2010年03月06日

天皇の孫が登校拒否に

天皇の孫で秋篠宮文仁親王の娘である愛子さんが、イジメに遭って登校拒否をしているという話である。世間にはざらにある「いじめ問題」が、遂に皇室にも波及したらしい。それにしても天皇の孫を「苛める」子供とはなかなか見どころのある「悪ガキ」ではないか?いかんせんあとで自分の親が週刊誌に追い回されることなど想像もしていないのだろう。そのような「悪ガキ」を「素行調査(思想調査)」もせずに入学させる学習院初等科というのも、なかなか「民主的」な学校であるようだ(笑)。

今回の各社報道についても、普通なら子どもが首を吊ったり屋上から飛び降りた時点で始めて「事件として」報道されるものだが、登校拒否程度でこの過剰な騒ぎは止めてもらいたいものだ。ま、いくら言っても日本のマスコミが変わることは金輪際ないだろうが。

さて今後の進展として予想されることは、まず学習院初等科の責任教師に対する「処分」であろうか。担当教師は恐らくクビ、校長は辞任に追い込まれることはまず確実である。さらに苛めの「実行犯」であるところの子供数人に対する「バッシング(社会的制裁)」も充分に予想される。「悪ガキ」はもちろん退学処分、「悪ガキ」の自宅にはテレビや週刊誌が連日のように殺到し、親もバチバチ顔写真を撮られて「公開」される。

近所の住人が声色を変えてモザイクでブラウン管(死語か?)に登場し、苛めをした子どもが普段から如何に「素行不良」だったかを語り、その親が如何に無礼で、例えばごみ収集所で顔を合わせても「挨拶もしない」ことなどを切々と訴えるのだ。さらに親の出自や親戚の「病歴」までお茶の間に暴露するに違いない。そのような、まさに「絵に描いたような展開」が私には見えるのだ。ただし宮内庁職員には直接の「処分」はないだろう。官僚は常に「安泰」である。

日本から消滅して欲しいもの、それは「電信柱」と「天皇制」だ。

<追記>「カナダde日本語」のみにーさんによると、どうやら愛子さんは皇太子の娘であるようだ。関係各位並びに皇室フリークの方々には謹んでお詫び申し上げる。陛下の赤子として誠に不敬であった。たかし
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2061.html
posted by takashi at 17:50 | Comment(9) | TrackBack(2) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

子供の喧嘩に国が出る・・ってか(藁
Posted by sumida5 at 2010年03月06日 18:11
>秋篠宮文仁親王の娘である愛子さん
これってなにか裏の意味があるんですか?
あと次のエントリの、
>防衛庁跡地という格好の物件
にも首をひねってしまいました。
Posted by 阿蘭隅椎 at 2010年03月07日 09:46

たかし兄ィ
ホントに間違えたみたい・・(*^^*)
Posted by sumida5 at 2010年03月07日 23:38
あ、そうなんですか。
てっきり、弟が兄嫁に手を出して生ませた娘なんて噂があるのかと。
でもなんでスルーされちゃってるんですかね。
あと、東京ミッドタウンに関しては?

Posted by 阿蘭隅椎 at 2010年03月08日 03:11
阿蘭隅椎さん、
お恥ずかしい・・・本当に勘違いしておりました。何だ、皇太子にも子どもがいたんですねー。でもsumidaさん、そう言うあなたも・・・(笑)。防衛庁跡も、もうずいぶんビルが建ってるみたいで。実は、正直言って六本木にはもう5、6年行ってません( ^ ^ ゞ。
阿蘭隅椎さん、貴重なご指摘をありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。
Posted by たかし at 2010年03月08日 12:58
>秋篠宮文仁親王の娘である愛子さん

 あまりにも基本的なことを知らなさすぎて読んでいて残念です。
 これでは貴ブログテーマについて語れば語るほど説得力が減退するだけです。

 常識レベルの知識があり、切り口で勝負しているのでは、と思って読ませて頂きましたが残念です。
 常識レベルの知識を持たずに書くだけでは、自分の世界に引きこもる小山の大将でしかありません。

