2009年12月28日

坂の上の雲

NHKドラマ「坂の上の雲」が面白いのでついつい見てしまうが、かなり露骨な国粋ドラマである。侵略戦争を「美化」し正当化し、加害者と被害者を逆さまに描いている。西欧列強に侵略されたので仕方なく侵略した、などはネトウヨの主張そのものだ。何をどうこねくり回したところで侵略は「正当化」出来ない。資本主義が帝国主義に変容する「歴史の必然」を科学的に描くことをせず、情緒的に「民族感情」をくすぐり、見るものを何となく「いい気持ちにさせる」内容となっている。司馬遼太郎はこの作品の映像化を拒んだとされている。いたずらに「ナショナリズム」を煽ることになる、というのが理由であったようだ。今この時期にNHKがこのようなドラマを作る意図が何処にあるのか?良く考えてみる必要がありそうだ。
posted by takashi at 17:23 | Comment(145) | TrackBack(2) | その他雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日清、日露戦争が日本の侵略戦争???

ああ、でもアナタみたいな痛い人っているね。ちょっと人より頭よさそうな感じだけど、なんと言うか、記憶力はあるから色々な知識はあるけど、構築力がまるで無い、自分意外皆馬鹿。
実際は賛同する仲間も無くて、周りからは「アイツ頭いいけどホントバカだな」って言われる口ですね。

アナタからみたら西側一般市民はみんなネトウヨ。

こんなつまらないサヨblogで、ランキングに参加してるなんて片腹大激痛〜。
Posted by あ at 2009年12月29日 00:16
今日もネトウヨ同様見えない敵との戦いご苦労様です
Posted by もも at 2009年12月29日 00:49
>>あ

ヴァカが必死だな。
頭悪そうなコメは哀れを誘う(藁
Posted by うー at 2009年12月29日 08:34
>>あ

ああ、でも「あ」みたいな痛い人っているね。かなり人より頭悪そうな感じだけど、なんと言うか、記憶力も無いから色々な知識も無いけど、妄想力だらけで、自分意外皆天才。
実際は賛同する仲間も無くて、周りからは「アイツ悪いけどホントーにバカだな」って言われる口ですね。

いつものバカには、このコメントをお返しするよ。
Posted by あるふぁ at 2009年12月29日 10:48
日清に関しては日本は清と朝鮮の間の従属関係を解消させて防衛をしやすくするための戦争といえるし(言い分どおり朝鮮を従属から解き放って同盟国になっていれば戦火は飛んでこなくなりやすいし)、日露に関してはむしろロシアがクリミア戦争で西の凍らない港を失ったために東側の凍らない港を確保するために起きた戦争でしょ。その証拠にクリミア戦争敗戦直後に清から割譲された地域に「東方を支配する」と言う意味を持つウラジオストクを建設しましたし、地名を由来としていた軍艦に満州と朝鮮の名前をつけていたんですし。日露に関しては前進防衛と言う方針を採ったんでしょ、日本は。朝鮮の支配と引き換えに日露同盟を結ぼうとしていた伊藤博文がアンジュングンに暗殺されたこともあって。
Posted by ドン・ペリュニオン at 2009年12月29日 16:48
 TBありがとうございました。「JCJ機関紙部ブログ」です。
 
 アジア記者クラブで、以下の集会をやるようです。
 http://apc.cup.com/apc201001.pdf

 ドラマではまだ日露戦争は描かれていないのですが、日清・日露とひとまとめに考える癖が日本人にはあるようですね。
 日清戦争は清国から日本を防衛するための戦争だったと、そのうち言いだすのでしょか。
Posted by JCJ機関紙部ブログ at 2009年12月30日 16:22
>>ドン・ペリュニオン

>日清に関しては日本は清と朝鮮の間の従属関係を解消させて防衛をしやすくするための戦争といえるし(言い分どおり朝鮮を従属から解き放って同盟国になっていれば戦火は飛んでこなくなりやすいし)、日露に関してはむしろロシアがクリミア戦争で西の凍らない港を失ったために東側の凍らない港を確保するために起きた戦争でしょ。

それがどうしたの?
全部日本の都合だけじゃん。
Posted by 日の丸弁当 at 2009年12月30日 17:08
>>かなり露骨な国粋ドラマである。
 このドラマでは当時の列強が露骨に他国を侵略していたことを背景とした時代に、日本人がいかに国難を乗り越えていったかが描かれている。当時の国を想い大国ロシアに悠然と立ち向かった祖先への尊敬は日本人ならば自然と抱くもので、露骨と感じるのは必死で祖国の為に戦った祖先への自然な敬意を持たないということで、反日の正体が隠れている。

>>侵略戦争を「美化」し正当化し、加害者と被害者を逆さまに描いている。
 加害者は日本で、被害者は朝中両国と考えたと推測する。日露戦争開戦前の世界情勢はロシアが南下政策を採っており朝鮮中国を自らの勢力圏に置こうとしていた。仮にロシアが朝鮮を支配下に置いたならば、日本海はロシアが支配し日本はロシアへ従属的にならざるをえなくなるだろう。仮に開戦しなければ加害者はロシアで被害者は日朝中三国となっただろう。国際関係は被害者加害者で割り切れる単純なものではない。つまりたかしは座して死を待つべきだと唱えているのだ。一人で死んでほしい。
>>何をどうこねくり回したところで侵略は「正当化」出来ない。
理想を金科玉条の如く崇め現実をそれに無理やり押し込む杓子定規の対応しかできない無能。
>>資本主義が帝国主義に変容する「歴史の必然」を科学的に描くことをせず
 それまでの主張ではまがりなりにも一定の理由が存在する日露戦争開戦の意義を一切否定したのにも関らず、自らが信仰するマルクス教という「歴史の必然」を何の根拠もなく持ち出し、更にそれに科学的根拠が存在しないのにも関らず科学的説明を要求する図々しい甘ったれた詐欺師。
>>情緒的に「民族感情」をくすぐり、見るものを何となく「いい気持ちにさせる」内容となっている。
 日露戦争の意義は前述の通り一定の合理性が認められる。その一方でたかしのほざく資本主義が帝国主義に変容する「歴史の必然」には全く根拠がない。たかしのいう「なんとなく」を実践したものいいである。
>>今この時期にNHKがこのようなドラマを作る意図が何処にあるのか?良く考えてみる必要がありそうだ。
 意図は大国ロシアに立ち向かった祖先の姿を描くことで国民が当時の日本人の優れた国際感覚を見出し偉大な先祖の歴史を想起させ、国民的な歴史作家である司馬遼太郎の坂の上の雲を映像化し国民に司馬の描く世界観に触れ司馬の巧みさを知ってもらうことである。
結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08
(mebarun)
>>反売国さん

 余りにも言い古された無内容かつステレオタイプすぎる言い分を長々とご開陳お疲れ様です。
 どう言葉を飾って言い繕っても、以下のように、客観的事実が全てを語っています。「論より証拠」です。

 朝鮮中国等と連帯して「列強」つまり鼻持ちならぬ侵略者に対抗するどころか口実を見つけて侵略し、不平等条約を押し付け、植民地化、傀儡国家化しました。
 その時点でロシアと同レベルの「侵略者」であり、ロシアの意図だの「列強」の侵略をどうこう言う資格はありません。

 「日清戦争はロシアに対する防衛だった」などと言うならば清から遼東半島を巻き上げたのは筋が通らないし、ロシア・フランス・ドイツに遼東半島を清に返還するように言われたことを「三国干渉」と非難するのもおかしなことです。

 日露戦争の前は、現に「列強」筆頭のイギリスからは「極東の番犬」呼ばわりされていますね。
 せいぜい「イギリスの番犬」という扱いだったのです。

 日露戦争の「勝利」についても、ロシア革命前夜の国力の衰えに助けられ、アメリカ(これも「列強」(笑))に仲介をお願いし、虫の息で何とか…というだけのことです。

 以上が厳然たる現実です。
 それを美化する「坂の上の雲」が「国粋ドラマ」であるという事実は否定できません。

>意図は大国ロシアに立ち向かった祖先の姿を描くことで国民が当時の日本人の優れた国際感覚を見出し偉大な先祖の歴史を想起させ、国民的な歴史作家である司馬遼太郎の坂の上の雲を映像化し国民に司馬の描く世界観に触れ司馬の巧みさを知ってもらうことである。

 司馬遼太郎は何冊か読んで、その退屈さ、人物描写の平板さ・過度の単純化には辟易しました(後期の「菜の花の沖」あたりになるとだいぶまともになってきていたようですが)。
 それはさておいても、司馬は生前、「坂の上の雲」の映像化を頑なに拒否していたそうですね(笑)。
Posted by mebarun at 2010年08月14日 07:55
>>反売国さん

>自らが信仰するマルクス教という「歴史の必然」を何の根拠もなく持ち出し、更にそれに科学的根拠が存在しないのにも関らず科学的説明を要求する図々しい甘ったれた詐欺師。

 たかしさんを「詐欺師」呼ばわりする前に、たかしさんが「マルクス教」とやらを信仰している根拠を挙げましょう。
 どうせ事実的根拠も科学的根拠もない、「こうであってほしい」なのでしょう(笑)。

>たかしのほざく資本主義が帝国主義に変容する「歴史の必然」には全く根拠がない。

 「歴史の必然」は客観的事実により裏付けられています。あの時代、資本主義が高度化した国はほぼ例外なく帝国主義への道を歩んでいます。「論より証拠」です。
 明白な事実的根拠がある以上、重ねて「科学的根拠」など不要です。

>一人で死んでほしい。
>結論、死ね

 考え方は違えど同じ日本国民、つまり同胞であるたかしさんに対し「死ね」と言って憚らないあなたが、「愛国者」を気取るとは自己矛盾だとは思いませんか?ああ、思いませんか。頭が悪いって大変ですねえ。
Posted by mebarun at 2010年08月14日 08:05
(うー)
>>反売国

>当時の国を想い大国ロシアに悠然と立ち向かった祖先への尊敬は日本人ならば自然と抱くもので、

ハァ?オマエ何様?
日本国民のためにオマエが何してくれたっつーの?なんでオマエにたかし氏の生死をどうこう言う資格あんの?
オマエごときに日本人かくあるべしなんぞ言われる筋合いはねーよヴァーカ(藁
自分と「栄光ある大日本帝国」とを重ね合わせて自分が偉いかのような錯覚に陥り居丈高な言動。これこそバカウヨクオリティ(藁
Posted by うー at 2010年08月14日 10:29
>>mebarun

>>余りにも言い古された無内容かつステレオタイプすぎる言い分を長々とご開陳お疲れ様です。
どう言葉を飾って言い繕っても、以下のように、客観的事実が全てを語っています。「論より証拠」です。

では証拠を確認してみることにする

>>朝鮮中国等と連帯して「列強」つまり鼻持ちならぬ侵略者に対抗するどころか口実を見つけて侵略し、不平等条約を押し付け、植民地化、傀儡国家化しました。
その時点でロシアと同レベルの「侵略者」であり、ロシアの意図だの「列強」の侵略をどうこう言う資格はありません。

 日本は侵略者か?その通りである。日本は当時の列強が侵略をしていたのと同様侵略を行っていったのである。
 当時の国際的背景は「列強」つまり鼻持ちならぬ侵略者の国力が非侵略国よりも圧倒的に勝り、かつ侵略が国際的に合法であった。その結果、列強は市場獲得の為に世界中を植民地化していった。
 このような状況下日本は「脱亜入欧」を唱えて他の列強諸国と同様に他国に進出(元寇が侵略と表現され、秀吉の朝鮮出兵も侵略と表現するならば侵略という表現でもかまわないが)した。意義は日本が西洋列強に対抗しうるようになったことで、問題点は朝鮮中国を植民地化/半植民地化したことである。
 だが思うに、果たして朝鮮中国と同盟を結んで日本はロシアに対抗できたのであろうか?
 当時の日本国にとって一番大事なのは、当時の状況で植民地化され国民が奴隷のような政治的、社会的生活を送らさせられるのを断固阻止することであり、そのために国際社会で力を持つ欧米列強と協調、いや、はっきりいうと追従だが、をしたり、列強に習って、外国への進出を行ったりした。現在植民地化の経済的効果が多少疑問視されているが、これを結果論で批判するのは議論の余地があると思う。
 それと、あなたが日本の中国への侵略を非難するのは、中国がチベットやトルキスタンに進出し勢力に組み入れ、朝鮮やベトナムの宗主国となり過酷な朝貢を要求した点で、中国が日本と同様にあなたのいう「他の侵略者と同レベルの『侵略者』」であり、中国が、「日本の意図だの『列強』の侵略をどうこう言う資格はない」のであるから、論理的に矛盾していると思う。つまり、あなたの論理では、中国は同情の余地がない日本と同様の非道の国である。
 しかし私の意見では、そのような侵略、非侵略が当時では、いや現在でも、武力はあまり用いられずとも、が実際に世界中で行われているので、それは国家の宿命であり、必然的なものであると思う。確かに理想は大事で、その実現は可能なら喜ばしいが、政治とは、あるいは国家運営とは、福沢諭吉の言う、学者の唱える理想、つまり大局的な根治と比べると「対処療法」にならざるをえないと思う。だから日本が一方的に悪く、中国が一方的に悪いわけではないと思う。
 あなたに伺いたいが、あなたは日本が侵略をしなければ確実に植民地化されるという仮定の下ならば、侵略と植民地化どちらを選ぶ?あなたは実際、「仮に開戦しなければ加害者はロシアで被害者は日朝中三国となっただろう。国際関係は被害者加害者で割り切れる単純なものではない。」という意見に対し反論を加えていない。


Posted by 反売国 at 2010年08月17日 23:46
>>「日清戦争はロシアに対する防衛だった」などと言うならば清から遼東半島を巻き上げたのは筋が通らないし、ロシア・フランス・ドイツに遼東半島を清に返還するように言われたことを「三国干渉」と非難するのもおかしなことです。

 日清戦争がロシアに対する防衛だった⇒清から遼東半島を巻き上げたのは筋が通らない、というのは論理的にも関連性が分からないし、歴史的にも事実を誤認している。
 まず日清戦争の原因は直接的契機は朝鮮での甲午農民戦争であり、背景としては日中両国が朝鮮への影響をめぐっていたことであるから、あなたのいう日清戦争がロシアに対する防衛ではなかったというのは答えとしては正しい。その通り、正解。
 
日清戦争がロシアに対する防衛だった⇒ロシア・フランス・ドイツに遼東半島を清に返還するように言われたことを「三国干渉」と非難するのもおかしなこと、というのは日清戦争がロシアに対する防衛ではなかった点で全くおかしなことである、賛同する。

>>日露戦争の前は、現に「列強」筆頭のイギリスからは「極東の番犬」呼ばわりされていますね。
 せいぜい「イギリスの番犬」という扱いだったのです。

日露戦争の「勝利」についても、ロシア革命前夜の国力の衰えに助けられ、アメリカ(これも「列強」(笑))に仲介をお願いし、虫の息で何とか…というだけのことです。

 祖国日本がロシアに従属的な関係を強いられ、中国のように半植民地化、最悪の場合植民地化の運命を巡るのを防ぐ為、当時必死に戦争に勝とうして尽力した政治家、懸命に戦った偉大な明治の将兵達に対して「イギリスの番犬」程度の認識しか持っていないあなたの貧困な感情に同情する。
 そもそも国際関係においては自国の利益になることならなんでもするべきで、相手を自分の手のひらで躍らせたり、時には相手の手のひらで踊らされて「イギリスの番犬」になってでも勝利を掴むのは当たり前。ロシアに勝つ為には列強の支援でもなんでも利用するだけ利用するのが当然だ。それを「イギリスの番犬」と明治の先傑達を貶めるのは売国奴である証拠だ。
 当時の列強と比べ弱体であった日本がロシアに全国力を注いで勝利したのを(笑)とするのは馬鹿だなあと思うしかない。
当時の日本の目的はロシアに勝利し朝鮮からロシアの影響を排除することで、開戦の結果ロシアは敗戦しそれは成功したので、この戦争は目的を達成できた意義のある戦争だったのである。日本が戦争目的の達成ができなかったら(笑)も分かるが、達成したのに(笑)をつけるということはやはり事実認識ができない愚者だと改めて認識させられる。

>>以上が厳然たる現実です。
 それを美化する「坂の上の雲」が「国粋ドラマ」であるという事実は否定できません。

分かった、あなたの論理からは、中国は同情の余地がない非情の国であることが導き出されることや、日清戦争がロシアに対する防衛ではないという事実は厳然たる事実だ、あなたは正しい。否定できない。

また「坂の上の雲」は「国粋ドラマ」であるということだがその通り。「国粋」とは自国の素晴らしい点を称えることなのだから、ただし坂の上の雲はたかしのいう「かなり露骨な国粋ドラマ」ではない。日本が当時中朝両国に対して進出したことへの批判もドラマには描かれている。当時の日本を肯定すると共に、その問題点も適切に指摘されている。

>>司馬遼太郎は何冊か読んで、その退屈さ、人物描写の平板さ・過度の単純化には辟易しました(後期の「菜の花の沖」あたりになるとだいぶまともになってきていたようですが)。
 それはさておいても、司馬は生前、「坂の上の雲」の映像化を頑なに拒否していたそうですね(笑)。

