2011年04月07日

「流言飛語」

20110325_124645.gif

----------------------------------------------------------------------------------------
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_01000023.html
東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語への適切な対応に関する
電気通信事業者関係団体に対する要請

 総務省は、本日、電気通信事業者関係団体に対し、東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語について、各団体所属の電気通信事業者等が表現の自由に配慮しつつ適切に対応するよう、周知及び必要な措置を講じることを要請しました。


 本日、「被災地等における安全・安心の確保対策ワーキングチーム」において、「被災地等における安全・安心の確保対策」が決定されました。
 同対策においては、東日本大震災後、地震等に関する不確かな情報等、国民の不安をいたずらにあおる流言飛語が、電子掲示板への書き込み等により流布している状況に鑑み、インターネット上の流言飛語について関係省庁が連携し、サイト管理者等に対して、法令や公序良俗に反する情報の自主的な削除を含め、適切な対応をとることを要請し、正確な情報が利用者に提供されるよう努めることとされています。
 同対策を踏まえ、総務省では、社団法人電気通信事業者協会、社団法人テレコムサービス協会、社団法人日本インターネットプロバイダー協会及び社団法人日本ケーブルテレビ連盟に対して、東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語について、各団体所属の電気通信事業者等が表現の自由に配慮しつつ適切に対応するよう、周知及び必要な措置を講じることを要請しました。 
【別紙】:東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語への適切な対応に関する要請 

連絡先:総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課
(担当:長瀬課長補佐、中野係長)
電 話:03−5253−5843(直通)
FAX:03−5253−5948
E-mail:tcp-k/@/ml.soumu.go.jp

【別紙】
平成23 年4月6日
総基消第145号

社団法人 電気通信事業者協会
社団法人 テレコムサービス協会
社団法人 日本インターネットプロバイダー協会
社団法人 日本ケーブルテレビ連盟
御中

総務省総合通信基盤局長

東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語への適切な対応に関する要請


平素より、情報通信行政に対し、格別の御高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、本日、「被災地等における安全・安心の確保対策ワーキングチーム」(※)において、「被災地等における安全・安心の確保対策」(別紙参照)が決定されました。
東日本大震災後、地震等に関する不確かな情報等、国民の不安をいたずらにあおる流言飛語が、電子掲示板への書き込み等により流布しており、被災地等における混乱を助長することが懸念されます。
つきましては、インターネット上の地震等に関連する情報であって法令や公序良俗に反すると判断するものを自主的に削除することを含め、貴団体所属の電気通信事業者等に、表現の自由にも配慮しつつ、「インターネット上の違法な情報への対応に関するガイドライン」や約款に基づき、適切な対応をおとりいただくよう御周知いただくとともに、貴団体においても必要な措置を講じてくださいますようお願い申し上げます。
※ 平成23 年3月31 日、関係省庁が緊密に連携し、被災地等における安全・安心の確保に係る総合的な対策を検討・推進することを目的に設置(議長:内閣官房副長官補(内政))。

以上

【別紙】

被災地等における安全・安心の確保対策について(抜粋)
平成2 3 年4 月6 日

被災地等における安全・安心の
確保対策ワーキングチーム決定

1 被災地等の治安回復・維持
(10) 流言飛語への対応
【内閣官房・警察庁・総務省・経済産業省】
地震や原子力発電所事故に関する不確かな情報等、国民の不安をいたずらにあおる流言飛語が、口伝えや電子メール、電子掲示板への書き込み等により流布されており、被災地等における混乱を助長していることから、このような流言飛語に惑わされることのないよう、関係省庁が連携して、広く注意喚起のための措置を講じる。
特に、インターネット上の流言飛語については、関係省庁が連携し、これらの実態を把握した上で、インターネット利用者に対して注意喚起を行うとともに、サイト管理者等に対して、法令や公序良俗に反する情報の自主的な削除を含め、適切な対応をとることを要請し、正確な情報が利用者に提供されるよう努める。
また、国、地方公共団体等は、あらゆるメディアを通じて信頼できる情報発信に努める。
なお、国、地方公共団体等が民間ソーシャルメディアを活用するに当たっては、認証の取得等の対策を講じることで、情報源としての信頼性を確保し、インターネット上の流言飛語を抑止する。
----------------------------------------------------------------------------------------