 右翼、左翼を云々する以前に、常識を広げられてからの発言が良いのではないかと思いました。
 折角の読者が居て、その方の時間を使わせている以上、便所の落書きにならぬよう切に願います。
Posted by 通りすがりのサラリーマン at 2010年04月03日 00:42
望みもしないのに生まれついた時から世間一般に「常識レベルの知識」として認識され、一挙手一刀足が注視され続け、一生輿に乗せられ続ける人生ってのも、ものすごく窮屈ですね・・・

「ローマの休日」でも借りてきましょうかね。
Posted by 不勉強 at 2010年04月03日 01:08
====================================================

通りすがりのサラリーマン さん、
当ブログの<注意事項>を是非ともお読み下さい。そして次回の書込みの際には「改名」した旨を必ずお書き下さい。違反なさった場合は「出入り禁止」となりますのでご承知置き下さい。たかし

====================================================
Posted by たかし at 2010年04月03日 10:25
【たかし】

さて、今回私が愛子さんを秋篠宮の娘と「勘違い」したことに対し、鬼の首を取ったように「常識がない」というようなご批判が、複数ございました。まず申し上げたいのは、皇室の家族構成を知っていることが、果たして「常識」なのか?ということ。世の中には、皇室の家族構成は知っていても「非常識」な考えを持った人がいっぱいいらっしゃいます。

それと、ひとつ「言い訳」をさせていますと、私は愛子さんを皇太子の娘だということを「知らなかった」わけではないのです。「知らなかった」のではなく「忘れていた」「勘違いしていた」に過ぎない。何故ならば、実は私はもう何年も前に「皇太子の娘」について「ザ・のじじズム」で議論しているからなのです。
<拝啓 天皇明仁様>
http://takashichan.seesaa.net/article/106214674.html

この通り「知らなかった」のではなく「忘れていた」だけです。

私はなるべく皇室のニュースや番組を「見ない」ようにしています。ワイドショーなどで「皇室アルバム」的なものが始まると、すぐにチャンネルを替えるか、テレビを消します。これは「天皇制」に対する「ささやかな抵抗」というような次元のことではありません。ただ単に「見ていると腹が立つ」ので見ないようにしているだけです。何の必然性もないのに、世襲され一生国民の血税によって養われ、何の根拠もないのに(日本国憲法が「根拠」だとおっしゃる人もいるでしょうが)「謂れのない名声」の中で生きることができる一族という「理不尽」な存在が、どうしようもなく「不愉快」なのです。と同時に、憲法で保障された国民の当然の「権利」すら持たずに生まれてきた彼らに「同情」の念も持っております。

そんなわけで、私の皇室に関する興味は、ニュースで報道される天皇本人の「発言」が唯一です。ブログのネタにするときは、主にネットでニュース検索をします。私がブログ記事の中で、些細な早とちりをしたことを捉まえて「知らなさすぎ」「説得力が減退」「常識レベルの知識」「小山の大将」・・・と大変なお腹立ちのようですが、書いておられるご本人の「本性」が「透けて見える」と感じるのは私だけでしょうか?
Posted by たかし at 2010年04月03日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック

愛子内親王の不安
Excerpt: 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が今週、学習院初等科をほとんど休んでいることが分かった。皇族が他の児童の「乱暴」を理由に学校を欠席することも、宮内庁がそれを公表することも異例だ。(毎日新聞) 新..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2010-03-06 19:06

皇族のガキンチョが顔にケガ。どうでもええがな。。。
Excerpt: 悠仁さま、顔におケガ 庭で転倒され数針縫う 2月11日18時42分配信 産経新聞  秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが先月、転倒して顔にけがをさ...
Weblog: 風の歌が聞こえる街
Tracked: 2010-03-14 19:02
このページのトップヘ