 小説についての側面からは深く立ち入らないが、退屈さが時代や人物の長い説明からならそれは司馬の歴史を忠実に描くという意図であり、「露骨な国粋小説化」を防ぐ為で、平板さがあるならそれは後半から日露戦争を題材としたあたかも日露戦争が主題の小説となり、主人公の存在が希薄化するその小説としてのバランスの悪さから来ると思う。過度の単純化は何を指すか分からない、まあ深く立ち入ろうと思わないので何でもいいが。
 司馬氏は「戦争賛美の作品と解釈される危惧の可能性から」映像化を拒否したので、そこに留意してドラマでは当時の日本の問題点も同時に取り上げられている。(笑)とは何がおかしいか分からないが。

Posted by 反売国 at 2010年08月18日 00:58
>>たかしさんを「詐欺師」呼ばわりする前に、たかしさんが「マルクス教」とやらを信仰している根拠を挙げましょう。
 どうせ事実的根拠も科学的根拠もない、「こうであってほしい」なのでしょう(笑)。

たかしによると、資本主義が帝国主義に変容するのは「歴史の必然」である。これはマルクス主義者の基本的理論の一つである。また自身のプロフィールに本田勝一(本「多」勝一のシンパであると自身が嫌うネトウヨに言われた時に否定する為の卑怯な意図的な誤字であろうか)に感銘を受けていると書いている。本多勝一は言うまでもなく朝日新聞の有名な記者で、極左集団が政権を握っていた中国やカンボジアでのルポタージュで、当時の現地で行われていた虐殺や混乱、餓死や強制収容所などを意図的に取り上げず、現地での政策、文化大革命などを好意的に取り上げていた。このような人物を評価するということはマルクス主義を信奉していると考えることができる。
Posted by 反売国 at 2010年08月18日 01:22
>>「歴史の必然」は客観的事実により裏付けられています。あの時代、資本主義が高度化した国はほぼ例外なく帝国主義への道を歩んでいます。「論より証拠」です。
 明白な事実的根拠がある以上、重ねて「科学的根拠」など不要です。

 まず事実的証拠に何よりも重きを置いているが、そもそもそれが単なる「事例証拠」の言い換えということに愚かにも気づいていない。つまりそれには科学的、論理的な証拠がなく客観性に問題があるのにも関らず「事実的証拠」なる「事例証拠」を用いて、あたかもそれが絶対的証拠であると嘯いている。
 またたかし本人が「『歴史の必然』を科学的に描くことをせず」と述べ、「歴史の必然」への科学的根拠があることを示唆しているのに、科学的根拠が不要ということは、たかしの示唆する「『歴史の必然』の科学的根拠」をあなたも否定しているということとなる。それならば私もあなたの意見に賛成だ。

>>考え方は違えど同じ日本国民、つまり同胞であるたかしさんに対し「死ね」と言って憚らないあなたが、「愛国者」を気取るとは自己矛盾だとは思いませんか?ああ、思いませんか。頭が悪いって大変ですねえ。

思わないがなにか。日本は言論の自由が保障されている民主主義国家であるのでたかしが何をほざいても、あなたが何をほざいても許されるし、本当に死ねとは思わない。もっとも、死んでも問題ないが。
考え方は違えど同じ日本国民、つまり同胞にたいし「死ね」と言って憚らない⇒「愛国者」を気取るとは自己矛盾、というのは、日本国民である警察官が同じく日本国民である犯罪者を逮捕するのが同胞(犯罪者が=同胞かはまあ知らんが、同胞=同国民とここでは定義されているので)に背く行為であるという論理構造と同様である。全体を守るため、社会で犯罪が発生するのを防ぐ為一部の犯人を逮捕するのは当然である。つまり「同じ日本国民、つまり同胞」に対して批判をするのは悪いことであるというこの問題における条件設定はそもそも間違っている。
 すくなくとも私の視点からは、たかしmebarun両人がネット上で嘘八百を並べ立てるあたかもここでいう「一部の犯人」、糞の塊にしか見えないので、両氏の誤りという社会悪を排除する為に批判目的で死ねということは許される。
 死ねといったことをいくら批判してもらっても良い。常識的に本当ならば使うことを許されない口汚いことばであるから。たかしがプロフィールでウヨクに対して「ネトウヨと称される人種の程度の低さ」と称したり、右翼を「バカウヨ」と称したことや、あなたが私に対し「頭が悪い」と罵倒したのと同様に。
 私が頭が悪いのは認める。自分でも頭がよいとは思わない。なぜなら人生の中で今まで一度も「日清戦争の原因はロシアに対する防衛である」といった飛躍した・・・、いや「想像力豊かな」発想をしたことがないからである。
Posted by 反売国 at 2010年08月18日 02:36
>>うー

>当時の国を想い大国ロシアに悠然と立ち向かった祖先への尊敬は日本人ならば自然と抱くもので、

ハァ?オマエ何様?
日本国民のためにオマエが何してくれたっつーの?なんでオマエにたかし氏の生死をどうこう言う資格あんの?
オマエごときに日本人かくあるべしなんぞ言われる筋合いはねーよヴァーカ(藁
自分と「栄光ある大日本帝国」とを重ね合わせて自分が偉いかのような錯覚に陥り居丈高な言動。これこそバカウヨクオリティ(藁

 引用してもその主張の何処に問題点があるか指摘せず個人攻撃に終始しても意味ないことに気づかぬ愚鈍。オマエごときにヴァーか(藁、といわれるような筋合いはない。死ね
 わたしがいつ「栄光ある大日本帝国」と自分とを重ね合わせて自分が偉いかのような錯覚に陥り居丈高な言動をしたかがわからない、まー程度の低い個人攻撃なんだけれども
 私の主張がバカウヨクオリティ(藁、ならこの主張はそれ以下の「クソばかしネクオリティ(馬鹿死藁」、たかしズム住民のたかしを中心とする馬鹿な集団の馬鹿さを表す、とでもいいたい。
Posted by 反売国 at 2010年08月18日 02:50
 引用してもその主張の何処に問題点があるか指摘せず個人攻撃に終始しても意味ないことに気づかぬ愚鈍な反売国ごときにヴァーかに、といわれるような筋合いはない。笑え!
 反売国は「マヌケな大日本帝国」と自分とを重ね合わせて自分が偉いかのような錯覚に陥り居丈高な言動をしまくりましたが、鶏頭なので3歩歩くと忘れてしまいわからない、まー程度の低い個人攻撃なんだけれども
 反売国の主張がバカウヨクオリティ(藁、ならこの主張はそれ以上の「バカウヨお笑いクオリティ」、反売国 住民の反売国 を中心とする馬鹿な集団の馬鹿さを表す、とでもいいたい。

お盆休み明けは「反売国」のような思考が不自由な方が大量発生しますね。
Posted by あるふぁ at 2010年08月18日 17:32
>>反売国

必死杉ワロス(藁
Posted by うー at 2010年08月19日 09:37
>>思考停止してまともな反論すらできないのはクソばかしネクオリティ全開だな、思考する術を持たない者に「思考に不自由」とは言われたくないね、たかし達といっしょに首くくって死ね。
Posted by 反売国 at 2010年08月19日 10:27
>>うー
もーオマエみたいなくされ脳みそはこの板で相手しないんだが、一つだけおまえのこれからの人生を考えて忠告してやる。最後だからよく聞けよ










死ね(笑
Posted by 反売国 at 2010年08月19日 10:48
何か醜いよね。反売国さん。

よく人に対して死ねとか軽々しく言うよね。命の重みとか考えたことないんだろうな。考えたとしても形ばっかりなんだろうな。

これだからネトウヨは。

「つまらん お前の話はつまらん! …つまらん」ちょっと古い殺虫剤のCM風に言ってみました。
Posted by 沖波路順風こと販売國 at 2010年08月19日 13:46
沖波路順風こと販売國さん、
当ブログの規則をお読み願います。マルチハンドルは禁止です。「固定ハンドル」のみ使用してください。当コメント欄にてご訂正願います。ご訂正なき時は「出入り禁止」処分とさせていただきます。
Posted by たかし at 2010年08月19日 14:05
たかしさん。

すみません。規定をよく読まず、マルチハンドルの意味を理解しておらず、申し訳ありません。

沖波路順風こと販売國を訂正、取り消し、改めて沖波路順風とさせていただきます。

お手間を取らせて申し訳ありませんでした。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月19日 14:53
>>反売国

>もーオマエみたいなくされ脳みそはこの板で相手しないんだが

くされ脳みそっつーのはだらだらおバカな長話するオマエだよ。てかこれから無視?上等じゃん(藁

>死ね(笑)

結局それ?超ボキャ貧の低脳コメント乙(藁
Posted by うー at 2010年08月20日 06:45
(mebarun)
>>反売国さん

 だらだら長々お疲れ様です。
 ひょっとしてお忘れかも知れませんが(笑)、私の突っ込みの肝はこれでした。
 ↓
>「日清戦争はロシアに対する防衛だった」などと言うならば清から遼東半島を巻き上げたのは筋が通らないし、ロシア・フランス・ドイツに遼東半島を清に返還するように言われたことを「三国干渉」と非難するのもおかしなことです。

 結局あなたは以下のように私の言い分に賛同しちゃってますね。
 ↓
>日清戦争がロシアに対する防衛だった⇒ロシア・フランス・ドイツに遼東半島を清に返還するように言われたことを「三国干渉」と非難するのもおかしなこと、というのは日清戦争がロシアに対する防衛ではなかった点で全くおかしなことである、賛同する。

 つまり、あなた自身が最初のコメントで主張した「日清戦争はロシアに対する防衛だった」というロジックが破綻していることを自らあっさり認めているというわけです。これで十分です。

>あなたが日本の中国への侵略を非難するのは、中国がチベットやトルキスタンに進出し勢力に組み入れ、朝鮮やベトナムの宗主国となり過酷な朝貢を要求した点で、中国が日本と同様にあなたのいう「他の侵略者と同レベルの『侵略者』」であり、中国が、「日本の意図だの『列強』の侵略をどうこう言う資格はない」のであるから、論理的に矛盾していると思う。

 「朝貢が過酷だったから中国も侵略国家だ」と言いたいようですが、朝貢国の負担が仮に過酷だったとしても、「侵略」の意味をそこまで拡大解釈するのはどう見ても無理があります。
 それはさておき。

 いいですか。
 完全にお忘れのようですが(笑)、私はあなたとのやりとりの中で「日本の中国への侵略を非難」などしていません。
 つまり日本の行為が防衛ではなく侵略であるとは指摘しましたが、侵略という行為の「善悪」は問題にしていません。
 繰り返しますが、あなたが中国への侵略を「ロシアへの防衛」にすりかえた美辞麗句をおかしいと言ったまでです。
 あなたが「防衛ではなかった。侵略だった。」と認めた時点で終わりなのです。
 それなのに、あっさり「侵略」だったと認めたうえ、ご丁寧に「侵略は仕方なかった」という開き直りをだらだらと書き連ねて、ご苦労様です。
 よほど「侵略」という言葉に後ろめたさを感じているようですね。
Posted by mebarun at 2010年08月20日 07:58
(mebarun続き)
>>反売国さん

>本多勝一は言うまでもなく朝日新聞の有名な記者で、極左集団が政権を握っていた中国やカンボジアでのルポタージュで、当時の現地で行われていた虐殺や混乱、餓死や強制収容所などを意図的に取り上げず、現地での政策、文化大革命などを好意的に取り上げていた。

 完全な嘘ですね。
 あなたが本多勝一の著作を全く読まず、ウィキペディアや「本多勝一研究会」のサイトのデマを鵜呑みにし、尻馬に乗っていることがよく分かりました(笑)。
 論より証拠。
 氏にはカンボジア大虐殺等クメール・ルージュの蛮行を取りあげた「検証カンボジア大虐殺」という著作がありますね。
 ここの以下の記事のコメント欄のやりとりも参照して下さい。
 http://takashichan.seesaa.net/article/122182063.html#comment
 また、以下のページをご覧ください。
 http://www1.odn.ne.jp/kumasanhouse/movement/sinbun_yomitai/peten01.html

>まず事実的証拠に何よりも重きを置いているが、そもそもそれが単なる「事例証拠」の言い換えということに愚かにも気づいていない。つまりそれには科学的、論理的な証拠がなく客観性に問題があるのにも関らず「事実的証拠」なる「事例証拠」を用いて、あたかもそれが絶対的証拠であると嘯いている。

 あなたが「社会科学」に対する素養を全く欠くということがよく分かりました。
 同じ「科学」の言葉を使っていても、「社会科学」の手法は「自然科学」とは異なります。
 「社会科学」においては事実の集積こそが意味を持ちます。
 「…という事実から〜という経験則が導き出される」ということです。歴史学や社会学といった社会科学における「科学」とは、あくまでデータ(事実)に裏付けられた「経験則」です。
 自然科学での「○○の法則」「××の定理」とは訳が違うのです。

>考え方は違えど同じ日本国民、つまり同胞にたいし「死ね」と言って憚らない⇒「愛国者」を気取るとは自己矛盾、というのは、日本国民である警察官が同じく日本国民である犯罪者を逮捕するのが同胞(犯罪者が=同胞かはまあ知らんが、同胞=同国民とここでは定義されているので)に背く行為であるという論理構造と同様である。全体を守るため、社会で犯罪が発生するのを防ぐ為一部の犯人を逮捕するのは当然である。

 つくづく、比喩というのは論理的思考のできない頭の悪い人の常套手段ですね。
 「死ね」と罵る行為を警察による犯罪者の逮捕に喩えるその脳の構造、精神構造は摩訶不思議としか言いようがありません。
Posted by mebarun at 2010年08月20日 08:00
>>沖波路順風こと販売國
 マルチ乙
Posted by 反売国 at 2010年08月20日 10:39
反売国さん

 あなた、またまた醜態さらしてしましたね(笑)。
うーさんのコメントが本当にそうですし。
 あと、mebarunさんのコメントに反論できないのですかね。
 そして、行きつく先は、失敗した私をバカにする書き込みですね。

 あ〜あ、終わりましたね反売国さん。

 乙いやお疲れ様でした。長々とごくろうさん。

Posted by 沖波路順風 at 2010年08月20日 11:28
あっ、「しまいましたね」が「しましたね」になってる。こりゃぁ、また反売国さんが揚げ足取りするぞ〜(笑)。

 楽しみだなぁ。わざわざ醜態さらけ出してくれるの(笑)。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月20日 11:35
>>沖波路順風氏

>あと、mebarunさんのコメントに反論できないのですかね。

反論考える時間ないがとりあえず何か言い返さずにはいられない、ブザマーな反売国であった(藁
Posted by うー at 2010年08月20日 17:12
反売国クン

君はもうオモチャですから、勝利宣言と共にこのスレから立ち去っては如何?
このブログに出没した名物ネトウヨ数名より遙かに劣るのでツマンナイだよね。
じゃ、反売国クン新天地での活躍を祈りますよ。
Posted by あるふぁ at 2010年08月20日 17:16
>>mebarun

>>反売国さん

 だらだら長々お疲れ様です。

 本当に疲れる、クソばかしネ住人みたいに個人攻撃に終始したり、ろくに根拠も出さずにコメントするわけにもいけないから、本当に骨が折れる。
 この下からは俺がmebarunを相手してやって分かった、丁寧語ときもい(笑)がこの上なくウザイという教訓を踏まえて文を書く。

>>つまり、あなた自身が最初のコメントで主張した「日清戦争はロシアに対する防衛だった」というロジックが破綻していることを自らあっさり認めているというわけです。これで十分です。

私の最初のコメントが何を指すかきちんと提示してください、理解力のない無能さには呆れますね。(笑)

>>「朝貢が過酷だったから中国も侵略国家だ」と言いたいようですが、朝貢国の負担が仮に過酷だったとしても、「侵略」の意味をそこまで拡大解釈するのはどう見ても無理があります。

 ウィキペディアの「清」の項の「清の最盛期」より引用

「康熙帝は、即位後に起こった三藩の乱を鎮圧し、鄭氏の降伏を受け入れて台湾を併合し、清の中国支配を最終的に確立させた。対外的にはロシアとネルチンスク条約を結んで東北地方の国境を確定させ、外モンゴルとチベットを服属させた。

また、この頃東トルキスタンを根拠地としてオイラト系モンゴルのジュンガル部が勃興していたが、康熙帝は外モンゴルに侵入したジュンガル部のガルダンを破った。のち乾隆帝はジュンガル部を滅ぼして東トルキスタンを支配下に置いた。これによって黒竜江(アムール川)から東トルキスタン(新疆)、チベットに及ぶ現代の中国の領土がほぼ確定した。」

