2011年02月04日

消費税茶番国会

「消費税茶番国会」が始まった。「消費税を含む社会保障・税一体改革」という「欺瞞的」な掛け声と共に。本来「改革」という言葉が持っていた、ある種の「(何となく)良いイメージ」が、変貌を遂げてからもう久しい。例えば「社会保障改革」「社会福祉改革」という言葉は現在では、ほぼ「社会保障削減」「社会福祉削減」と「同義語」である。すなわち「改悪」である。「税制改革」しかり「公務員改革」しかり。何より忘れてならないのが「郵政改革」。「社会保障改革=社会保障削減」というのは、為政者の間ではもはや「常識」なのである。ところが一方の国民の中には、まだ「改革」という言葉に騙されて、何かこう「バラ色の未来」を見せられているような「勘違い」をするひとが、けっこうたくさんいらっしゃるようだ。その証拠に、選挙のたびに騙されて自分で自分の首を絞めておられる方が見受けられる。

さて、そのようなわけで消費税率は、このままでいくと間違いなく上げられるだろう。十年後に振り返ってみてあなたは、ため息混じりにこう言うに違いない。

「十年前、社会福祉の財源だというから仕方なく消費税増税に文句を言わなかったけど、この十年間で社会福祉は充実するどころか、ますます悪くなってしまったな・・・。」

こうなることは眼に見えている。でも、このような未来は、嫌な言い方をさせてもらうと「自業自得」「自己責任」ということになるのかも知れない。だって、そういう政府を選んだのはあなたたちだもの。あなたたち日本の「恵まれない人たち」は、余りに「お人好し」(笑)。とまあ、私でなくともこんな皮肉の一ツも言いたくなるのである。そもそも消費税を導入する時も、3%から5%に上げるときも、あなたたちはこれと全く同じレトリックに騙されたんでしょ?「福祉のため」「社会保障のため」とね?何でそんな「ペテン」に気づかないわけ?消費税の税収がそっくりそのまま大企業の内部留保に消えたのは、あなた方だってよく知ってるんでしょ?志位さんがちゃんと国会で説明してくれたものね?え?国会中継見ないって?まぁいいや(笑)。とにかくね、消費税を論じるときに、奴らが必ず持ち出す「言い訳」がこの「社会福祉」だということを、もうそろそろ「お人好し」の皆さんも見破っても良いのではないのかな?

それでは愚痴はこれくらいにして、日本の国会の中で唯一の「心洗われる」質問を見てみよう。

2011.1.27 衆院本会議
 
2011.1.28参院本会議

2011.2.2 衆院予算委員会
posted by takashi at 11:21 | Comment(5) | TrackBack(1) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
志位さんの正しい発言より、電通(政府やアメリカ、大企業)に掌握されたマスコミの言い分を信じてしまうバカが多いという事なのでしょう。
悲しい事です。
Posted by コンポコ at 2011年02月07日 13:51
ビーンです。


茶番国会にエジプトの革命、
報道すべきことは山ほどあるというのに、
朝から晩まで八百長相撲ばっかり。
政府の愚民政策に協力するマスコミの罪は重いですな。
Posted by ビーン at 2011年02月08日 12:01
テレビで小池晃氏の出馬のことが出てきた。しかしじっくり話を聞きたいのに、それはせず。国会のことなんか自民党議員の本質をついていない「追及」。やれマニフェストを「契約違反」と突いてみたり。アメリカや大企業・大資産家にモノ言えないとこうなるのか。
Posted by のんちゃん at 2011年02月08日 23:02
いっそのこと、赤字の分だけお金刷ったらと思いますね。
デフレーションの対策になるし、将来の負担は減るし、税金は上がらないし、預貯金は1000兆円あるから、そうはインフレーションにはならないだろうし、下手に経済が萎縮しないという効果があるしで、消費税増税よりは悪くはないと思いますが。
個人的に今までの税制の流れでおかしいと思うのは、所得税に代表される収入にかかる税と消費税のように消費にかかる税の二つをいじること、もっと大雑把にいえばフローにかける税については議論しても、金融資産などのストックにかける税についてはそんなに検討されてないように思います。
財産持つ層に応分の負担をしてもらうなら、資産税に関してもしっかりと取るべきですね。
Posted by Suica割 at 2011年02月09日 02:50
「不勉強」です。

唐突且つ勝手ですが、土佐高知さんのブログのコメント欄で、何故か「たかしズム批判」が展開されていましたので
http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-2176.html#comment5867
該当箇所を転載しておきます。
しかしこのzep01さんなど、「心から言いたい」などと「真剣さ」を強調して書かれている割に、何で直接たかしズムに投稿しないで「他所様の」「あまり関係なさそうなエントリ」へなのだろう。前から思っていましたが、不思議な方ですね。

---------------------------------------

(前略)

