2011年08月22日

ボーイソプラノ礼賛

imagesCADJKUB0.jpg


突然だが皆さん、ボーイソプラノはお好きだろうか?私は大好きである。まさに「天使の歌声」だからだ。ただし、こういったことは公言しないほうがよろしいのかも知れない。つまりボーイソプラノ愛好家の中には、少なからず「そのスジの人」が多いようだからである。もちろん私は、純粋に音楽的にボーイソプラノが好きなだけであるからどうかご安心を。

さて、私が古楽愛好家であり、バッハ愛好家であることをご存知の読者も多いと思う。

バッハの声楽曲というものは、ごく少ない例外を除いて、女性ソプラノではなくボーイソプラノのために書かれている。当時、ドイツの教会では女性が歌うことはなかったのである。ソプラノは少年、アルトは少年もしくはカウンターテノールが歌う、と決まっていた。現代では、コンサートでもCD録音でも女性が主流だが、実はこれは間違いなのである。言ってみれば、歌舞伎の女形を女性が演じるようなもので、伝統の破壊と言って差し支えないものである。

バッハ・カンタータ全集は、カール・リヒター、ヘルムート・リリング、トン・コープマン、鈴木雅明、クリストファー・ホグウッドなどが録音している。私が所有しているのは、グスタフ・レオンハルトとニコラウス・アルノンクールのCD全集だ。これは、テルフンケンというレーベルで、1970年から1988年の18年にかけて、レオンハルトとアルノンクールが、曲目を分担し合って録音したものである。もともとLPレコードで発売された全集で、全曲楽譜付き(旧バッハ全集)という豪華なものであった。私は、アナログレコード盤は、かろうじて1セットのみ持っているが、当時、私にはお金持ちの友達が二人いて(ふたりともお医者さん)自宅へ行くと棚にこのシリーズが全巻ズラーッと並んでいて、実に羨ましかったものだ。

私の知る限りでは、このシリーズのみが、ソロも合唱もボーイソプラノで録音した唯一のバッハのカンタータ全集である。レオンハルトはテルツ少年合唱団、アルノンクールはウィーン少年合唱団を起用している。なお、レオンハルトは「マタイ受難曲」も、ボーイソプラノのみで録音しているので必聴である。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001GM7IZG

41LmgOA4CFL__SL500_AA300_.jpg


ボーイソプラノの魅力はその「はかなさ」にあると言える。声変わりまでの、ほんの数年間がその生命なのだ。6〜8歳ころから訓練をはじめて、早ければ12〜3歳で、突然にその生命は潰える。アルノンクールもレオンハルトも、したがってなるべく多くの少年ソリストを、それぞれの合唱団から選りすぐり、その声質にふさわしい曲を充てている。一人ひとりに少ない数の曲を与え、集中的に特訓をしたのだろう。録音の本番中に突然、変声期を迎える可能性もある。あしかけ18年に上る録音期間に、だから多数のボーイソプラノが入れ替わっている。「天使の歌声」は、ある日突然、天国に帰ってしまうのである。つまり、ボーイソプラノの録音は「時間との戦い」である。女性をソリストに使っている録音では、このような苦労は全くない。全集をひとりで歌うことだって出来るだろう。

現在、オリジナル楽器で演奏されたバッハカンタータ全集は、このシリーズに加え、トン・コープマン、鈴木雅明、クリストファー・ホグウッドがあるのだが、真の意味で「オリジナル」演奏と言えるのは、レオンハルト/アルノンクール盤以外にない。オーケストラの演奏自体は、例えばコープマンのアムステルダム・バロックオーケストラや、鈴木雅明のバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏のほうがはるかに上を行っているだろう。特にアルノンクールのウィーン・コンセントムジクスは、木管楽器奏者の技量においてかなり劣っており、これがまさに「玉に瑕」だと言える。レオンハルト合奏団の方は、フランス・ブリュッヘンを始めとした名人上手が揃っていて、全く問題はない。しかし、それを差し引いたとしても、ボーイソプラノの起用ということ一つでこのシリーズは、まさに「金字塔」を打ち立てている。

posted by takashi at 20:03 | Comment(10) | TrackBack(0) | 映画・文学・音楽など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう心やすらぐエントリーを書いたのは、久しぶりのような気がします。
Posted by たかし at 2011年08月22日 20:21
本多勝一って在日でしょ
朝鮮人は日本名なのるな!
Posted by 本多勝一って在日でしょ at 2011年08月25日 17:59
>>本多勝一って在日でしょ

>本多勝一って在日でしょ

ハァ?聞いたこともねーな。ソースは?

>朝鮮人は日本名なのるな!

オマエ、創氏改名も知らんのぉ?
バッカじゃねーの(藁
Posted by うー at 2011年08月26日 07:32
スパムと見做し、削除しました。管理人
Posted by 近衛義仲 at 2011年08月26日 08:08
スパムと見做し、削除しました。管理人
Posted by 近衛義仲 at 2011年08月26日 08:10
スパムと見做し、削除しました。管理人
Posted by 近衛義仲 at 2011年08月26日 08:10
【たかし】

皆さん、当ブログではコメント内容はエントリーにこだわらなくてよいことになっております。しかし、このように、汚物のようなネトウヨから離れて「趣味」「芸術」「精神」を論じたエントリーは、なるべく穢さぬ様にお願い申し上げます。今後は、無条件削除いたします。なお、他のエントリーに関しては、その限りではありませんので、書き込む場合はそちらへ願います。管理人
Posted by たかし at 2011年08月26日 09:09
ネトウヨは汚物ですね。しかし普通のおとなしい人間にもそのような思想が染み付いています。困ったものだ。
Posted by 筑前国浪人 at 2011年08月27日 07:47
歌舞伎の女形を女性がやるのは伝統破壊であるというのは、一面では正しくても、全面的に正しいものじゃないんですよね。
実は最初の歌舞伎は女が出てまして、それが幕府に風紀を乱すと禁止され、男だけの歌舞伎となったわけです。
だから、女が歌舞伎に出た場合、それは過去の形態の復元ともいえるんです。
Posted by Suica割 at 2011年09月09日 13:51
Suica割さん、

へぇ〜、知りませんでした。
Posted by たかし at 2011年09月09日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