 事実的に、直接的な武力による服属の強要を除外しても、清は「康熙帝は外モンゴルに侵入したジュンガル部のガルダンを破り、のち乾隆帝はジュンガル部を滅ぼして東トルキスタンを支配下に置いた。」とあり、外国に侵略をしたことがある。mebarunが最低限の勉強もせずに書き込んでるのがいるのが伺えます。あるいはそれを意図的に隠したんでしょうか(笑)
 また清以前の歴代諸王朝も外国へ侵略しています。元はそれこそ直接的に陳朝に侵攻したり、日本に対して属国高麗軍と共に侵略しているんですが、mebarunは気づいていないようですね(笑)また第一次大戦後、国際法で侵略戦争が違法と規定された後でさえ、中国はベトナムへ侵略し、「日本帝国主義」の被害者、北朝鮮は同国の被害者韓国へ侵略しています。
 また、直接的武力行使ではないにしても過酷な朝貢を課されたベトナム朝鮮両国に、「『朝貢が過酷だったから中国も侵略国家だ』と言いたいようですが、朝貢国の負担が仮に過酷だったとしても、『侵略』の意味をそこまで拡大解釈するのはどう見ても無理があります。それはさておき。」
と、当時の人々の哀れな実情には触れずその話題をそらすのは、道義的観点から許しがたいです。結局「人権」とかを名目的に大事にすることしか考えていないんですね、あーたのむから死んでください(笑)
 mebarunは結局主張から逃げている卑怯者に過ぎないんですよ。その証拠に私のコメントに全て返答してません。馬鹿だから返答できないんですね(笑)正統な左翼なら左翼で、中国が諸外国に侵略してきた帝国主義的侵略国家であることを認めたらどうです、媚中さん(キモ

Posted by 反売国 at 2010年08月21日 01:07
>>いいですか。
 完全にお忘れのようですが(笑)、私はあなたとのやりとりの中で「日本の中国への侵略を非難」などしていません。
 つまり日本の行為が防衛ではなく侵略であるとは指摘しましたが、侵略という行為の「善悪」は問題にしていません。 

最初の主張では
>>「朝鮮中国等と連帯して『列強』つまり鼻持ちならぬ侵略者に対抗するどころか口実を見つけて侵略し、不平等条約を押し付け、植民地化、傀儡国家化しました。
 その時点でロシアと同レベルの『侵略者』であり、ロシアの意図だの『列強』の侵略をどうこう言う資格はありません。」と言っていました。

 この「どうこう言う資格」とは、政治的にか、それとも道義的にか、はっきりしない曖昧な主張ですね。筆者の稚拙さが如実に表れてます。まー馬鹿だからあんまり責めちゃいけませんけど(笑)

>>「つまり日本の行為が防衛ではなく侵略であるとは指摘しましたが、侵略という行為の『善悪』は問題にしていません。」

 つまりこれは、日本の戦争は侵略戦争であるという事実を主張していて、その意義や問題点などの是非は問わないということになりますよね。
 しかし前掲した主張には、
>>「その時点でロシアと同レベルの『侵略者』であり、ロシアの意図だの『列強』の侵略をどうこう言う資格はありません。」
 とあるように、mebarunは、ここでは日本の侵略の是非を論じていたりします。これは侵略の是非を問わないという主張と矛盾してるのに、どーなってるんでしょう(笑)
 結局、mebarunの主張は行き当たりばったりで一貫性がなく、書き込みは自分の思想の正当化の手段に過ぎないのです。

>>繰り返しますが、あなたが中国への侵略を「ロシアへの防衛」にすりかえた美辞麗句をおかしいと言ったまでです。

 私の主張では、問題点は朝鮮中国を植民地化/半植民地化したことである。と適切に指摘しているんですけど。馬鹿なんだから人一倍私の主張に目を通さないと見落としますよ(笑)、事物の評価を、意義と問題点両側面にわけて行うことのできない人と議論しても無意味なのですよね。(笑)

>>あなたが「防衛ではなかった。侵略だった。」と認めた時点で終わりなのです。

 そもそもこの議論は私からはじめたのでかってに私の設定した問題をすりかえないでくださいね、詐欺師さん(笑)大まかに言うと、「日露戦争はたかしの言うような一方的な侵略戦争か」ということであり、「この戦争は防衛か侵略かどちらであるか」ということなんですが。勝手に自分がさも問題提起したような態度をとり「終わり」と勝手に議論を終わらせるつもりらしいですが。(笑)
 
>>それなのに、あっさり「侵略」だったと認めたうえ、ご丁寧に「侵略は仕方なかった」という開き直りをだらだらと書き連ねて、ご苦労様です。
 よほど「侵略」という言葉に後ろめたさを感じているようですね。

「侵略」とはそもそも攻撃側に非があるという立場で、客観的立場に立つならば「進出」の語を使うべきです。
 「開き直り」というのはmebarunのように、防衛か侵略かという極論しかできない人(馬鹿)にはそう見えるのかも。その証拠に私が「進出の側面がある」と認めた途端、鬼の首をとったように「侵略を認めたぞー、議論は終了だ!!」と騒ぎたてます(笑)ウざいんですけど
 精緻な議論を行うより、自分の主張を強引に正当化して私を言いくるめて満足な器の小さい人物ですね。

mebarun

>>本多勝一は言うまでもなく朝日新聞の有名な記者で、極左集団が政権を握っていた中国やカンボジアでのルポタージュで、当時の現地で行われていた虐殺や混乱、餓死や強制収容所などを意図的に取り上げず、現地での政策、文化大革命などを好意的に取り上げていた。

>>完全な嘘ですね。
 あなたが本多勝一の著作を全く読まず、ウィキペディアや「本多勝一研究会」のサイトのデマを鵜呑みにし、尻馬に乗っていることがよく分かりました(笑)。
 論より証拠。
 氏にはカンボジア大虐殺等クメール・ルージュの蛮行を取りあげた「検証カンボジア大虐殺」という著作がありますね。
 ここの以下の記事のコメント欄のやりとりも参照して下さい。
 http://takashichan.seesaa.net/article/122182063.html#comment
 また、以下のページをご覧ください。
 http://www1.odn.ne.jp/kumasanhouse/movement/sinbun_yomitai/peten01.html

 なるほど、全て読んであげました。思っていたより皆博学ですね、(うーとかあるふぁは相変わらずほとんど荒らしまがいのことしかしてないですけど(笑))とくにたかしの文章構築力、文章理解力は高くて、ある程度説得力のある考え、議題のずれた論点を的確に指摘する能力は賞賛に値すべきかもしれませんね。作文の技術だっけ、それで勉強したりしたんでしょうね。ある程度人文主義的な素養を持っていることが伺えて、その能力は私以上でしょう。私は英数社を武器に大学に入りましたからね、解釈や要旨をつかむ国語は苦手ですので。
 また、あくまで印象論ですが、たかしは急進派と反共社会主義(社会主義インターナショナル加盟政党っぽい感じ)の中間ってくらいですかね、社会主義思想の素晴らしさを肯定する一方、イチローのもたらす健全なナショナリズムなるものは否定せず、宗教にもある程度意義を認め、現実の共産主義国を象徴するような毛沢東を批判しているのですから。日露戦争にかんする見方は国辱ものですが。
 本多勝一が共産カンボジアの実態を隠匿したかどうかついては、とりあえずここで示されたソースが完全に正しいなら否定されるものでしょう。とりあえずここは自分の主張があまり妥当性がない可能性を認めといてあげます。なにかソースに間違いがありそうですが、面倒で時間もないので検証しません。日露戦争関連のことだけたくさん相手してあげます。そのかわり本多勝一の虐殺肯定疑惑は言及しないであげましょう。
 ただ、私は本多勝一の自分の著書の明記無しの書き換えには辟易します。思想とか主義ではなく、直接的に本多が嫌いですね。
 それと、私はあなたたちクソばかしネ集団(笑)と違ってあんまり暇じゃないんで、あなたたちにかまってやれないから日露戦争という本筋のこと以外あんまりリンク張らないでくださいね。今回は許してやりますが。それこそ大陸に進出して戦線を拡大しすぎた日本みたいにパンクしちゃいます。
 もともと自分がこのサイトにカキコしたのもここが「坂の上の雲 右翼」で検索した時一番にひっかかったのが直接的契機です。愛国心を持つものの知識がなく、あまり判断力のない人が、ともすればブサヨ(mebarunとかうーとかあるふぁとか販売国(笑)みたいな)になったり、自分の持つ日露戦争の英雄への漠然とした敬意と、ブサヨの理論が衝突して混乱してはいけないので、最終的な判断はこれを見ている人にしてもらうものの、当時の日本へ肯定的評価をする一意見として割合妥当なものをバカシ集団においていたら、その人も割と妥当な線の結論を得る、少なくとも典型的左翼の主張が妥当ではないだろう、という程度の見識が得られるだろうと思いここにそういう人達のために読んでもらう為に書き込みました。だからそれ以外の議題に関与してやる気はないんで身の程をわきまえてね(笑)

>>あなたが「社会科学」に対する素養を全く欠くということがよく分かりました。
 同じ「科学」の言葉を使っていても、「社会科学」の手法は「自然科学」とは異なります。
 「社会科学」においては事実の集積こそが意味を持ちます。
 「…という事実から〜という経験則が導き出される」ということです。歴史学や社会学といった社会科学における「科学」とは、あくまでデータ(事実)に裏付けられた「経験則」です。
 自然科学での「○○の法則」「××の定理」とは訳が違うのです。

mebarunの主張の引用
>>歴史の必然」は客観的事実により裏付けられています。あの時代、資本主義が高度化した国はほぼ例外なく帝国主義への道を歩んでいます。「論より証拠」です。
 明白な事実的根拠がある以上、重ねて「科学的根拠」など不要です。

 そうですね〜、いくら社会科学が経験則を重視するといっても「科学的根拠」、つまりその反証可能性を否定する人よりも社会学的素養がないなんて傷つきました〜、謝罪してくださ〜い。

>>つくづく、比喩というのは論理的思考のできない頭の悪い人の常套手段ですね。
 「死ね」と罵る行為を警察による犯罪者の逮捕に喩えるその脳の構造、精神構造は摩訶不思議としか言いようがありません。

 すいません、あなたには具体的に言わないとバカ(笑)だから伝わらないと思いまして、私の気遣い気に入りませんでしたか〜。
 では、「社会において、その構成員である一部がその社会における道徳的な規範から逸脱した行為を
した場合、社会はその者を実社会から排除するのは当然であり、社会が一部を裏切ったのではなく、むしろ一部が社会を裏切ったのである。」とでもしときます。

あと、私の主張に反論していない箇所がゴマンとありますが、その部分についてはあなたは納得したということですよね〜?反論はせず逃げるけど、お前は間違っているなんて言わないでくださいよ(笑)
Posted by 反売国 at 2010年08月21日 01:08
順風のひとりごと、

おらぁ、頭弱いから、なんか長々と書かれて訳わかんないなぁ。

でも、少しだけ解った。反売国さんは常に上から目線。そして、他人に対してバカにした発言をしていることが。

ああ、みじめみじめ。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月21日 02:01
>>販売國

 マルチお疲れ様です(笑)そんなにあいてしてもらいたいならとりあえず、日露戦争についての私の考えにでもまともな意見を表明してくださいね。バカで無理なら謝罪して二度と現れないでください。

>>あるふぁ
 あなたもマルチくんと一緒に日露戦争についての私の考えになんか意見いってね、いわないんだったらどっかいってくださ〜い、じゃまだから。

>>うー
 もはやコメントはしないといったが、こいつのコメントに少々目に余る箇所があったので指摘しておく。

 2010年05月12日の記事、「差別について」の、 2010年06月23日12:05での本間康二氏のコメント
 そこで最後の結論になります。
 差別語をなくすたった一つの方法。それは差別語が差別語として機能しなくなる風潮を作ることである。
 では、誰がそれをやるか。
 差別される本人が、それぞれの分野で差別語を連発し、茶化し、笑い飛ばし、差別語なんか言われたってへっちゃらだよという意思表示を公然、かつ大規模に展開することである。
 そこでの大原則は、いかにその種の友だちがいようと、身内がいようと、自分以外の差別語は決して言ってはならないこと。それをめいめいが守って差別語大連呼をつづけていけばいいのである。
 それができるかできないか、その一事に差別語の盛衰はかかっていると、わたしは断言したい。

 この記事においてうーはコメントをしたのだから最低限記事に目を通して、そして反対意見があるなら書き込むくらいはするべきだ。そして反対しないということはある程度納得したと見る。私も障碍者(本来なら「障碍者」の表記が適切であるので)の方が自分で自分に「差別用語」を使うのは「差別」には当たらないと思う。ただ障碍者の方に他人が蔑称として使うのは「差別」にあたる。差別とは特定の人々を不当に扱うことだからだ。障碍者の方も同じ人間で、彼等の人権を認めないことは、自分の人権を認めないことにもつながりかねない危険な排外思想だ。彼等には、人間的な感情があり、精神障碍者


2009年06月09日作成の記事、
お 願 い(初めて「たかしズム」においでのネトウヨさんへ)より

>mebarunさんもネトウヨを人と認めてないらしいですし、障害者差別と同レベルでしょ?
------------------------------------------------------------------

k1_maebaraさんはご自分の意思でネトウヨになられたわけですよね?つまりなるまいと思えば別にネトウヨにならない生き方も選べたわけだ。なのに数ある選択肢の中から寄りにも寄ってネトウヨになる、という生き方をあなたは選ばれた。そうやって自発的に、信念を持って馬鹿の道を選ばれたあなたのような人を「差別」することが「障害者差別と同レベル」などということはありえないとこの際申し上げておきましょう。そのように自ら進んでネトウヨになるような人のことを「本質的な馬鹿」と申します。

moonlight_sunlightはmoonlight_sunlightで、めばるん氏がネトウヨの人権を剥奪したなどと、突拍子もないことを言って騒ぎ立てる。

いいですか?
障害者になりたくて生まれてくる人間はいません。そして自らの国籍を選べる人間もいません。思想は選べます(尤もネトウヨは思想などと呼べるような代物ではないが)。問題はその「思想」が反社会的かどうかだけです。私たちはネトウヨを反社会的なものと見做しています。例えばあなたも例えば共産党あたりを「反社会的」と思ってらっしゃるのではないですか?それはご自由です。



Posted by 反売国 at 2010年08月21日 02:10
>>販売國

 マルチお疲れ様です(笑)そんなにあいてしてもらいたいならとりあえず、日露戦争についての私の考えにでもまともな意見を表明してくださいね。バカで無理なら謝罪して二度と現れないでください。

>>あるふぁ
 あなたもマルチくんと一緒に日露戦争についての私の考えになんか意見いってね、いわないんだったらどっかいってくださ〜い、じゃまだから。

>>うー
 もはやコメントはしないといったが、こいつのコメントに少々目に余る箇所があったので指摘しておく。私が気づくのは少し遅かったのは認める。以下前文掲載

>>反売国

>もーオマエみたいなくされ脳みそはこの板で相手しないんだが

くされ脳みそっつーのはだらだらおバカな長話するオマエだよ。てかこれから無視?上等じゃん(藁

>死ね(笑)

結局それ?超ボキャ貧の低脳コメント乙(藁
Posted by うー at 2010年08月20日 06:45

 2010年05月12日の記事、「差別について」の、 2010年06月23日12:05での本間康二氏のコメント
 そこで最後の結論になります。
 差別語をなくすたった一つの方法。それは差別語が差別語として機能しなくなる風潮を作ることである。
 では、誰がそれをやるか。
 差別される本人が、それぞれの分野で差別語を連発し、茶化し、笑い飛ばし、差別語なんか言われたってへっちゃらだよという意思表示を公然、かつ大規模に展開することである。
 そこでの大原則は、いかにその種の友だちがいようと、身内がいようと、自分以外の差別語は決して言ってはならないこと。それをめいめいが守って差別語大連呼をつづけていけばいいのである。
 それができるかできないか、その一事に差別語の盛衰はかかっていると、わたしは断言したい。

 この記事においてうーはコメントをしたのだから最低限記事に目を通して、そして反対意見があるなら書き込むくらいはするべきだ。そして反対しないということはある程度納得したと見る。私も障碍者(本来なら「障碍者」の表記が適切であるので)の方が自分で自分に「差別用語」を使うのは「差別」には当たらないと思う。その点には賛成だ。ただ障碍者の方に他人が蔑称として使うのは「差別」にあたる。差別とは特定の人々を不当に扱うことだからだ。障碍者の方も同じ人間で、彼等の人権を認めないことは、自分の人権を認めないことにもつながりかねない危険な排外思想だ。彼等には、人間的な感情があり、たとえ精神障碍をわずらいそれが一見見えなかったとしても、それが回復する可能性がある、あるいはないとしても、同じ尊厳のある人間なのだから、彼等を不当に扱うのは人間的ではないと私は思う。自分には取り立てて良い考えがあるわけではないが、その程度の認識はある。


2009年06月09日作成の記事、
お 願 い(初めて「たかしズム」においでのネトウヨさんへ)より

>mebarunさんもネトウヨを人と認めてないらしいですし、障害者差別と同レベルでしょ?
------------------------------------------------------------------

k1_maebaraさんはご自分の意思でネトウヨになられたわけですよね?つまりなるまいと思えば別にネトウヨにならない生き方も選べたわけだ。なのに数ある選択肢の中から寄りにも寄ってネトウヨになる、という生き方をあなたは選ばれた。そうやって自発的に、信念を持って馬鹿の道を選ばれたあなたのような人を「差別」することが「障害者差別と同レベル」などということはありえないとこの際申し上げておきましょう。そのように自ら進んでネトウヨになるような人のことを「本質的な馬鹿」と申します。

moonlight_sunlightはmoonlight_sunlightで、めばるん氏がネトウヨの人権を剥奪したなどと、突拍子もないことを言って騒ぎ立てる。

いいですか?
障害者になりたくて生まれてくる人間はいません。そして自らの国籍を選べる人間もいません。思想は選べます(尤もネトウヨは思想などと呼べるような代物ではないが)。問題はその「思想」が反社会的かどうかだけです。私たちはネトウヨを反社会的なものと見做しています。例えばあなたも例えば共産党あたりを「反社会的」と思ってらっしゃるのではないですか?それはご自由です。

