォンを売り出すと知り、今日カタログでも貰おうかとAUショップへ行ったのだが、店員は「まだ決まっていません。売り出すかどうかも分かっていません」などと言う。10月14日売り出し予定だというのに一体どうなっているのだろう?

まぁとりあえずスティーブ・ジョブ氏のご冥福を祈りたいと思う。
posted by takashi at 01:02 | Comment(7) | TrackBack(0) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私にとってジョブスのアップルは、MACでもなく、I−なんとかシリーズでもなく、APPLEUです。

今巷に溢れるアップル製品よりも20世紀のAPPLEUの衝撃と意義が遥かに大きいです。あそこまで性能がよく安定して稼動する「個人用」コンピュータの出現は画期的でした。

その後アップルの天下はマイクロソフトに取って代わられましたが(任天堂のDSがPS2にやられたように)、やはりAPPLEUは輝かしかったです。

いわば、APPLEUは0→1、マイクロソフトは1-10、確かにゲイツによる飛躍は大きいが、無から有の過程はもっと価値があると思います。

ご冥福をお祈りします。

Posted by りょう at 2011年10月07日 10:33
りょうさん、ありがとうございます。
Apple IIですか。さっそくウィキペディアで調べて見ました。「Apple II(アップル ツー)は、アップルが1977年に発表したマイクロコンピュータである。」

その頃からのアップルファンとは恐れ入りました。私などコンピューターの「コ」の字も知らなかった頃ですよ(笑)。確かにウィンドウズの原型とも言えるGUIもアップルが先だったと記憶しています。孫社長が言うように、数世紀後にダ・ヴィンチと並び称されるのはジョブズ氏の方かも知れません。とすると・・・ゲイツ氏はミケランジェロ止まりですか・・・。
Posted by たかし at 2011年10月07日 11:11
AppleU

1977年発売の御三家と呼ばれていた「マイコン」Apple社のAppleU,Tandy社のTRS-80,Commodore社のPET 2001のなかで一番輝いていたマイコンですな。

マイクロソフトはIBM-PCのOSで成功した感があります。
Posted by あるふぁ at 2011年10月07日 17:22
こんにちは。

スティーブジョブズ氏はスピーチの中で、
ウインドウズはマックをパクッたと冗談めかして言っています。

http://www.youtube.com/watch?v=qQDBaTIjY3s

(すみません、HNの記憶が不鮮明で、字が違っているかもしれませんm(_ _)m)
Posted by 遠賀六郎 at 2011年10月09日 10:39
>今日カタログでも貰おうかとAUショップへ行ったのだが、店員は「まだ決まっていません。売り出すかどうかも分かっていません」などと言う。10月14日売り出し予定だというのに一体どうなっているのだろう?

ったく、トボけた対応ですねぇ。

大丈夫ですかね、AU?

AUだけに、あぅあぅ、ってな感じですな。。。

Posted by at 2011年10月10日 18:52
「情報通信の革命」ならともかくも、「音楽の革命」とまで持ち上げるに至っては何をかいわんやですね。彼は、音楽の実質に何も「革命」なんて起こしていませんからね。音楽の外部世界から音楽の実質にまで影響を与えたのは、レコード盤による録音再生技術を生み出したエジソンであり、彼の企業の社員としてラジオ放送を実用化したフェッセンデンのような人物でしょう。現代のポピュラーミュージックは、その誕生についても楽曲の構造・形式についてもそれらの発明技術に影響を受けましたからね。
ま、H.フォードの遺言「Industry, Not Business!」を守った大物経営者という点では多少評価出来るという程度でしょうか。

ちなみに、録音音楽やデジタル化音楽は、後世では消えゆく20世紀的、21世紀的なアダ花でしょう。
Posted by バッジ@ネオ・トロツキスト at 2011年10月14日 14:34
アップルという海外の企業の製品を買ってその利益に貢献するよりも
国内メーカーのスマートフォンを買った方が国のためになると思います
Posted by マスダン at 2011年12月08日 04:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