さて菅・民主党関連の記事、ブログのやり方ひとつとっても土佐高知様とたかしさんでは、まるで雲泥の差です。
というのもたかしさんも国会や党首討論、増税論議について書かれているので。
わかりやすい記事、とても大らかな土佐高知様に対して、政治的イデオロギーを露にしてきたたかしさん。
とにかく「最近のたかしさんは面白くない」「以前のたかしさんに戻ってくれ!」と心から言いたいです。

以前のたかしさんは、批判精神旺盛でもユーモアがちりばめられていました。
チベット問題での「ネトウヨの心理」には頷けるものがありましたし、「口曲男」「民主党がイヤなら日本から出て行け」には大いに笑わせていただきました。

しかしこのところ、共産党支持丸出しになったと思います。
最近では「シャウプ税制に戻せ」のバナーを加えましたし、また「心洗われる質問」と志位質問の映像リンクを入れています。
そしてぶさよでぃっくさんの件に見られるような、敵対者を「ネトウヨ」呼ばわりする偏狭さ。

昨年末、たかしさんは「都々逸攻撃にぶさよが音を上げた」とのたまっていましたが、そもそも先にケンカを売ったのはたかしさんでしょう。
その都々逸だって、なんら笑えるものでも納得できるものでもなく、20行以上にも及ぶダラダラとしたものを4回も続けて送られれば、「スパム」と取られても仕方ないでしょう。
「ネトウヨ大賞」でも「まだの方はぶさよへの投票お願いします」と呼びかけてましたが、これこそ煽動・情報操作以外の何物でもないでしょう。

以前はいろいろな方がいたたかしさんのコメント欄も、今は特定の輩しか寄り付かなくなっています。
党首討論を「八百長討論」、「改革」は「改悪」とたかしさんはその記事の中でおっしゃっていますが、そんなことたかしさんに言われなくても普通の方ならわかっているのではないでしょうか。

* | 2011-02-19 20:20:33 |
* zep01 #-
* URL
* [ 編集 ]


(前略)

 ところで、たかしズムというサイトですが、あれはもうダメでしょう。それこそ連合赤軍の連中と変わらない偏狭で攻撃的な人格の者がコメント欄に投稿して自己満足しているだけ。zep01様のコメントに「共産党支持丸出し」とありますが、もしそうだとしたら、逆に共産党にとってずいぶんと偉い迷惑なサイトだと思います。「贔屓の引き倒し」になりかねません。もっともそこまで影響力はないでしょうけど。仮に私が共産党員だったら「あのサイトは共産党と何の関係もありません。共産党の主張でもありません」と切って捨てるでしょう。
正直、人間にとって思想なんてどうでもいいものです。簡単に変わり得るものですし。大事なのは度量の広さ。右だろうが左だろうが、これが備わっている人となら話し合うことも協力することもできますが、備わってない人とはたとえ主張が一致していても手を携えることはできません。そのことだけは、たかしズムというサイトに教えられました。

* | 2011-02-21 09:33:03 |
* コミュニスト #7JqoOZ12
* URL
* [ 編集 ]

お二人とも場所を間違えていませんか?
ここは、土佐高知さんのブログでよ。たかしさんなる方のブログについての感想はそちらで気のすむようになさったら・・・。 見苦しいかぎりです!!

* | 2011-02-21 21:02:43 |
* sucyan #-
* URL
* [ 編集 ]


sucyan さん 初めまして。

御指摘の内容はよく分かります。知らない人が見れば唐突な感じで?と感じると思われます。
たかしさんは、以前、土佐高知さんのブログのコメント欄を総コピーされて何度も自身のブログにコピペしまくった方です。土佐高知さんのブログとはまんざら関係ないとも言えない部分もあります。でも、確かにsucyanさんがおっしゃるように、ここで延々とこの話題を続ける事は良くないように思います。でも、他人のブログのコメント欄を総コピーしていたのも見苦しいかぎりだと思いました。

(後略)

* | 2011-02-22 00:06:14 |
* 阿波太郎 #-
* URL
* [ 編集 ]


阿波太郎 さん・・・
ありがとうございます・・・。あまりにも唐突に感じたもので。 ブログのコメントはやはりその方が書かれたことに対する事が基本だと思います。たかしさんのことを書かれても、土佐高知さんにはコメントのしようがないでしょうからね<(_ _)>

(後略)

* | 2011-02-22 10:57:21 |
* sucyan #-
* URL
* [ 編集 ]

Posted by 不勉強 at 2011年02月22日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック

NO.1963 もう、限界です。「これでまも何とかやってきた、仕方ない」という障害者家族の生活の姿
Excerpt:  最近、時々妄想します。 私が死ぬ場面です。 私100歳、息子69歳。 臨終です。 私の意識はだんだん薄れていきます。息子はなんとなく不安を感じてはいますが、事態を理解できません。  息子の..
Weblog: 大脇道場
Tracked: 2011-02-04 17:17
このページのトップヘ