 たかしも明確に、ネトウヨを差別用語ではないとする一方で、障碍者への差別が許されないものであると主張している。

 しかし、うーは「低脳」という差別用語を使っている。そのことについて訂正をしろ。俺が「死ね」という言葉を乱用しているのに言うのは筋違いというかもしれないが、それでも私は差別用語はこれまで避けてきたつもりだ。逆にこの板全体では私も使用しているが、罵声が飛び交うからこそ、そのおとしどころを厳密にしておくのは、最低限の中の最低限の規範として大事だ。
 大げさに主張しすぎだと言うかもしれないが、それでもこの記事では、誰も今まで差別用語を使ってこなかった。その規範を破ったのだからやはり声高に主張させてもらう。
Posted by 反売国 at 2010年08月21日 02:33
2010年08月21日 02:10の投稿は誤投稿につき削除されてもこちらとしては問題ない。
Posted by 反売国 at 2010年08月21日 02:38
反売国さん。


 あなた、言ってはいけないことまた言いましたね。

「差別語をなくすたった一つの方法。それは差別語が差別語として機能しなくなる風潮を作ることである。
 では、誰がそれをやるか。
 差別される本人が、それぞれの分野で差別語を連発し、茶化し、笑い飛ばし、差別語なんか言われたってへっちゃらだよという意思表示を公然、かつ大規模に展開することである。」


 つまり、あなたは差別される被害者自身の問題で、差別発言を言う立場の人間は、一切関係ないしと言ってもいいってことですか?。障害者の方々が、もし、自分の気持ちを発言できなかったりしたらどうしますか?。それから、いじめる人間には責任がなくて、いじめられる側の人間の問題だから、何を言っても良いと肯定するのですか?。

 最初に死を軽々しく言う人だなと思ったけど、あなたの思考はこんなもんですか。自分が悪い立場になったら都合良く理屈こねられますね。

 あなたのバカウヨ的考えは時として人を傷つけますし、危険な方向へ人を煽る。ご都合主義。だから、ネトウヨ・バカウヨをこのページでは徹底攻撃していると思います。
 あなたことさら「死ね」とか言ってますけど、もうすでに、あなたは人に対して差別的発言をしているのですよ。それに対して謝りもせず、差別肯定したり、自分の立場になると差別を否定する。

 このあなたの理屈、撤回してください。

 あなたみたいな考えが世の中まかり通っていたら、この国は荒廃する。他所の国がああだこうだ言っている前に、あなたたちが、世の中を悪くしていることに気づいてください。解らなかったら、もうあなたみたいな人は本当に誰からも相手にされませんよ。

Posted by 沖波路順風 at 2010年08月21日 02:49
追伸 反売国へ(敬称略というか、もう呼び捨てにすします)

私は、あんたが人に対して「死ね」とか書きこんでいるから、そこを攻撃てるの。

日露戦争については、あんたと反対の考えだといっておくよ。是々非々で言うべきだけど、あんたと同じ立場ならヘドが出る。


ゆっくり寝ないでネットライフ楽しんでください。おつかれさん。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月21日 03:04
>反日売国奴の反売国クン

反売国クン、あなたはバカなネトウヨと一緒で日露戦争についての妄言なんか吐いてないで事実に照らし合わせた意見いってね、いわないんだったらどっかいってくださ〜い、じゃまだから。

反日売国奴の反売国クン 君はバカとして扱われているのだからマジメに相手されるわけないでしょ。
さっさと勝利宣言だせば?

ついでに
>本当に疲れる、クソばかしネ住人みたいに個人攻撃に終始したり、ろくに根拠も出さずにコメントするわけにもいけないから、本当に骨が折れる。

クソばかしネ住人←これ日本語に訳してネ!
Posted by あるふぁ at 2010年08月21日 11:00
訂正
 
 2010年08月21日 01:08に投稿した、

 
>>あなたが「防衛ではなかった。侵略だった。」と認めた時点で終わりなのです。

 そもそもこの議論は私からはじめたのでかってに私の設定した問題をすりかえないでくださいね、詐欺師さん(笑)大まかに言うと、「日露戦争はたかしの言うような一方的な侵略戦争か」ということであり、「この戦争は防衛か侵略かどちらであるか」ということなんですが。勝手に自分がさも問題提起したような態度をとり「終わり」と勝手に議論を終わらせるつもりらしいですが。(笑)

の項目の、
 大まかに言うと、「日露戦争はたかしの言うような一方的な侵略戦争か」ということであり、「この戦争は防衛か侵略かどちらであるか」ということなんですが。
は、
 大まかに言うと、「日露戦争はたかしの言うような一方的な侵略戦争か」ということであり、「この戦争は防衛か侵略かどっちなのか」というどちらか一方を断定するようなものではないのですが。

としたかった。これについて読み間違えた上で批判をした人には、私は批判を加えない。また、できれば再度、正しい差し替えに対して意見をしてほしい。もちろんそれについては議論をするが。
Posted by 反売国 at 2010年08月22日 16:40
>>沖波路順風

>>あなた、言ってはいけないことまた言いましたね。

 「言ってはいけないこと」とは、どの発言を指すか掲示を求める。

>>つまり、あなたは差別される被害者自身の問題で、差別発言を言う立場の人間は、一切関係ないしと言ってもいいってことですか?。

 おまえが、「つまり」で要約した私の意見が何をさすか掲示を求める。

>>障害者の方々が、もし、自分の気持ちを発言できなかったりしたらどうしますか?。それから、いじめる人間には責任がなくて、いじめられる側の人間の問題だから、何を言っても良いと肯定するのですか?。

 前者は問題であるからもちろん反対をする。
後者についてはどの発言を根拠に私がそれを肯定したのか掲示を求める。

>>最初に死を軽々しく言う人だなと思ったけど、あなたの思考はこんなもんですか。自分が悪い立場になったら都合良く理屈こねられますね。

 では、mebarunやあるふぁ、うーやお前が私に浴びせた「バカ」や「みじめみじめ」、「ヴァーカ(藁」や「ブザマ」、といった罵声と、(もちろん「低脳」はこれとは別次元の差別発言)「死ね」という罵声の違いを求める。
 また、「死を軽々しく言う人だな」という発言の根拠を求める。「死ね」といっても本当にその人は死ぬわけではない。ちなみ私は死刑制度反対派だ。その点でわたしはたかしより自由主義的といえる。
 また、たかしの論理でもそれは言及されている。要約すると、「剥奪の実現性がなく、かつ相手に対する狭義の差別(低脳など)に当たらない、またはそれが相手に該当せずともその使用で差別を助長するような用語でない侮蔑的な用語は、使用しても問題ない」となっている。以下再び、たかしズム内の「お願い」より引用、ただし一部省略した箇所あり

2.「外国人差別」「障害者差別」「女性差別」をするネトウヨを批判するたかしさんは、自分でも「ネトウヨ」を差別しているじゃないか?などとおっしゃるネトウヨさんへ

<要旨>

「ネトウヨ呼ばわり」に対して、見当違いの「差別」糾弾を始めるk1_maebara

------------------------------------------------------------------
>mebarunさんもネトウヨを人と認めてないらしいですし、障害者差別と同レベルでしょ?
------------------------------------------------------------------

k1_maebaraさんはご自分の意思でネトウヨになられたわけですよね?つまりなるまいと思えば別にネトウヨにならない生き方も選べたわけだ。そうやって自発的に、信念を持って馬鹿の道を選ばれたあなたのような人を「差別」することが「障害者差別と同レベル」などということはありえないとこの際申し上げておきましょう。

moonlight_sunlightはmoonlight_sunlightで、めばるん氏がネトウヨの人権を剥奪したなどと、突拍子もないことを言って騒ぎ立てる。

障害者になりたくて生まれてくる人間はいません。そして自らの国籍を選べる人間もいません。思想は選べます。

しかしmoonlight_sunlightさん、たとえめばるんさんが「ネトウヨの人権なんか認めなくともよい」と言ったとしても別にあなたの人権が本当に剥奪されるわけでもなんでもないですよね?あなたが今行なっているめばるんさん批判は単なる揚げ足取りですよ。失礼だがめばるんさんごときが「ネトウヨに人権なんかねえ!」といくら叫んだところであなたの人権なんかなくなりゃしません。

そのようなわけで私もめばるんさんも本当にあなたの人権がなくなりゃいいなどとは全然思っちゃいないし、現実にそんなことは不可能だ。しかし障害者や外国人は現実に今この時人権をないがしろにされている。そういうことと「ネトウヨの人権」が次元の違うものであることはご理解ください。もう言葉の遊びはこれでおしまいにしませんか?

 つまり、おまえはたかしの言う「単なる揚げ足取り」という「言葉の遊び」をおこなっているのだ。
 
 再度たかしの言葉を引用しておこう。
「もう言葉の遊びはこれでおしまいにしませんか?」
  
 私はいわばたかしを自分の主張の補強として用いているわけだが、たとえ私の主張がたかしの主張に合致していても、おまえがそれに批判を加えるのは問題あるまい。批判をお待ちしている。

>>あなたのバカウヨ的考えは時として人を傷つけますし、危険な方向へ人を煽る。ご都合主義。だから、ネトウヨ・バカウヨをこのページでは徹底攻撃していると思います。

 バカウヨ的考えとは何か、またそれが時として人を傷つけるのはどうしてか、説明を求める。

>>あなたことさら「死ね」とか言ってますけど、もうすでに、あなたは人に対して差別的発言をしているのですよ。

 死ねというのは狭義的には差別的発言ではない。ただし、広義的には該当すると考える。「差別」は狭義的、つまり一般的には、ある人の生まれながらの条件に対して不当な扱いをすることである。広義的には差をつけて批判することであるから、「馬鹿」や「みじめみじめ」同様、差別発言であるといえる。
 もし広義的な差別発言を批判するなら、まず自分から使用したことへの反省の態度をこの場で示し、その後「馬鹿」や「ブザマ」といったあるふぁーやうー諸愚に対しても批判を加えるべきだ。

>>それに対して謝りもせず、差別肯定したり、自分の立場になると差別を否定する。

 前者についてはまず自分から私に謝罪するのを要求する。また後者については、前述の通り「死ね」は差別的発言ではないし、私はそれが自分の立場でなくとも、狭義の差別は否定されるべきだと考える。

>>このあなたの理屈、撤回してください。

 「このあなたの理屈」とは何を指すか掲示しろ。


>>あなたみたいな考えが世の中まかり通っていたら、この国は荒廃する。

 まず私の考えがどのようなものか提示した上で、それが何故この国の荒廃の原因となるのか説明しろ。

>>他所の国がああだこうだ言っている前に、あなたたちが、世の中を悪くしていることに気づいてください。解らなかったら、もうあなたみたいな人は本当に誰からも相手にされませんよ。

 根拠のない中傷に過ぎない。そのような中傷を行う者に世の中を悪くしているといわれる筋合いはない。

>>追伸 反売国へ(敬称略というか、もう呼び捨てにすします)

私は、あんたが人に対して「死ね」とか書きこんでいるから、そこを攻撃てるの。

前述の通り、「死ね」は差別用語ではない。

>>日露戦争については、あんたと反対の考えだといっておくよ。是々非々で言うべきだけど、あんたと同じ立場ならヘドが出る。

 反対の考えなら、重ね重ねいうがその根拠を掲示しろ。反対の為の反対に価値など無い。同じ立場ならヘドが出るのは私も同じだ。

>>ゆっくり寝ないでネットライフ楽しんでください。おつかれさん。

 残念ながら投稿後すぐ寝たんで、残念だね。

 結局、沖波路順風の主張は根拠を欠いたまるで説得力のないものであった。
 また、その発言には、たかしズム内の、2009年05月05日投稿の「一発コメント」という記事でネトウヨがすると指摘されている、「思わせぶり」「意味深」な発言が多い。 2010年08月19日 13:46投稿の記事内の「『つまらん お前の話はつまらん! …つまらん』ちょっと古い殺虫剤のCM風に言ってみました。」のような。
 そして、「低脳」という、うーの問題発言にはなんら触れずに、私の発言のみ一方的に批判する恣意的な態度が見られる。沖波路順風は、自分の立場によって発言を変えるご都合主義的な人間に思える。
 
 しかし、私はあえてそのような立場をとらない。何故なら、うーやあるふぁと比べいくらか発言を思考した上で行い(前者二人は多分していない)、たかしやmebarunのようにある程度論理的思考が成熟して、いくらかましな議論ができる上で売国的左翼となっているわけでもなく、沖波路順風はそもそもブログ内で討論ができるほどの文章読解力、構築力がないと見受けられるからだ。それらのことより、お前は他の連中と違い、軌道修正が効くと考える。うーの「低脳発言」への無視は、若気の至りだったとあえて考える。
 
 だからとりあえず「右翼=ネトウヨ」の様な極端で未熟な考えがあるのだったら、その間違いを改め、せめて、「ネトウヨ=粗野な極右」、「谷垣=前者に比べ知的な中道右派」という程度の常識的な知識を蓄えるべきだ。
 
 たかしズムは全体的には、極左とは言えず、経済、文化、社会への考えはむしろ中道左派的であるといえるかもしれない。
 しかし反面、当記事における、「侵略戦争(日露戦争)を「美化」し正当化」、「資本主義は帝国主義に変容する」、のようなともすれば極左のするような主張を行うように、政治的には左に偏った主張を行うことが多い。だから視野を広げる為に、当ブログに加え、中道右派的なブログも閲覧すべきだ。
 
 何も右派になれとか、もちろん「ネトウヨ」になれとは言わないし、「左派」になっても良い。ただし、ある程度分別がついた上で、極左となるのは極右となるのと同様だと忠告しておく。

 最後に一つこの記事全体のバカシ達に。うーの主張は許されないはずなのに、それを指摘しないのは、沖波路順風だけでなく、全員クソバかしネクオリティー全開だ。
Posted by 反売国 at 2010年08月22日 18:54
反売国へ。


あんた、もう文章というか説明というか論理展開が支離滅裂なんだよ。じゃあ、あんたが上にこう書いた、『>>つまり、あなたは差別される被害者自身の問題で、差別発言を言う立場の人間は、一切関係ないしと言ってもいいってことですか?。

 おまえが、「つまり」で要約した私の意見が何をさすか掲示を求める』


って、書いてるけど、前に本間氏が言った言葉を引用しているよね。引用しているってことは、それをあなたも考えているってことだよね?。だから、その点を要約したの。それでもわからない?。
 そして、引用の後にそれを否定する全く違うベクトルを持った文を書いたから、あんたに対してご都合主義って言ったわけよ。長々と、差別肯定論唱えたあとでやっと否定論唱えたよね。解りにくいよ。というよりも、差別否定するなら、最初っから否定してればいいんだよ。
 逆にあんたがご都合主義的って言ったけど、言ってる意味も解らず使ってない?。あんたのこれまでのコメント見てたら、そういう感じに見えたよ。

 あんたと他の人のコメントのやり取り見て、あんたの説明って説明になってないんだよ!。その時点で、あんたの主張は主張じゃなくなっているんだよね。文章読解力がどうたらこうたら言ってる前に、あんたの表現能力を勉強し直した方がいいよ。それとも、訳わかんないこと言って煙に巻くの?。

 だから「つまらん」のよ。ハッキリ言って。


 あと、正直言って、ものすごく怒ってるんだけど。出るとこ出られたら話つけようか?。こっちは匿名だからって、人を傷つける発言許したくはないんだよ。実名・住所上げてもいいんだよ?。あんたが「死ね」とか最初にコメントした時点で使ってるよ。それに対して、あんた、うーさんが「低脳」というなら、「それは謝ってください」って言うべきなんじゃないの?。そうしなくて、「死ね」って言ったりして。ハッキリ言って、大人じゃないよ。あんたが「死ね」とか軽々しく言うから、こっちはそれをつついたんだよ。
 死ねが差別用語でない?。あんたが表面的にずっととらえている思考だと過去のコメント見て思ったけど、「死ね」って言われた側の気持ちとか考えたことないでしょ、あんた。その言葉や文字に、人を傷つけるものがあるって言いたいから差別表現って言ったの。余談だけど、僕は、ネット始めて15年たったけど、ネットの道徳が乱れたのは、あんたみたいに軽々しく「死ね」っていうこと使う奴らが増殖したんだよね。相手の気遣い考えていたら、こんな非情な、人を傷つける言葉というか表現はでないよ。人に「死ね」は言うなよ!

 まずは、「死ね」の発言に対して謝りな。そして、その上で「低能」発言に対する謝りを求めな。

 僕からみればあんたは、やりたくはないけどあえて単純な分別をやれば右翼なんだよね。僕は右、左なくって考えでいきたいって思ってる。そんなことをしてたら、これまでの政治などでの不毛な、非建設的な対立になって、全然前に進まないから。でもネトバカウヨたちは、何かあれば単純にカテゴライズしている。
 あんた、「右翼=ネトウヨ」から始まる分類の否定をしてるよね。じゃあ、過去の歴史において、戦争を否定するのは左翼って分類する考えも止めようよ。言ってることに矛盾するから。

 何にしても、美化される戦争なんてないんだよ。日清・日露の戦争だって戦没者がいらっしゃるわけだよ。全体主義の考えの中で、死にたくなくても戦争に行かざるをえない状態だったんだよ。今は良くも悪くも個人主義だから、いろいろな考え方ができる。でも、人の命を軽々しく言うような考え方は止めなよ。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月22日 21:22
>>沖波路順風

 とりあえず落ち着け、そしてまず自分の意見を言う前に他人の主張について検討し、賛成、反論を行ったほうが良い。そのほうが相手との議論は円滑にいくだろうし、なにより議論を行うと言う点での礼儀ではないだろうか?