そう言えばあの池上彰先生が、お隣の中国でこういうことをやっているのがけしからんと、さかんに吹聴していた。ここでいう「流言飛語」とは、どういうことを指すのだろうか?「災害に乗じて中国人が略奪・強姦をしている」といった類を指しているのだろうか?それとも「東京電力は事実を隠蔽している」「政府の放射能汚染の発表は信用できない」などの書き込みも含むのだろうか?「流言飛語」の定義が曖昧であり「言論封殺」の疑いが極めて強いと言わねばならない。

<追記>関連動画
2011.4.15自由報道協会主催 原口一博衆議院議員・緊急記者​会見
http://www.youtube.com/watch?v=3BAExnrO0mQ&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=RTCycbzh6oM&feature=related
posted by takashi at 14:53 | Comment(7) | TrackBack(3) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 随分以前にこちらへ書き込まさせていただいたことがありますが、今回の内容が少し気になりますので、再びお邪魔をさせていただきたいと思います。

 政府や東電に対する希望や意見が流言蜚語とされるとは思えません。自分たちの政治的な野心を満たすために、意図的に被災地を騒擾状態に陥れ、救援活動を妨害しようと企てて嘘を書き連ねる行為が、規制の対象になり、言論封殺とは言えないと、私はこの要請を受け止めています。

 地震の発生後のネット右翼の流言蜚語の流布は酷いものでした。

 地震直後に、関東大震災や阪神大震災では朝鮮人が略奪、放火、強姦を繰り返した、井戸に毒を入れられていらでは遅い、被災者の方は外国人に注意して下さい、との書き込みが多数現れ、翌日からは、朝鮮人が被災地で略奪をしている更地を占拠した、との書き込みが次々出てきました。
 デマによって被災者と朝鮮人を争わせ、関東大震災のときの自警団による朝鮮人殺害の再現を狙ったものであることは明白です。

 韓国、中国からの救援隊はスパイだとか、ボランティア担当総理補佐官になった辻元氏は朝鮮人で、阪神大震災の時には違憲の自衛隊から救援物資を貰うなというビラを撒いた、という嘘を並べて、救援活動の停滞や混乱を引き起こそうと企てました。
 
 福島原発で行方不明になっていたお二人の方が郡山市内で原発事故を笑いものにして酒を飲んでいたとの嘘を流し、お二人のご遺体が原発から発見されると、殺された、原発事故が外国の工作員の仕業である証拠だと、居直ったようなデマを再度流布しています。

 震災の混乱に乗じてデマを流すことにより、外国人への襲撃を被災者に行なわせ、救援活動を停滞させ、原発事故を外国の工作員の仕業とすることにより、自分たちが嫌いな国と日本との外交関係を悪化させようと企んでいるわけです。

 総務省から電気通信事業者への要請は、ネット右翼の政治的意図に基づく流言蜚語を対象にしていると私は考えています。それならば大賛成であり、びしびし取り締まって貰いたいと思っています。

 余談ながら、流言蜚語と書くと思っていましたが、上記の文書では流言飛語となっています、今はこれでいいのかなという気がしています。
 
 
Posted by たかひろ at 2011年04月08日 11:55
【たかし】

たかひろさん、

>政府や東電に対する希望や意見が流言蜚語とされるとは思えません。

勿論、私もそう思いたいですよ(笑)。

>自分たちの政治的な野心を満たすために、意図的に被災地を騒擾状態に陥れ、救援活動を妨害しようと企てて嘘を書き連ねる行為が、規制の対象になり、言論封殺とは言えないと、私はこの要請を受け止めています。

あなたがそう「受け止めている」ことは、よくわかりました。しかしながらここにある、総務省から「通達」を受け取った、社団法人電気通信事業者協会、社団法人テレコムサービス協会、社団法人日本インターネットプロバイダー協会及び社団法人日本ケーブルテレビ連盟の各者(全員)が「そのように」受け止めたかどうかを、確認できますか?そのように「解釈」したという「保証」はどこにありますか?ましてや、さらにその傘下にある無数のプロバイダー各社が、全員そのように「解釈」していると、どうやって確認できますか?分かるわけがないでしょう。だって当の総務省は「何が『流言飛語』にあたるか?」の「例」を、ただのひとつも挙げていないからです。すべての「判断基準」はプロバイダーの「裁量」に任されている。つまり、中には「東電への批判」を「流言飛語」と「解釈」する者がいても、全然おかしくないわけです。私と同じ「杞憂(?)」を感じている人が、他にもいるようですよ、このとおり。

--------------------------------------------------------------------------------
http://response.jp/article/2011/04/07/154488.html