 あと、なんだか分からないが、とりあえず爆発しそうな感情は伝わったとはいっておく。
Posted by 反売国 at 2010年08月22日 22:46
>>反日売国奴の反売国クン

>結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08

君は登場時に暴言を吐くから、バカとして相手されるのだよ。だいたいバカに意見言うのは無駄ですからね。

「谷垣=前者に比べ知的な中道右派」自民党が中道か笑わせるな。中道政党をかつて名乗ってたのは公明党で自民は保守、右翼はその外側だ。
Posted by あるふぁ at 2010年08月22日 22:50
>>沖波路順風
 
 とりあえず性急な回答は求めない。というかやめてくれ、俺もしんどいし、俺的には三日後にコメントしたい気分だ。
Posted by 反売国 at 2010年08月22日 23:01
>>あるふぁ
 
 お前しかいないの、なんか役者不足だな。ログ見たらなんか実は前も投稿してたみたいだからそれも含めて返す。

>反日売国奴の反売国クン

反売国クン、あなたはバカなネトウヨと一緒で日露戦争についての妄言なんか吐いてないで事実に照らし合わせた意見いってね、いわないんだったらどっかいってくださ〜い、じゃまだから。

 私の主張がネトウヨ同様の日露戦争についての妄言に過ぎない理由を掲示しろ。

>>反日売国奴の反売国クン 君はバカとして扱われているのだからマジメに相手されるわけないでしょ。
さっさと勝利宣言だせば?

 自分がかなわない相手に対しては逃げ腰なのか卑怯者

>>ついでに
>本当に疲れる、クソばかしネ住人みたいに個人攻撃に終始したり、ろくに根拠も出さずにコメントするわけにもいけないから、本当に骨が折れる。

クソばかしネ住人←これ日本語に訳してネ!

「クソばかしネクオリティ(馬鹿死藁」、たかしズム住民のたかしを中心とする馬鹿な集団の馬鹿さを表す

このクオリティを持つ集団のことを指す。もっというと、ツートップはうーとお前な。


>>反日売国奴の反売国クン

>結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08

君は登場時に暴言を吐くから、バカとして相手されるのだよ。だいたいバカに意見言うのは無駄ですからね。

 おまえが私と同様、意見の違うものに悪言雑言してるのは過去ログを流し読みしたんで知ってる。また、日露戦争の是非、が主題なのにそれに言及しないのはいても無意味、かえれ。

>>「谷垣=前者に比べ知的な中道右派」自民党が中道か笑わせるな。中道政党をかつて名乗ってたのは公明党で自民は保守、右翼はその外側だ。

 まず前提が間違っている。中道右派と右翼が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。

ウィキペディアより引用、
中道右派(ちゅうどううは 英語:Centre-right)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な右派・保守派のこと。

世界各国で広汎に、かつ、一般的に使われている。一般的には保守主義(新保守主義)、キリスト教民主主義、新自由主義といった主義を掲げる政党に対して用いられる。ブルジョワブロックあるいはブルジョワ諸政党とも言われる。アメリカの共和党やイギリスの保守党が代表格であり、日本の自民党もこれに該当する。

 また公明党は自身では中道を名乗っていたが、実態としては中道左派に近い。ただし社会党と宗教面の政策で大きく異なる。
 公明党は創価を支持基盤としており、マルクス主義を信奉する者を支持基盤とする社会党などの中道左派政党と比べ、政治、経済政策は共通点が多いが、宗教政策に関しては相違点がある。公明党の表面的な宗教的政策は、政教分離の尊重などの近代的宗教政策であるが、実態としては、同党を創価学会の媒体として学会を全国へ広めようとしている一派も多い。一方で、社会党は公式に厳格な政教分離を掲げ、実態も公明党とは違い、公式の主張と同じ意見を持つ党員が多い。

>>右翼はその外側だ。

 お前もな。

 本当におまえのバカさ加減にはあきれる。そもそも俺の主張に反論すらせず中傷だけするおまえに、誠実にコメント返してやるのもあほらしい。消えろ、そして二度と来るな、恥さらし、売国奴、日本の恥。



 
Posted by あるふぁ at 2010年08月23日 00:14
>>あるふぁ
 
 お前しかいないの、なんか役者不足だな。ログ見たらなんか実は前も投稿してたみたいだからそれも含めて返す。

>反日売国奴の反売国クン

反売国クン、あなたはバカなネトウヨと一緒で日露戦争についての妄言なんか吐いてないで事実に照らし合わせた意見いってね、いわないんだったらどっかいってくださ〜い、じゃまだから。

 私の主張がネトウヨ同様の日露戦争についての妄言に過ぎない理由を掲示しろ。

>>反日売国奴の反売国クン 君はバカとして扱われているのだからマジメに相手されるわけないでしょ。
さっさと勝利宣言だせば?

 自分がかなわない相手に対しては逃げ腰なのか卑怯者

>>ついでに
>本当に疲れる、クソばかしネ住人みたいに個人攻撃に終始したり、ろくに根拠も出さずにコメントするわけにもいけないから、本当に骨が折れる。

クソばかしネ住人←これ日本語に訳してネ!

「クソばかしネクオリティ(馬鹿死藁」、たかしズム住民のたかしを中心とする馬鹿な集団の馬鹿さを表す

このクオリティを持つ集団のことを指す。もっというと、ツートップはうーとお前な。


>>反日売国奴の反売国クン

>結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08

君は登場時に暴言を吐くから、バカとして相手されるのだよ。だいたいバカに意見言うのは無駄ですからね。

 おまえが私と同様、意見の違うものに悪言雑言してるのは過去ログを流し読みしたんで知ってる。また、日露戦争の是非、が主題なのにそれに言及しないのはいても無意味、かえれ。

>>「谷垣=前者に比べ知的な中道右派」自民党が中道か笑わせるな。中道政党をかつて名乗ってたのは公明党で自民は保守、右翼はその外側だ。

 まず前提が間違っている。中道右派と右翼が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。

ウィキペディアより引用、
中道右派(ちゅうどううは 英語:Centre-right)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な右派・保守派のこと。

世界各国で広汎に、かつ、一般的に使われている。一般的には保守主義(新保守主義)、キリスト教民主主義、新自由主義といった主義を掲げる政党に対して用いられる。ブルジョワブロックあるいはブルジョワ諸政党とも言われる。アメリカの共和党やイギリスの保守党が代表格であり、日本の自民党もこれに該当する。

 また公明党は自身では中道を名乗っていたが、実態としては中道左派に近い。ただし社会党と宗教面の政策で大きく異なる。
 公明党は創価を支持基盤としており、マルクス主義を信奉する者を支持基盤とする社会党などの中道左派政党と比べ、政治、経済政策は共通点が多いが、宗教政策に関しては相違点がある。公明党の表面的な宗教的政策は、政教分離の尊重などの近代的宗教政策であるが、実態としては、同党を創価学会の媒体として学会を全国へ広めようとしている一派も多い。一方で、社会党は公式に厳格な政教分離を掲げ、実態も公明党とは違い、公式の主張と同じ意見を持つ党員が多い。

>>右翼はその外側だ。

 お前もな。

 本当におまえのバカさ加減にはあきれる。そもそも俺の主張に反論すらせず中傷だけするおまえに、誠実にコメント返してやるのもあほらしい。消えろ、そして二度と来るな、恥さらし、売国奴、日本の恥。


Posted by 反売国 at 2010年08月23日 00:15
訂正

 あるふぁが、2010年08月23日 00:14に投稿したことになっている記事の投稿者は私であり、誤って投稿者名をあるふぁとした。よってそのことを訂正し、自分がマルチ行為を行う意図がないのを言っておく。
Posted by 反売国 at 2010年08月23日 00:18
反売国。

もう、ストレートに自分の気持ちばそのままで言うてやったい。

あんた、まだ言いあう気力のあるごたんね。

まあよかたい。ばってん、上の訂正は何んや?。マルチ行為を行う意図がない?。そいでよぉ〜、おいの事ば「マルチくん」って言うたね。

そして、何ばしてどがん事したら、コメント投稿者の部分に「あるふぁ」さんの名前の出てくるとね。あきれるばい。


もう、あんたも冷静さば無くしとるね。



3日後に言いあうってや。よかばい、うておうて(相手にして)やるたい。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月23日 00:49
坂の上の雲の感想文を書きながら、これを意見だと言い張る自己満足な反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月23日 17:25
>あるふぁが、2010年08月23日 00:14に投稿したことになっている記事の投稿者は私であり、誤って投稿者名をあるふぁとした。よってそのことを訂正し、自分がマルチ行為を行う意図がないのを言っておく。
Posted by 反売国 at 2010年08月23日 00:18

反日売国奴の反売国 クン
それ、誤ってないだろ。「ごめんなさい」だろ。
Posted by あるふぁ at 2010年08月23日 17:29
> 本当におまえのバカさ加減にはあきれる。そもそも俺の主張に反論すらせず中傷だけするおまえに、誠実にコメント返してやるのもあほらしい。消えろ、そして二度と来るな、恥さらし、売国奴、日本の恥。

あの感想文が主張?

>まず前提が間違っている。中道右派と右翼が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。

中道右派と右翼が同一?本職の右翼が聞いたら怒るわな。
穏健な右派・保守派が右翼とは書いてないけどね。
Posted by あるふぁ at 2010年08月23日 17:34
>ウィキペディアより引用、
中道右派(ちゅうどううは 英語:Centre-right)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な右派・保守派のこと。

ウィキペディアより引用をしながら、書いていない事を語る自己満足な反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月23日 17:38
>自分がかなわない相手に対しては逃げ腰なのか卑怯者

バカにされている事を認識出来ず、言い訳に徹する
自己満足な反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月23日 17:41
>>反売国

>もはやコメントはしないといったが、こいつのコメントに少々目に余る箇所があったので指摘しておく。

やーい嘘つき(藁

>うーは「低脳」という差別用語を使っている。

ダラダラダラダラ書き続けて言いたいことは結局それだけ?頭わりぃ(藁
Posted by うー at 2010年08月24日 14:43
>それと、私はあなたたちクソばかしネ集団(笑)と違ってあんまり暇じゃないんで、あなたたちにかまってやれないから日露戦争という本筋のこと以外あんまりリンク張らないでくださいね。

てめーが本筋以外の本多勝一だのの話を勝手に持ち出したくせに、そこでボロを出すと「もう突っ込まないでお願い」と懇願するブザマーな反売国であった(藁
Posted by うー at 2010年08月24日 14:46
>>反売国

>では、「社会において、その構成員である一部がその社会における道徳的な規範から逸脱した行為を
した場合、社会はその者を実社会から排除するのは当然であり、社会が一部を裏切ったのではなく、むしろ一部が社会を裏切ったのである。」とでもしときます。

よーするに、てめーの尺度で気に入らねー奴は「道徳的な規範」から逸脱してるから「死ね」と言っていいっつーことね(藁
頭悪い奴ほど曖昧な「道徳」とかに逃げる。
頭悪い奴ほど文章がダラダラグダグダと長ったらしく要領を得ない。
サンプル提供ありがとさん(藁
Posted by うー at 2010年08月24日 14:56
>もーオマエみたいなくされ脳みそはこの板で相手しないんだが

…とか言ってムキんなって俺に噛みついてきた嘘つき反売国はどーせまたカッカして反応してくるんだろーな(藁
Posted by うー at 2010年08月24日 15:00
(うー)、(たかし)

「特にマルチハンドルはお止め願います」

だってよ。

以上「注意事項」より
Posted by しゃれこうべ at 2010年08月24日 15:37
>>しゃれこうべ

自称屍野郎が必死だな(藁
Posted by うー at 2010年08月24日 17:22
>反日売国奴の反売国 クン

君のお住まいの国では、初対面の者に
>結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08
と会話するのですね。
日本の実社会では、このようなお方は会話が出来ないと認識されますよ。
早い話、バカ扱いされます。

暴言を吐きながらマトモにコメントが返らないと発狂する情緒不安定な反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月24日 17:27
>>あるふぁ氏

>君のお住まいの国では、初対面の者に
>>結論、死ね
>Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08
>と会話するのですね。

嘘つき野郎・反売国の脳内ではそれが「道徳的な規範」に則った行いだそうです(藁
Posted by うー at 2010年08月25日 10:59

>>あるふぁ

訂正

 まず前提が間違っている。中道右派と右翼が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。
は誤りで、
 まず前提が間違っている。中道右派と保守が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。
が正文。

 ま、どちらにしろお前の最初の主張で、自民党は保守で中道右派ではないとかいってる時点でバカ丸出しだし、加えて私の主張に反論や批判を加えず誹謗中傷しかしなかったんだからお前の負けな、どっかいけ。

>>うー

 あなたのような「低能」が書き込むことは、はっきり言ってこちらのブログにとって迷惑だと思いますよ。 

>>mebarun
 おまえ生きてんのか?まさか逃げるつもりじゃないだろうな?(笑)

 

Posted by 反売国 at 2010年08月25日 20:05
反売国。

 きたよ。約束どおり3日後に言い合いにきたよ。
 あんた、何をいいたい?。

 それから、保守保守という奴に限って、今の日本をボロボロにしてしまったんだが。

 いや、その前に、あんたが保守だの中道だの何だの言いだしたよなぁ。初めに言いだしたのがお前のくせに、「自民党は保守で中道右派ではないとかいってる時点でバカ丸出しだし」は、そっくりそのまま、お前にぶつけてやる。

 お前は「低能」じゃないみたいに言っているがそうじゃないのかい。もう、見ててイタイよ。

 あと、マルチ行為行ったこと謝りな。特に、「あるふぁ」(敬称略)って、そのままの名前で出したくせに、「すみませんでした」もないんかい。

 ふざけるのもいい加減にしろ!
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月25日 23:49
>>沖波路順風

 言っていることが支離滅裂な箇所が多い。自分が思ったことをそのままいってるに過ぎない発言が多すぎる。

>>それから、保守保守という奴に限って、今の日本をボロボロにしてしまったんだが。

 相変わらず、主張に根拠がないし、それに加えて、今回は何がボロボロになったかすら分からない駄文だ。政治的にか?経済的にか?社会、それとも文化的にか?この文章は誹謗中傷に過ぎない。

>>いや、その前に、あんたが保守だの中道だの何だの言いだしたよなぁ。初めに言いだしたのがお前のくせに、「自民党は保守で中道右派ではないとかいってる時点でバカ丸出しだし」は、そっくりそのまま、お前にぶつけてやる。

Posted by あるふぁ at 2010年08月22日 22:50 
「谷垣=前者に比べ知的な中道右派」自民党が中道か笑わせるな。中道政党をかつて名乗ってたのは公明党で自民は保守、右翼はその外側だ。

 ここでは「自民党≠中道」と定義される一方、「自民党=保守」とも定義されている。しかし「中道右派=保守派」なので、これは矛盾する。なにが誤りがあったらぶつけてみろだ、おまえこそ「バカ丸出し」なのだ。

>>お前は「低能」じゃないみたいに言っているがそうじゃないのかい。もう、見ててイタイよ。

 具体的な根拠を掲示しろ。根拠のない誹謗中傷を繰り返すお前こそが「イタイ」のではないのか?

>>あと、マルチ行為行ったこと謝りな。特に、「あるふぁ」(敬称略)って、そのままの名前で出したくせに、「すみませんでした」もないんかい。

 さも自分が正義の味方みたいでいい身分だな。お前が「沖波路順風こと販売国」と私への愚弄に加えてマルチを行ったことを、果たして俺に謝ったのか?お前が謝ったのは管理人にだろう?
 また、あるふぁはそもそも「低脳」な人間だから、謝る価値がない。最初の頃のあるふぁの主張を引用しよう。


Posted by あるふぁ at 2009年12月29日 10:48
>>あ

ああ、でも「あ」みたいな痛い人っているね。かなり人より頭悪そうな感じだけど、なんと言うか、記憶力も無いから色々な知識も無いけど、妄想力だらけで、自分意外皆天才。
実際は賛同する仲間も無くて、周りからは「アイツ悪いけどホントーにバカだな」って言われる口ですね。

いつものバカには、このコメントをお返しするよ。

 彼が共に議論する価値のあり、気品に溢れたコメントを毎回だす人物であると思うなら、そうであるときちんと明言してくれ。

>>ふざけるのもいい加減にしろ!

 三日待った反論がこの程度で、よくそんな説教じみたせりふが吐けるな。自分で恥ずかしいと思うべきだ。あと、あるふぁとうーへの批判をしないということは、彼等に賛同しているということだ。それを確認したい。ならば、彼等と同様コメントする価値がない。馬鹿が移る。

「あんた、何をいいたい?。」と言われても、前に主張したいことは全て投稿したので言うことは今はもうない。とりあえず俺の主張に反論するべきだ。しないならつまり主張を認めたことになる。つまり「死ね」は差別用語でなく、日露戦争は正しい選択であり、たかしは「低脳」と受け取るぞ。というかスレのレベルがはっきりいうと、おまえとうーあるふぁのせいで輪をかけて下がった。これ以上自己中心的な文章を書くならお前も無視する。きちんと主張に反論しろ、話しはそれからだ。
 それと、今回まともな反論ができなかったのに失望したので、さらし者として前の分の稚拙な文章への反論を掲載しておく。

Posted by 沖波路順風 at 2010年08月22日 21:22

反売国へ。

>>あんた、もう文章というか説明というか論理展開が支離滅裂なんだよ。じゃあ、あんたが上にこう書いた、『>>つまり、あなたは差別される被害者自身の問題で、差別発言を言う立場の人間は、一切関係ないしと言ってもいいってことですか?。

 支離滅裂なのはお前だ。そんな意味不明な解釈をするやつに反論すらする気が起きない。

>> おまえが、「つまり」で要約した私の意見が何をさすか掲示を求める』


って、書いてるけど、前に本間氏が言った言葉を引用しているよね。引用しているってことは、それをあなたも考えているってことだよね?。だから、その点を要約したの。それでもわからない?。
 そして、引用の後にそれを否定する全く違うベクトルを持った文を書いたから、あんたに対してご都合主義って言ったわけよ。長々と、差別肯定論唱えたあとでやっと否定論唱えたよね。解りにくいよ。というよりも、差別否定するなら、最初っから否定してればいいんだよ。
 逆にあんたがご都合主義的って言ったけど、言ってる意味も解らず使ってない?。あんたのこれまでのコメント見てたら、そういう感じに見えたよ。

 私がいつ差別肯定論を出したか、具体的に掲示しろ・・・この台詞を百回言わす気なら、以後、お前が悪意を持ち誹謗中傷を行っていると認識する。

>>あんたと他の人のコメントのやり取り見て、あんたの説明って説明になってないんだよ!。その時点で、あんたの主張は主張じゃなくなっているんだよね。文章読解力がどうたらこうたら言ってる前に、あんたの表現能力を勉強し直した方がいいよ。それとも、訳わかんないこと言って煙に巻くの?。

 なぜ説明が説明になっていないかの根拠が掲示されていないので、この文章にはクソの価値も無い。
 「訳わかんないこと」とは、つまり「主張の根拠の掲示を求める」ことか?それとも伝統的な対話で生み出されてきた文章の書き方か?それらを否定するとは程度の低い人間だ。

>>だから「つまらん」のよ。ハッキリ言って。

「つまらん」の初めの使用用法を引用する。
Posted by 沖波路順風こと販売國 at 2010年08月19日 13:46
何か醜いよね。反売国さん。

よく人に対して死ねとか軽々しく言うよね。命の重みとか考えたことないんだろうな。考えたとしても形ばっかりなんだろうな。

これだからネトウヨは。

「つまらん お前の話はつまらん! …つまらん」ちょっと古い殺虫剤のCM風に言ってみました。

 ようは、「つまらん」という言葉は思わせぶりな発言にすぎず、それ自体にたいした意味はなく、本当につまらない文章である。ゆえに、「『だから』つまらん」のように引用して使用するのはこの場合不適切で、意味を成さないくだらないことと言える。

>>あと、正直言って、ものすごく怒ってるんだけど。出るとこ出られたら話つけようか?。こっちは匿名だからって、人を傷つける発言許したくはないんだよ。実名・住所上げてもいいんだよ?。あんたが「死ね」とか最初にコメントした時点で使ってるよ。それに対して、あんた、うーさんが「低脳」というなら、「それは謝ってください」って言うべきなんじゃないの?。そうしなくて、「死ね」って言ったりして。ハッキリ言って、大人じゃないよ。あんたが「死ね」とか軽々しく言うから、こっちはそれをつついたんだよ。
 死ねが差別用語でない?。あんたが表面的にずっととらえている思考だと過去のコメント見て思ったけど、「死ね」って言われた側の気持ちとか考えたことないでしょ、あんた。その言葉や文字に、人を傷つけるものがあるって言いたいから差別表現って言ったの。余談だけど、僕は、ネット始めて15年たったけど、ネットの道徳が乱れたのは、あんたみたいに軽々しく「死ね」っていうこと使う奴らが増殖したんだよね。相手の気遣い考えていたら、こんな非情な、人を傷つける言葉というか表現はでないよ。人に「死ね」は言うなよ!

 ネット初めて15年のプロが、出れるとこ出ようか、と怒りながら脅迫してくるとは、「大人」ではないのはおまえだ。
 あと、「死ね」にそこまで反応するが「馬鹿」には反応しないよな。人を馬や鹿と同列に並べるなんて人権侵害だと思うが如何?テレビ番組で「死ね」が使用されたら抗議してんだろうな?うーやあるふぁやmebarunが使用してるから批判しないで、恣意的な判断をしてるのだろう?愚劣な人間だ。

>>まずは、「死ね」の発言に対して謝りな。そして、その上で「低能」発言に対する謝りを求めな。

 とりあえず「低脳」への問題意識をおぼろげに持つことは最低限として評価する。ただ、その意識を保持してすらうーを批判しないのはお前の限界か。

>>僕からみればあんたは、やりたくはないけどあえて単純な分別をやれば右翼なんだよね。僕は右、左なくって考えでいきたいって思ってる。そんなことをしてたら、これまでの政治などでの不毛な、非建設的な対立になって、全然前に進まないから。でもネトバカウヨたちは、何かあれば単純にカテゴライズしている。
 
 カテゴライズへの問題提起をしているつもりだろうが、相変わらず何故なのかその理由が欠如している。いい加減にしろ!!


>>あんた、「右翼=ネトウヨ」から始まる分類の否定をしてるよね。じゃあ、過去の歴史において、戦争を否定するのは左翼って分類する考えも止めようよ。言ってることに矛盾するから。

 私は、まず、文章において必要十分条件が成立しない。よって矛盾はしないので心配なく。
 私は「現代において、日露戦争に反対するものは左翼、それも極左」と主張した。つまりお前は「時」と「場所」という要素を抜かしている。馬鹿だ。
 ちなみに、左翼だろうが右翼だろうが戦争はするし戦争に反対する。第一共和制政府は宣戦布告を決議したし、ソ連はアフガンへ侵攻した。一方フランスの王党派は革命戦争に反対したし、アメリカの共和党はアフガン侵攻に反対した。もちろんその逆もありうる。そのときの背景によって大きく違う。まあお前は教養不足で何言ってるか分からんだろうが。
 ただ、戦後のブサヨは日清・日露戦争までも侵略戦争とした。これを否定する右派はまずいないだろう。

>>何にしても、美化される戦争なんてないんだよ。
日清・日露の戦争だって戦没者がいらっしゃるわけだよ。全体主義の考えの中で、死にたくなくても戦争に行かざるをえない状態だったんだよ。今は良くも悪くも個人主義だから、いろいろな考え方ができる。でも、人の命を軽々しく言うような考え方は止めなよ。

 徹底的に平和主義を貫くなら、私と意見の相違があるものの、私はそれを尊重し敬意を抱く。
 ならば東南アジアやアフリカの独立戦争も反対だろうな?
Posted by 反売国 at 2010年08月26日 02:55
長い文章おつかれさん。

 あんたの言ってること全部支離滅裂だから。見かけは難しい言葉使ってても、もう、子供の喧嘩にしかなってないんだよ(笑)。
 そして、文章軽いから、あんたの命の考え方も軽いから、つまんないんだよね。だから「つまらん」のよ。いくら難しい言葉使っても、これだけはやっちゃいけないってことが欠落してて、それで人に言うだけなら、ホント低レベルだよ。つまんない。

 まずは、これだけはやっちゃいけないこと、それに対してやるべきことをやって。心からやって。つまり、

 あるふぁさんに謝ったら?。絶対に形式的ではなく、「本当にすみませんでした。」って心ある文面で持って謝ってよ。
 まぁ、人への侮辱発言って、あんたの最初のコメントから始まっているけど。前にも言ったよね、反論するなら反論する言い方があるって。一言一句同じこと書かないと「書いてない」って言うのはやめてよね(笑)。中身の問題だから。
 
 でもあんた、それに対しての反省全然してないよ。子供のわがままみたいなもんだよ。それなしに、まともに相手にはしないよ。ストレートに真面目に気持ちをぶつけたのがバカバカしくなったよ。

 まぁ、支離滅裂というか矛盾だらけでどうしようもないコメントだから、あえて不細工なものさらしておくよ。

 前の僕のコメントで言ったけど、絶対にあんたの過ち、反省してごめんなさいっていってね。


 以上、水掛け論でやろうとする反売国。おつかれさん。

 あっ、心からの反省なくして、僕が逃げたなんてチミが言ったら、結局頭に反省という言葉もない最低な人物だと再度言っとくね〜。

 あなたの反省する態度期待してるよ。良い文章は必ず相手に伝わるから。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月26日 04:12
しつこいけど、

あ〜もぅ、しらけた。やっぱりしらけた。
Posted by 沖波路順風 at 2010年08月26日 04:15
>>反売国

>あなたのような「低能」が書き込むことは、はっきり言ってこちらのブログにとって迷惑だと思いますよ。 

無視すると宣言しておきながら結局腹いせに何かしら言い返さずにいられない惨めな反売国であった(藁
Posted by うー at 2010年08月26日 07:49
>>反売国

>ネット初めて15年のプロが、出れるとこ出ようか、と怒りながら脅迫してくるとは

ハァ?オマエの「死ね」が正しいなら出るとこ出られても平気じゃん。「脅迫」?なにガクブルってんのぉ?(藁
沖波路順風氏を脅迫罪で告訴してみろよ。まあ警察からもヴァカ扱いされるのは必至だがな(藁

>「大人」ではないのはおまえだ。

ワケワカメ。
「死ね」と言われても笑って受け流すのが「大人」だとでも言いたいのか?
それともガキの戯言だから大人は見逃してくれってか懇願?ブザマな野郎だぜ(藁

>人を馬や鹿と同列に並べるなんて人権侵害だと思うが如何?

馬鹿呼ばわりが人権侵害?
出たよバカウヨのステレオタイプ。「人権」の大安売り!

>テレビ番組で「死ね」が使用されたら抗議してんだろうな?

ドラマ以外で「死ね」が使用される番組ってオマエどんな番組見てんだ?(藁

>うーやあるふぁやmebarunが使用してるから批判しないで、恣意的な判断をしてるのだろう?愚劣な人間だ。

ハァ?元はといえばオマエが「死ね」っつって殴り込みかけてきたんだろが。

>一人で死んでほしい。
>無能。
>図々しい甘ったれた詐欺師。
>結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08

のっけからここまであらん限りの罵倒語を並べ立てておいてヴァカ呼ばわりされたくらいで文句言ってんじゃねーよヘタレ野郎が(藁
Posted by うー at 2010年08月26日 08:13
ウソツキの反売国クン

>誠実にコメント返してやるのもあほらしい。消えろ、そして二度と来るな、恥さらし、売国奴、日本の恥。
Posted by 反売国 at 2010年08月23日 00:15
と言いながら、

>まず前提が間違っている。中道右派と保守が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。
Posted by 反売国 at 2010年08月25日 20:05
とコメントを返すウソツキな反売国であった。

出来の悪い感想文は学校の先生に見てもらいなさい。夏休みはもう少ししかないぞ、書き直すならお早めに。
Posted by あるふぁ at 2010年08月26日 17:16
ウソツキの反売国クソ

>ウィキペディアより引用、
中道右派(ちゅうどううは 英語:Centre-right)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な右派・保守派のこと。

と引用しながら
>まず前提が間違っている。中道右派と保守が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。
Posted by 反売国 at 2010年08月25日 20:05

ウィキペディアの引用に書いてない事を指摘しているのに、見当違いな反論をする基礎学力不足な反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月26日 17:26
ウソツキの反売国クン

人のハンドルネームを無断使用した件は、いつ謝罪
するのかね?
君のお住まいの国では謝罪の文化は無いのだね。
Posted by あるふぁ at 2010年08月26日 17:29
また、「死を軽々しく言う人だな」という発言の根拠を求める。

結論、死ね
Posted by 反売国 at 2010年08月13日 21:08
死ね(笑
Posted by 反売国 at 2010年08月19日 10:48
全員クソバかしネクオリティー全開だ。
Posted by 反売国 at 2010年08月22日 18:54

死ねが大好きな反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月26日 18:05
>まず前提が間違っている。中道右派と右翼が同一であるという認識すらないとは、基本的教養の無さにあきれる。

反売国クンの理論からすると、つまり谷垣は右翼なんですね。
反売国クンの引用した文面には「中道右派と右翼が同一である」とは書いてませんがね。
やはり感想文しか書けない礎学力不足な反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月26日 22:39
ウソツキの反売国クン


>> また、あるふぁはそもそも「低脳」な人間だから、謝る価値がない。最初の頃のあるふぁの主張を引用しよう。


Posted by あるふぁ at 2009年12月29日 10:48

これが最初の頃?随分新しいな。
ロクに過去ログも調べずに思い込みでコメントする
データ解析力の無い反売国であった。

>コメント返してやるのもあほらしい。消えろ、そして二度と来るな、恥さらし、売国奴、日本の恥。

コレにバカなネトウヨの定番で答えてやろう。
「イヤだったら見るな!」
Posted by あるふぁ at 2010年08月26日 22:49
>>mebarun
 結局は一週間ほど現れていないが、書き込んだ以上、議論が終わらぬまま一週間放置するのは逃亡と結果的に変わらないと思うが、卑怯者。

>>たかし
 おまえも見てるんだろ。このスレを見る奴の多くは、この馬鹿どもの醜態には嫌気がさすだろう。
 ゆえに、俺は現段階では当初の目的を達成できたといえる。もっとも奴等は、俺に勝利したと勘違いしてるだろうが。
 馬鹿どもはすでに退治したから時間に余裕ができた。そろそろお前と遊んでやってもいいぞ。見てるばっかでなく出てこいよ
Posted by 反売国 at 2010年08月26日 23:33
ウソツキの反売国クン

>もっとも奴等は、俺に勝利したと勘違いしてるだろうが。

勘違いもなにも遊んでやってるだけだよ。

遊ばれている事に気づかないウソツキの反売国であった。
Posted by あるふぁ at 2010年08月27日 17:20
ウソツキ反売国も見てるんだろ。このスレを見る奴の多くは、このウソツキ反売国の醜態には嫌気がさすだろう。
 ゆえに、ウソツキ反売国は現段階では当初の目的を達成できたといえる。もっともウソツキ反売国は、皆様に勝利したと勘違いしてるだろうが。
 ウソツキ反売国は夏休み終了が近いので時間に余裕がありません。もっともっとウソツキ反売国と遊んでやってくれよ。ウソツキ反売国は嘘吐いてるばっかでなく誤れよ。
Posted by あるふぁ at 2010年08月27日 17:44
まだ、時期的に早いですが
輝けネトウヨ大賞!2010の候補に

『反売国』 

を推薦します。
Posted by あるふぁ at 2010年08月27日 18:00
みなさま、

当初の目的を達成された
『反売国』
をこれより、おちょくるなり、放置するなり、観察するなりしてどうぞお楽しみ下さい。


Posted by あるふぁ at 2010年08月28日 11:24
(うー)
>>反売国

>>>mebarun
> 結局は一週間ほど現れていないが、書き込んだ以上、議論が終わらぬまま一週間放置するのは逃亡と結果的に変わらないと思うが、卑怯者。

とっくに完全論破されてんのに何言ってんだヴァーカ(藁

>>>たかし
> おまえも見てるんだろ。このスレを見る奴の多くは、この馬鹿どもの醜態には嫌気がさすだろう。

ムダな印象操作を試みるその態度がいじらしい(藁

> ゆえに、俺は現段階では当初の目的を達成できたといえる。

オマエの「目的」って何だったの?
てかオマエそもそも自分が何の話してたか覚えてる?(藁

>もっとも奴等は、俺に勝利したと勘違いしてるだろうが。

つまりオマエ自信がねーんだろ(藁

> 馬鹿どもはすでに退治したから時間に余裕ができた。そろそろお前と遊んでやってもいいぞ。見てるばっかでなく出てこいよ

分かった分かった。
長い時間使ってなけなしの脳味噌振り絞り、一生懸命長ったらしい言い訳を考えて書き込んだのに、肝心のmebarun氏からは論破済とみなされ完全無視。
悔しいから「すでに退治した」と必死で思い込み自分を慰めようとしやがんのな(藁

いじらしいオ○ニー野郎だねえ。
Posted by うー at 2010年08月30日 11:59
反売国のような、いじらしいオナ○ー野郎の心理はこれ(藁

「最後に書き込んだもの勝ち」
http://takashichan.seesaa.net/article/160604754.html
Posted by うー at 2010年08月30日 12:02
うー(たかし)

お前なあ本当に50代かよ。もう何年も経たないうちに還暦だろ?こんな文章、いや文章になってなかった、こんな言葉書いてて恥ずかしくない?
恥ずかしくないか。恥ずかしかったらこんなこと書けんもんな。
親が見たら泣くぞ。親が生きてればだけどな。
おっと、親が生きてる事にして年金詐欺考えてんだろ(藁
Posted by しゃれこうべ at 2010年08月30日 13:23
>>しゃれこうべ氏