ネット狙い撃ち? 総務省の「流言飛語」削除要請2011年4月7日(木) 15時02分


6日に総務省がインターネット事業者に対して行った要請は、インターネットを狙い撃ちした言論統制の色が濃い。
要請は、政府の「被災地等における安全・安心の確保対策ワーキングチーム」で決められた「被災地等における安全・安心の確保対策」に基づき、総合通信基盤局によって示された。
このワーキングチームそのものが、各省の審議官クラスだけが参加する閉ざされた会議体。その議事の公開も形式だけだ。
そもそも総合通信基盤局は、何を流言飛語というのかという明確な指針を示していない。判断は事業者任せだ。その理由は「国が表現に踏み込むことはできない。我々が削除しろということは、憲法違反になる」(同局担当者)からだという。
事業者が利用者の書き込みを削除することは、法律上の問題はない。異議があれば「削除された人が裁判することは可能です」(同前)という姿勢だ。
震災後の状況下で、何を流言飛語とするかの判断は、かなり難しい。十分な知見もない通信事業者が判断することは、利用者とのトラブルを増やすだけではないのか。
だが、総合通信基盤局の仕事は、電気通信事業の競争促進や情報通信インフラの整備、環境改善だ。ただのお願いと受け止める通信事業者はいない。監督官庁が「自主的な削除」を求めている以上、それと思うものを削除するしかない。
担当者は、「我々も表現の自由の侵害になることには危惧しているので、電話やメールで事業者に直接伝えた。ご懸念のようなことはないと思う」と話す。
なぜインターネットだけなのか。総合通信基盤局は「(新聞や雑誌など)そのほかは所管していない。雑誌などは発行人などが明記されているため、その必要はないのではないか」と、答えた。《中島みなみ》
--------------------------------------------------------------------------------
Posted by たかし at 2011年04月08日 12:54
 おっしゃる趣旨はよく分かりますが、日本がネットの中の謀略的な流言蜚語や差別、中傷に甘すぎるることのほうがより大きな問題だと思います。ネット上の流言蜚語や差別、中傷でどれほど多くの人が傷つけられてきたか、表現の自由以前の余りにも酷い言葉や嘘がネツト上では多すぎます。

 上に書かせていただきましたようなあからさまな謀略的な嘘の他に、在日外国人、障害者、被差別部落出身の方などへの酷い差別が、ネット上では平然と行なわれ、世間からはとう消えている昔の差別そのものの呼び方や言い方が、当たり前のように日々書き込まれています。

 ネツトが狙い撃ちではなく、ネットで飛び交っている差別や嘘が余りにも酷いから、それによって傷つけられる人が多く、騙されて騒ぎ出す人もいるかも知れないから、なんとかしなくてはならないということなのではないでしょうか。

 たかしさんがここに書いておられますことが、規制の対象になるようなことは私はないと信じています。健全な市民のまともな意見表明や疑問の提起と、騒擾を起させることを目的とした流言蜚語や、差別そのものの言動との区別がつかないほど、日本社会が愚かだとは思いません。杞憂は起きないことを心配するものであり、上記のご意見はやはり杞憂でしかないように思います。

 ネット右翼の人を傷つけてやまない言動は、早く規制して、特に悪質なものは法的な処罰を加えられるべきです。
Posted by たかひろ at 2011年04月08日 15:08
>日本がネットの中の謀略的な流言蜚語や差別、中傷に甘すぎるることのほうがより大きな問題だと思います。

私がそれを「問題じゃない」と思っている、とでもお思いですか?

>健全な市民のまともな意見表明や疑問の提起と、騒擾を起させることを目的とした流言蜚語や、差別そのものの言動との区別がつかないほど、日本社会が愚かだとは思いません。

ここで、私とあなたの「認識」は決定的に違っております。日本社会は「愚か」なのです。これ以上は議論になりませんので、この件については「お開き」と致しましょう。
Posted by たかし at 2011年04月08日 15:32
戦前の哲学者・戸坂潤(1900-1945)は『日本イデオロギー論』の中で「デマゴギー」や「流言蜚語」に触れて次のように書いています。戦前に書かれたものですが、震災・原発事故から今日までの、時系列順のドキュメントのように読めます。

「デモクラシーの衆愚振りは、その被デマゴギー性とでも云うべき処に現れる。…彼等(大衆 引用者註)が自分の実際的な日常利害とは別な利害観念乃至興味を有つということに現れる。…之を政治的に支配者が強調し利用することが所謂デマゴギーなのである」