 しょうがありませんよ、「低脳」な連中なんですから、ほっとくしかありません。ところで、こいつ50代なんですね!おれまだ学生なんですけどね(笑)年配者が年少者に必死だな(キモ)ホント頭の悪い「低脳」はいやですね。まあ年金詐欺で逮捕されればいいんです。
Posted by 反売国 at 2010年08月30日 13:44
しゃれこうべと反売国の薄汚ねえ妄想と馴れ合い超キモーい(藁

>>反売国

>しょうがありませんよ、「低脳」な連中なんですから、ほっとくしかありません。

ほう、その「低脳」のはずの連中相手にボコボコにされて論破され、しかも何か言い返さずにいられねー先天的負け犬野郎のオマエが何言ってんのぉ?ほっとけねーくせにぃ(藁

>おれまだ学生なんですけどね(笑)

なに学生?
こちとらてっきり児童か園児だと思ってたぜ(藁
Posted by うー at 2010年08月30日 15:36
>>反売国

見落としてたわ

>私は英数社を武器に大学に入りましたからね、解釈や要旨をつかむ国語は苦手ですので。
Posted by 反売国 at 2010年08月21日 01:08

寺ワロス
Posted by うー at 2010年08月30日 15:50
>>反売国氏

そうなんよ。
50代って信じられんしょ。
ほんでもって、人には<注意事項>でマルチハンドル禁止とか言うといて、自分は(たかし)と(うー)のハンドル使い分けてんのよ。
ある意味病気。じゃなくて完全に病気やね。精神と神経と脳髄と性格の。
見とってみ。俺のこと出入り禁止にしよるで。
Posted by しゃれこうべ at 2010年08月30日 15:54
【たかし】

しゃれこうべさん、こんにちは。はじめてお相手させていただきます(笑)。ええとまず・・・

>ほんでもって、人には<注意事項>でマルチハンドル禁止とか言うといて、自分は(たかし)と(うー)のハンドル使い分けてんのよ。

というあなたの「持ちネタ」についてですが(笑)。何を根拠にそう思われましたか?「そう思う」「そうに違いない」あるいは「そうあって欲しい」ではなく「何を根拠に」です。つまり「証拠」です。そういうことをいわれるのは、私にとってもうーさんにとっても迷惑なので、是非やめていただきたい(笑)。

そういう「デマ」を書き込まれると、こちらもあなたの書き込みを「スパム」として対処しなければなりませんなぁ。もっともこう言うと「ほらみろやっぱり図星なもんだからビビって出入り禁止にしやがった」とかなんとか、どうせ2ちゃんねるあたりに書き込むでしょうから、ま「出入り禁止」には致しませんが、ひとつその「証拠」とやらをね、私がうーさんと「同一人物」であるという「証拠」をお書き願えませんでしょうか?

>50代って信じられんしょ。

って「年齢差別」ですか?あなただっていずれ50代にもなる。人間若いうちは「若い」ことが未来永劫自分の特権と思い込んで年寄りを差別する。年寄りを差別するような人間は、いとも簡単に他民族や、他人の職業や、他人の出自なども平気で差別するようになる・・・あわれなネトウヨの宿命です。

さて、あなたの「御説」によるとうーさんも50代ということになるが(本当はうーさんは30代)・・・。30代の彼と「同一人物」と思われたというこのワシも、まだまだ若いということか・・・。若く見られるのは悪い気はしないなぁ(笑)。

そんなわけでしゃれこうべさん、ひとつその「証拠」とやらをお聞かせくださいましな。何とぞよろしくお願いを申し上げます。
Posted by たかし at 2010年08月30日 16:30
「不勉強」です。今更ながらこのスレッド読みました。

しかし反売国さん、文章長いなあ…でも長い割に
「日本は他国を侵略したけど、他の国もやってたし、日本にはそれ相応の理由があったから別に悪くない」
「小国日本が大国ロシアに果敢に挑んだのは美しいし尊ぶべき」
「俺の意見に反する奴らは死ね。ちなみに「死ね」とはホントに死ねって意味じゃなくてもがもが…」
くらいしか内容がないですね。後は延々悪態ですか。真面目に読んじゃった時間の返還を要求していいですか?(笑)

まあそれは冗談としてちょっと話を本題に戻しますと、日露戦争というと第一次世界大戦のちょうど10年前ですね。同時代といってよいでしょう。
当時は列強諸国でも「自国の戦争は正義」とか「戦争はカッコイイ」みたいにプロパガンダされて、言ってみれば反売国さんのような「愛国青年」が量産されてどんどん軍に入って行ったと聞きます。
そして始まった第一次大戦は各国ともイケイケの高揚ムードの中、派手に一発ドンパチやって、2〜3ヶ月でサクッと終わるようなノリで始まったとも聞いてます。

ところが蓋を開けてみれば、多国間の総動員戦と塹壕戦術での待機戦などで戦争は長期化・膠着化・泥沼化し、史上空前の悲惨な消耗戦が世界各地で続きました。
停戦までに4年以上を費やし、各国の被害は史上空前のものとなりました。全部で約1000万人の兵士が死に、それを凌ぐ数の民間人が死に、負傷者は2000万人にのぼりました。各国の国力疲弊・窮乏の凄まじさは言うまでもありません。
この大戦を機に参戦各国とその国民は、戦争が決してカッコイイものでも国益になるものでもなく、ただただ悲惨で虚しい、愚かなものであることを胸に刻み込んだことでしょうね(極東のドイツ領切り取りや軍需景気でボロもうけして味をしめた大日本帝国などを除いて)。

まあ・・・戦争なんて国に関係なく美談に出来るものじゃありませんね。ある時代、ある国のあるエピソードを切り取れば、さも美しい物語に仕立て上げられもしますが、その裏では常に当事者国家の都合で、無数の人たちが同じ人の手によって無残に死に、耐え難い苦痛を与えられていますから。
Posted by 不勉強 at 2010年08月30日 23:22
>この大戦を機に参戦各国とその国民は、戦争が決してカッコイイものでも国益になるものでもなく、ただただ悲惨で虚しい、愚かなものであることを胸に刻み込んだことでしょうね

でも、その後第2次世界大戦が起こったのだが。胸に刻んでも何にもならなかったね。
戦争を避けようとしてヒトラーに妥協を重ね、結局第2次世界大戦が起きた(先に宣戦布告したのは英仏。ポーランドを見殺しにしていればどうなっていたのでしょうか)。
で、独裁者相手に妥協すべきではないといって、今度は湾岸、イラク戦争。

歴史から学べるのは、人は歴史から学ばないことだそうですが、でも、実際は学んでこの有様です。
Posted by 貴風堂々 at 2010年08月31日 09:24
【たかし】

貴風堂々さん、こんにちは。

「歴史から学ぶ」ということについてですが先日、CSのヒストリーチャンネルで「カラーで見る朝鮮戦争」という番組をやっていました。そう言えばこの前、本間康二さんが 「白黒フィルムに色を付けるということに、何の意味があるのかついぞ分かりません」なんておっしゃっていましたが、私は色を付けることには意味があると思いますね。色を付けることにより現実味が増す、というか新しくなるんですね。白黒だと何か遠い昔のお伽話(フィクション)みたいな感じがするけど、色付きだと実に生々しく、現代の出来事という気がしてくる。人間の死体の肌色に赤い血、そしてそこにたかるハエ、そういったものがカラーで迫ってくるとやはり白黒より怖いですよ。たしか、色つきの悪夢「カラーでよみがえる第二次世界大戦」という番組でも出演者や司会が、これと同じ感想を語っていましたね。

それで朝鮮戦争に戻りますが、この朝鮮戦争でトルーマンとマッカーサーはまた原爆を使おうとしたんですね。5年前に日本人をひどい目に合わせた兵器をです。しかも今度は26発まとめて使おうとした。これって歴史から何も学んでいないわけですよ。いや、見方を変えるとアメリカとしては「学んだ」のかも知れません。原爆を使えば戦争に勝てるということをね。こんなふうに「歴史に学ぶ」といいますけど、歴史の「何」を「どう」学ぶかが問題です。第一次世界大戦に学んだものが一体何だったのか?
Posted by たかし at 2010年08月31日 13:07
【たかし】

ところでしゃれこうべさん、あなたまでダンマリに入っちゃったんですか?

しゃれこうべさんのような「疑心暗鬼」は、これまでもずいぶんあったんですよ。ネトウヨ特有の「自信のなさ」の表れなんですよね。「被害妄想」というやつです。「みんな寄ってたかって俺を攻撃してくるが、奴らはみんな一人でやってるんだ。おれを攻撃する奴があんなにいるわけがない。」とまあ、こんなリクツなのでしょうな(笑)。

つい最近では「たかし=不勉強」説があります。「たかし=めばるん」説なんてのもあったし、古いところでは「たかし=のじじ」説、ひどいのになると「全員たかし」説、なーんてのまであったなぁ(大笑)。自分がひどい目にあうと、とにかく根拠もなく相手の中傷を始める。いや分かる分かる。自信がないんだよね。こんな奴に限って他所じゃ「マルチハンドル」使いまくってる(笑)。気に入らない記事が目に入ったてえんで、軽いノリで「たかしズム」にちょっかい出してみたら、思いもかけずボロボロにあしらわれてしまった。癪にさわって始めたのが根も葉もない「マルチハンドル」呼ばわり(笑)。さみしいねぇマッタク。

しゃれこうべさん、うーさんと私はしょっちゅう「オフ会」で飲んでますよ。こんどあなたも参加なさいます?私にもうーさんにも会えますよ。そうすりゃあなたの疑いも晴れるでしょうよ(笑)。
Posted by たかし at 2010年08月31日 13:11
>>不勉強

 反論どうも。すいません中身がなくて、なにしろ今まで書き込みをしたことがなく、馬鹿にも真面目に反論してきたもんで。はい、はっきりいって読む価値あんまないです。おわびに私が相手してあげましょう。

 あなたの主張の誤りは、第一次大戦が勃発した背景とその問題(意義)を、日露戦争のそれとに取り違えていることです。

>>「日露戦争というと第一次世界大戦のちょうど10年前ですね。同時代といってよいでしょう。」

 とあります。これを根拠として、日露戦争と第一次世界大戦を同質のものであり、両者共に帝国主義諸国の自滅である、とでも主張したかったのでしょうが、両者は相違点が大きいので、そのような決め付けはできません。
 たしかに大戦後に侵略戦争禁止が取り決められたので、帝国主義時代ということで一つの区切りにはできるでしょう。しかしそれ事態はなんの意味もないただの客観的事実なだけで、日露戦争が第一次大戦と同様、人が大量に死んだだけの国家にとって無意味な戦争であるという根拠にはなりえません。
 
日露戦争と第一次大戦を比較します。

 背景の比較は、前者ではロシアが朝鮮に進出して覇権を拡大しようとしていた。日本はロシアに従属的になるのを防ごうとした。イギリスはそれを支援し、日英両国はロシアに武力を用いてでも対抗しようとした。後者では前者と違い勢力均衡により覇権を拡大する余地がなかった。日英両国と違い、欧州諸国は同諸国内で大規模な戦いを繰り広げる意図を持たなかった。
 意義の比較は、前者はロシアの進出により、日露関係が従属的に変化することの阻止という防衛的意義がある一方、後者は欧州諸国間において、一勢力が圧倒的覇権を握る事態が発生しないよう維持されてきた勢力均衡を壊したので、後者は前者と違い防衛的意義はなく、むしろ均衡を破壊した原因といえる。

 比較の結果、日露戦争は日本のロシアからの防衛という意義がありましたが、欧州諸国には防衛の意義はなかったといえます。結局あなたもここで討論(とかいえる水準ではないが)した人と大差ありません。
 なお、私は「愛国青年」ではありません。もちろん字面どおりの意味としては、私はそうです。しかし、太平洋戦争のような国益にならない戦争を賞賛するような「愛国青年」ではありません。国を愛するが故に、国益を第一とする現実主義者だと自己定義しています。

>>まあ・・・戦争なんて国に関係なく美談に出来るものじゃありませんね。ある時代、ある国のあるエピソードを切り取れば、さも美しい物語に仕立て上げられもしますが、その裏では常に当事者国家の都合で、無数の人たちが同じ人の手によって無残に死に、耐え難い苦痛を与えられていますから。

 もちろん、断固たる平和主義を貫徹するという思想の持ち主なら、私はあなたと意見の相違があるものの、その主張に敬意を表します。しかし、ならば、アジア・アフリカ諸国の独立戦争や、ナチスドイツでのユダヤ人のレジスタンス活動へも反対するのですね。ガンジーなら、きっとそうするでしょう。徹底的な平和主義者への道は、峻厳ですのでへこたれずに。
Posted by 反売国 at 2010年09月01日 03:51
 あれ、先日の記事で馬鹿は相手にしないと宣言されたのに、書き込んでいるようですね。たしかに「うー=たかし説」はどうかと思いますが、あなたも私の反論をもう三週間近くもほうってる身で、他人をダンマリ呼ばわりはないでしょう。にしてもオフ会でうーとたかしがいるとか、マジきもいですね。絶対行きたくないですよ、うーとか「低脳」なのに。せっかくここにきたなら私も相手していけばどうです?
 日露戦争に自信がないなら白黒に色をつけることの意義について雑談してやってもいいよ。ちなみに、白黒でも、いやむしろ白黒の方が怖い存在はりますよ。しかもフィクションそのものなのにね。
http://www.youtube.com/watch?v=At2FdwQd4rI

 それか、ここに自分の主張の誤りを認める文でも投稿してけ。まさかよりによってここに書き込んで私を素通り、っていうのはないでしょうね?(笑)
Posted by 反売国 at 2010年09月01日 04:36
>>反売国

ハイハイワロスワロス。
もう来ないんじゃなかったっけ?勝利宣言して去った奴のすることじゃねーな。分かりやすい奴め(藁

>にしてもオフ会でうーとたかしがいるとか、マジきもいですね。

きもい?そう思ってもらえてうれしいねえ。
そんなきもい連中がたむろってるハズのココに、腹いせで書き込まずにいられないオマエは何?
必死の反売国に萌え〜(藁
Posted by うー at 2010年09月01日 08:43
>しかし、ならば、アジア・アフリカ諸国の独立戦争や、ナチスドイツでのユダヤ人のレジスタンス活動へも反対するのですね。

ハァ?誰がんなこと言った?
オマエも侵略戦争と認めた日露戦争を、図々しくもアジア・アフリカ諸国の独立戦争やユダヤ人のレジスタンス活動と同列に扱うんじゃねーよヴォケが(藁
Posted by うー at 2010年09月01日 08:46
>>しゃれこうべ

オマエもさっさと反売国に加勢してやれよ。馴れ合った仲間だろが。
…あ、「たかし=うー」の証拠出せねーからもうトンズラってか。
ヘタレだねー(藁
Posted by うー at 2010年09月01日 08:49
>>反売国

てかさあ、なにこの意味不明な文章。オマエ、不勉強氏が言ってることの意味も自分が何言ってんのかも分かってねーだろ(藁

> 後者では前者と違い勢力均衡により覇権を拡大する余地がなかった。日英両国と違い、欧州諸国は同諸国内で大規模な戦いを繰り広げる意図を持たなかった。
> 意義の比較は、前者はロシアの進出により、日露関係が従属的に変化することの阻止という防衛的意義がある一方、後者は欧州諸国間において、一勢力が圧倒的覇権を握る事態が発生しないよう維持されてきた勢力均衡を壊したので、後者は前者と違い防衛的意義はなく、むしろ均衡を破壊した原因といえる。
> 比較の結果、日露戦争は日本のロシアからの防衛という意義がありましたが、欧州諸国には防衛の意義はなかったといえます。

てか日露戦争の時にロシアがいつ日本の国土を「侵略」したって?当時の朝鮮半島は日本の植民地でも保護国でもねーぞ。
日露戦争が「防衛」になるんなら、ヨーロッパ諸国の国土が戦場になった第一次世界大戦はなおさら「防衛」になっちまうだろが。さすが、低脳のデムパ野郎は言うことが違うねえ(藁
Posted by うー at 2010年09月01日 09:04
>>うー

 おまえのことみんな馬鹿だってわかってるんだから、もう出てこないほうがいいよ(笑)
Posted by 反売国 at 2010年09月01日 17:29
>>反売国

おまえのことみんな馬鹿だってわかってるんだから、もう出てこないほうがいいよ(笑)
Posted by あるふぁ at 2010年09月01日 17:46
たかしさん、こんばんは。

さて、鉄血宰相ビスマルクは賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといったそうですが、トルーマンもマッカーサーも、原爆のときは生きていたので、歴史の域には達しない、自らの経験、体験からの判断と言えてしまえます。戦争している以上、負けが込んできたら、強力な兵器を使おうとするのは、現場の指揮官としては当然の選択でしょう。大切なのはそれで戦略?(戦術)目標が達成されるかどうかです。雲霞のごとく押し寄せる中国義勇軍相手に勝つにはどうしたら?