「処が云うまでもなく大衆の日常の現実的利害は、或る時間を経るに従って、人によっては早く又遅く、やがて大衆の利害観念を訂正しないわけには行かない。…これによってデマゴギーは一つ一つ効力を失って行くことになる」


「併しここからデマゴギーに新しい機能が与えられ始める。と云うのは〔支配者は〕自分みずから発するデマゴギーに対する大衆からの批判そのものを、逆に却ってデマゴギーと呼び返すことに考えつくからなのである」

「かくて流言蜚語とその取締りとが〔支配階級の〕一大方針となる。大衆は今や、デマゴギーに動かされないと見ると、逆にデマゴギーの流布者と見立てられる」←今ココ、という感じですね。
Posted by mikeneko at 2011年04月09日 00:09
たかしさん。こんにちは。
6日いよいよ政府は「言論統制」に民間業者を
とりわけ監督官庁として発しましたか。
うっかりしていました。この通知すらどれだけの国民が知っているでしょうか疑問です。流言飛語(りゅうげんひご)と読むのですね。
悪いことはの発信するな「悪い」とは誰にとって悪いのか
私にとっては悪くなくても、ここでは「政府行政機関」にとって悪ければ削除してほしい・・しなさいとなるのですかね、オレンジ革命とかジャスミン革命とかホンこの間まで、マスコミは持てはやし、インターネット・メール等による言論弾圧に対する抵抗と称賛していたはずですが・・
自国(日本)のこととなると無視ですか。
一事が万事これからすべての書き込みが
規制対象となり別件逮捕もあり得るでしょう。
そう、人格を落とし込む「痴漢」などでね、

どんどんと疑問・新情報を発信して拡散させることが
この自主規制という名の強制規制をはねのけなければと思います。

さて、「0000さん」でしたか
権力者が規制を始めるときは
規制対象が「悪」でなければ世間は納得しません
その次に「普通」も対象にし全面規制となると考えます。
あなたのように善意で物事をとらえる人ばかりではなく
規制するにはわけがあるということです。
そのわけを考えなければと。
場所をお借りして長々失礼しました。
Posted by ゆきぼー at 2011年04月09日 08:16
たかしさん

>日本社会は「愚か」なのです。

今回の都を始めとする知事選の結果を見て・・・あまりにも同意します。(←変な日本語ですみません・・・)

日本国民はいったいどういう国民なのでしょうか?

半永久的に国土を汚染する毒を産み出す原発なんてものを推進する候補になぜ投票してしまうのでしょうか?
しかも原発がなくても最大電力は十分賄えるというのに・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=OzGnBFNU1bI

もうほとほと愛想がつきました。日本国民はあまりにも愚かです。
私は外国に行くことにします。当たり前の良識を備えた国民が大多数の国に行くことにします・・・・。

日本はこの先、原発を建てまくり、憲法を改悪して周辺国に戦争を仕掛けまくり(今回の中学歴史教科書改定ひどすぎですよね・・・・・)放射能に国土を汚染されるか、戦争に負けるかして滅びるのでしょう。

そうなったら帰ってきます。

たかしさん、うーさん、あるふぁさん、またその他の良識ある方々、どうかいつまでもお元気でご自愛ください。
ではさようなら。
Posted by つぶ貝 at 2011年04月11日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック

NO.2022 ”二重の人災”…福島第1原発事故 「警告に耳貸さず」 「初動に遅れ」
Excerpt: ●oowakitomosan 2011.04.07 10:04 人災を認めたということだ。共産党の吉井議員が再三指摘していたことだ。政府・保安院だけでなくメディアもスルーして来た。→電源喪失、認識の..
Weblog: 大脇道場
Tracked: 2011-04-07 17:24

【流言飛語】菅内閣を支持する人がいるらしい
Excerpt: 菅内閣がドサクサ紛れで通達したネット言論取り締まりに対して、社民党がさっそく公党として抗議の声を挙げました。記録と拡散のために掲載します(*^^)v (引用はじめ) 総務省「東日本大震災に..
Weblog: 雪裏の梅花
Tracked: 2011-04-07 21:52

日本:我々は、どのようにすれば支援できるのか?
Excerpt: カーネギー財団モスクワ・センター主任研究員、リリヤ・ シェフツォワ、金曜日、2011年3月18日 15:19 私は、日曜日の3月13日に、東京に到着した。 大本の地震と津波は去っていた。原子炉問題は始..
Weblog: マスコミに載らない海外記事
Tracked: 2011-04-07 23:08
このページのトップヘ