ここで、その場の雰囲気を如実に表したムルタ・アズラエル氏の名言を紹介します。

何を仰ってるんですか皆様、この期に及んで。撃たなきゃ勝てないでしょうが、この戦争。敵はコーディネーターなんですよ、徹底的にやらなきゃ。大体、核なんてもう前にも撃ったんだ。それを何で今更躊躇うんです。
核は持ってりゃ嬉しいただのコレクションじゃない。強力な兵器なんです。兵器は使わなきゃ。高い金かけて作ったのは使うためでしょ。さ、さっさと撃ってさっさと終わらせてください、こんな戦争は。

この台詞、意識して作ったのかな。

でも実際は撃たなかったが。
歴史から学んだんでしょう。古はナポレオンのスペイン侵略、最近では日中戦争から。広島では14万人の人が亡くなられた。26発撃っても364万人。当時は5億を超えだろう中国を滅ぼすにはあと何発必要? 不可能だろう。使えば中国人の反発を受けて確実に泥沼に嵌る。そうなったら、損するのはアメリカと中国で、得するのはソ連。中国が義勇軍しか出さなかったのも、そうなるのが嫌で、どこかでアメリカと手打ちすることも考えていたのでは。
そうであればトルーマンは歴史を学んだということかな。

あと、日本は第一次世界大戦からはあまり学ばなかったでしょう。激戦の西部戦線では戦いませんでしたから。戦っていたら、その後の精神主義に陥らなかった、英仏と溝が出来ず、孤立化せず、戦争の途も歩まなかったかもしれないという説もあります。後者は、示唆に富んだ歴史解釈ですよね。
Posted by 貴風堂々 at 2010年09月01日 18:51
常に上から目線で反省の言葉を知らない反売国へ。

「反論どうも。すいません中身がなくて、なにしろ今まで書き込みをしたことがなく、馬鹿にも真面目に反論してきたもんで。はい、はっきりいって読む価値あんまないです。おわびに私が相手してあげましょう。」

って、自分が書き込みしたことをおわびに自分が相手するって、どういうこと?。のっけから意味不明ですな。

まだまだ上から目線よねぇあんた(ワラ)。
それにまだマルチ以上のなりすまし行為の謝罪をしていないんだけど(怒)。
Posted by 沖波路順風 at 2010年09月01日 20:19
>>うーさん

>ハイハイワロスワロス。
もう来ないんじゃなかったっけ?勝利宣言して去った奴のすることじゃねーな。分かりやすい奴め(藁

反売国は、この無敵の呪文【※他のスレでは出没の恐れがあります。お気をつけ下さい。】を書き忘れたんじゃないですか。
Posted by あるふぁ at 2010年09月01日 22:24
>>うー

私がどこで勝利宣言をしたんですか?
Posted by 反売国 at 2010年09月02日 13:19
嘘つきで必死杉な反売国萌え(藁
Posted by うー at 2010年09月02日 17:28
「不勉強」です。

>反売国さん
おや、お相手をして頂けるのですか。これはこれは。他のお仲間は、話の本題を切り出されたとたんに軒並み雲隠れされてしまったようですけどね(笑)

>あなたの主張の誤りは、第一次大戦が勃発した背景とその問題(意義)を、日露戦争のそれとに取り違えていることです。(以下延々)

あらま、私はどの戦争がどんな意義を持ってたかなんて、一言も触れてないんですけど。私の先の書き込みの最後の文をもう一度よく読み返して頂けますか?私が主張したいのは「戦争そのものの悲惨さ」それだけです。

>まあ・・・戦争なんて国に関係なく美談に出来るものじゃありませんね。ある時代、ある国のあるエピソードを切り取れば、さも美しい物語に仕立て上げられもしますが、その裏では常に当事者国家の都合で、無数の人たちが同じ人の手によって無残に死に、耐え難い苦痛を与えられていますから。

第一次大戦は単に日露戦争の直後に行われたというだけでなく、各国が侵略戦争を是とし続けた場合、最終的にどんな悲惨な結果を生むのかまざまざと人類に見せつけ、侵略戦争の禁止と戦争によらない紛争解決へ世界が動き出した契機ですので、あえて引き合いに出したまでです。

日露戦争をとってみても両軍合わせて二十万人以上が戦死し、自国を戦場にされた朝鮮半島や満州の人たちにとっては、日露双方の国から侵略を受けた上に、戦後も主権を日本に奪われる形となって長きにわたり苦渋を舐めさせられるきっかけになりましたから、視野を日本国家以外に広げれば、とても正当化したり美談にできるものではないと思います。

心酔するのは『坂の上の雲』という小説に対してだけにしておかれることですね。


>日露戦争と第一次大戦を比較します。

上記に述べたように、ここで主題にしているのは「戦争そのものの悲惨さ」です。そんな比較や個々の戦争の意義を語られても意味がないので不要です。
だいいち、戦争を仕掛ける国、ことに侵略者は何かしら大義名分だかを掲げて他国に攻め込むに決まってますよ。あなたがまたぞろ日露戦争の意義とやらを書き連ねているのと同じようにね。
それとあなたが書いている「日露戦争の意義」って、全部侵略者である大日本帝国にとっての意義というか都合ばかりですがな。もっとも大日本帝国はその後も「自存自衛のため」という、あなたと同じ理屈・口実をもって中国やアジア諸国に侵略していき、最後は太平洋戦争で破滅的な結末を迎えたわけですが。
少しは、日本以外・国家以外の立場に立ってものを考えるってことを覚えられてはいかがです?

それと、これどういう意味ですか?

>しかし、太平洋戦争のような国益にならない戦争を賞賛するような「愛国青年」ではありません。国を愛するが故に、国益を第一とする現実主義者だと自己定義しています。

ご自分をどう定義されようと自由ですが、100年前の日本の侵略戦争を、日本の都合ばかり掲げて「正しかった」などと主張されることが、どう「現実的」に「国益」につながるのでしょう?さっぱり理解できませぬ。
Posted by 不勉強 at 2010年09月02日 21:29
>貴風堂々さん

>でも、その後第2次世界大戦が起こったのだが。胸に刻んでも何にもならなかったね。

ご意見どうもです。第1次大戦後、国際連盟や不戦条約による侵略戦争の禁止など、甚だ不完全ではありましたが、戦争によらない国際紛争解決への道に人類が踏み出したのも事実ですから、私はまったく「何にもならなかった」とは思っておりません。


>うーさん

「援護射撃」ありがとうございます(笑)


>沖波路順風さん

いつも「熱い」書き込みをなさってますね。しかし、熱さが過ぎて「熱中症」になりませぬよう。
以前ここでやり玉に挙がった、ぶさよでぃっくという愚か者に対して、私はこういうスタンスを表明しました。ご参考までに。
「価値の無い相手には、罵倒すらもったいないですよ」
Posted by 不勉強 at 2010年09月02日 21:47
不勉強さん。

 どうもすみません。前にも書きこみましたが、「石頭の瞬間湯沸かし器」なもので(笑)。
 ただ、過去ログ見ても、そしてここで出てきたウヨの人たちのコメント見ていると、「?」となり、「怒」となり、また相手はこちらのことを聞き入れることなく言ったりしていて「相手にするだけ無駄」に感じてしまい、最後は雑に書くようになりましたよ(笑)。

 脳が疲れている病気に罹っておりますから、自制しないといけないのですが。例えば理不尽と感じるもの言いには反応してしまいます。

>「価値の無い相手には、罵倒すらもったいないですよ」

 これを頭に入れていれば、病気にならなかったのかもしれません。

 長々と失礼しました。ありがとうございました。明日から、1週間18きっぷで同じ病を持っている人たちに会いに行ってきます(私事ですみません)。児童相談所が絡んでくる問題にも当たってきます。

 では。
 
Posted by 沖波路順風 at 2010年09月03日 01:44

 (y・O・)y オーイ!はんばいこくー!どスたー
Posted by sumida5 at 2010年09月03日 14:00


y(・O・y) オーイ!しゃれこうべー!おみゃーもトンズラかー?はよ戻ってちょうよ!

Posted by sumida5 at 2010年09月03日 20:40


y(・O・) yオーイ!はんばいこくー!あんたも戻ってちょーでゃー!待っとるがやー


Posted by sumida5 at 2010年09月03日 20:45



はんばいこくぅー! y(・O・)y はよー戻ってちょーよー!
でらみずくせぁーだぎゃー!


Posted by sumida5 at 2010年09月03日 21:00
嘘つきで必死杉なうー萌え(藁
Posted by 反売国 at 2010年09月04日 04:35
>>不勉強

 どうも、あなたにはすてきなお仲間がたくさんいて本当にうらやましいです。「低脳」な差別主義者うーさんや、「理解」する力がない販売国さんを初めとする頭の低そうな連中とつるんでさぞたのしいでしょう。(笑)

>>あなたの主張の誤りは、第一次大戦が勃発した背景とその問題(意義)を、日露戦争のそれとに取り違えていることです。(以下延々)

あらま、私はどの戦争がどんな意義を持ってたかなんて、一言も触れてないんですけど。私の先の書き込みの最後の文をもう一度よく読み返して頂けますか?私が主張したいのは「戦争そのものの悲惨さ」それだけです。

いえ、違うでしょう、一部本文を引用します

>>まあそれは冗談としてちょっと話を本題に戻しますと、日露戦争というと第一次世界大戦のちょうど10年前ですね。同時代といってよいでしょう。

 普通に読解するならば、ここでの本題とは日露戦争についてであるといえます。この文は日露戦争についての話題が始まる導入の為の文章です。
 また日露戦争、第一次世界大戦が同時代に存在するという事実をここであえて提示することで、それらに何か共通の要素が存在し、それが後に重要なことであることに留意させる意図があります。

>>当時は列強諸国でも「自国の戦争は正義」とか「戦争はカッコイイ」みたいにプロパガンダされて、言ってみれば反売国さんのような「愛国青年」が量産されてどんどん軍に入って行ったと聞きます。
そして始まった第一次大戦は各国ともイケイケの高揚ムードの中、派手に一発ドンパチやって、2〜3ヶ月でサクッと終わるようなノリで始まったとも聞いてます。

 ここでは第一次大戦についての「背景」の説明がなされています。

>>ところが蓋を開けてみれば、多国間の総動員戦と塹壕戦術での待機戦などで戦争は長期化・膠着化・泥沼化し、史上空前の悲惨な消耗戦が世界各地で続きました。
停戦までに4年以上を費やし、各国の被害は史上空前のものとなりました。全部で約1000万人の兵士が死に、それを凌ぐ数の民間人が死に、負傷者は2000万人にのぼりました。各国の国力疲弊・窮乏の凄まじさは言うまでもありません。

 ここでは第一次大戦の「結果」が述べられています。

>>この大戦を機に参戦各国とその国民は、戦争が決してカッコイイものでも国益になるものでもなく、ただただ悲惨で虚しい、愚かなものであることを胸に刻み込んだことでしょうね(極東のドイツ領切り取りや軍需景気でボロもうけして味をしめた大日本帝国などを除いて)。

 そして、ここでは第一次大戦のその後の「意義」が述べられています。
 しかし、ここまでの文章では、「本論」である日露戦争についての、第一次大戦と比較しての見解が全く掲示されていません。日露戦争が主題であり、第一次大戦を留意する点として据えているので、本来ならば両者を比較し検討する必要がありますが、それは全く見当たりません。

>>まあ・・・戦争なんて国に関係なく美談に出来るものじゃありませんね。ある時代、ある国のあるエピソードを切り取れば、さも美しい物語に仕立て上げられもしますが、その裏では常に当事者国家の都合で、無数の人たちが同じ人の手によって無残に死に、耐え難い苦痛を与えられていますから。

 ここでは、結論として、戦争とはどのような場合でも悲惨な物でしかなく、一見美談に見えるものも実は表面的なものにすぎないことが述べてられています。
 しかし、この結論は第一次大戦の結果や意義の検討により出されたに過ぎず、日露戦争の是非についての検討が欠如しているので、問題(本題、主題)と結論がずれているといえます。日露戦争の是非についての話が、いつの間にか全ての戦争の是非についての話に摩り替わっている、ともいえます。
 この後の反論についても検討してみます。

>>第一次大戦は単に日露戦争の直後に行われたというだけでなく、各国が侵略戦争を是とし続けた場合、最終的にどんな悲惨な結果を生むのかまざまざと人類に見せつけ、侵略戦争の禁止と戦争によらない紛争解決へ世界が動き出した契機ですので、あえて引き合いに出したまでです。

 まず、第一次大戦が日露戦争の直後に行われたことを日露戦争が悲惨である根拠として今まで何回も掲示していますが、どうしてですか?理由の説明がないのですが・・・。
 また、やたらと第一次大戦が戦争の悲惨さを見せ付けた契機と強調して、日露戦争の引き合いに出しているみたいですが、前者は後者より後の出来事であるので、後者は前者の「契機」とはなりえません。それに両者の背景も異なります。よって引き合いに出すのはおかしいのですよ。だから両者が共通して悲惨であるという主張がしたいなら、せめて「比較」して両者の共通点を見つた上でなければいけません、その程度もしていない人と討論してもしょうがないのですが(笑)

>>日露戦争をとってみても両軍合わせて二十万人以上が戦死し、自国を戦場にされた朝鮮半島や満州の人たちにとっては、日露双方の国から侵略を受けた上に、戦後も主権を日本に奪われる形となって長きにわたり苦渋を舐めさせられるきっかけになりましたから、視野を日本国家以外に広げれば、とても正当化したり美談にできるものではないと思います。

心酔するのは『坂の上の雲』という小説に対してだけにしておかれることですね。

 過去ログ本当に見たんですか?私はあなたみたいな雑魚を散々相手にしてきたんですが。もっと踏み込んだ主張をしてください。

>>上記に述べたように、ここで主題にしているのは「戦争そのものの悲惨さ」です。そんな比較や個々の戦争の意義を語られても意味がないので不要です。

 ここでの本題は日露戦争の是非についてのはずですが・・・、あなたが勝手に「戦争そのものの悲惨さ」に摩り替えていますが・・・。

>だいいち、戦争を仕掛ける国、ことに侵略者は何かしら大義名分だかを掲げて他国に攻め込むに決まってますよ。あなたがまたぞろ日露戦争の意義とやらを書き連ねているのと同じようにね。
それとあなたが書いている「日露戦争の意義」って、全部侵略者である大日本帝国にとっての意義というか都合ばかりですがな。もっとも大日本帝国はその後も「自存自衛のため」という、あなたと同じ理屈・口実をもって中国やアジア諸国に侵略していき、最後は太平洋戦争で破滅的な結末を迎えたわけですが。
少しは、日本以外・国家以外の立場に立ってものを考えるってことを覚えられてはいかがです?

 主題からずれた勝手なきめつけご苦労さまです。これは「戦争そのものの悲惨さ」が主題である上での主張ですよね?私が反論するまでもありません。たわごとを口走ってご満足ですか(笑)

>>それと、これどういう意味ですか?

>しかし、太平洋戦争のような国益にならない戦争を賞賛するような「愛国青年」ではありません。国を愛するが故に、国益を第一とする現実主義者だと自己定義しています。

ご自分をどう定義されようと自由ですが、100年前の日本の侵略戦争を、日本の都合ばかり掲げて「正しかった」などと主張されることが、どう「現実的」に「国益」につながるのでしょう?さっぱり理解できませぬ。

 私がいつ日露戦争を「正しかった」と主張したのでしょうか?また、その主張があったとして、私がいつそれが現実的に国益につながるといったのでしょうか?妄想はご自分の脳内だけでやってくださいね。

 あなたの主張は、主題を取り違え、その上で結論を行い、後はそれに則った主張を延々と繰り返しているだけです。不快です、くだらない議論をまたさせられたのですからね。それと、以下前出の文章をあげます。

>>あらま、私はどの戦争がどんな意義を持ってたかなんて、一言も触れてないんですけど。私の先の書き込みの最後の文をもう一度よく読み返して頂けますか?私が主張したいのは「戦争そのものの悲惨さ」それだけです。

 あなた論述の勉強したことないでしょう。したならば、「意義」や「背景」、「結果」といった「単語」にいやでも敏感に反応するようになるはずです。それとまともに現代文できないでしょう?今年のセンター解いて見なさい、三割行かないんじゃないですか(笑)はっきしいってそんな低レベルな人と議論してもしょうがないんですよね。不勉強ならロムっといてくださいね。
 
 最後に、私はたかし=うー=めばるん=不勉強説を掲示しときますよ。実はたかしの暴力的な志向の投影としての存在が、うーである、みたいな(笑)
Posted by 反売国 at 2010年09月04日 07:32
>>うー

 で、私がいつ勝利宣言したんですかね?「低脳」なこと口走ってないでさっさと掲示してもらいたいのですが、まさか嘘じゃないですよね(笑)逃亡しないでくださいよ(禿笑)

Posted by 反売国 at 2010年09月04日 07:36
反売国!\(◎▽◎)/! どひゃー!また出た!



> この後もバカシ集団がこの記事のコメント欄に「低脳」な書き込みをするでしょう。わたし達が相手することはありません。
> 題名が「最後に書き込んだもの勝ち」のような記事において、馬鹿な書き込みに反論し続けるのはそれこそ愚の骨頂です。勝手に勝利宣言でもださせてやればいいんです。せいぜいバカシ集団の好きにさせて、ブサヨの醜さを読者の皆様にさらしてやりましょう。
> 最後に、また今年「坂の上の雲」が放送されたらまた私が書き込んだ同記事へもひょっとしたらコメントが殺到するかもしれません。そのときになったら多少の期待と共にまた同記事をのぞいてください。
> あと、返信は不要です。それこそ相手の思う壺ですしね、それではさようなら。
>Posted by 反売国 at 2010年08月30日 13:28


なーんつったくせにまた現れた〜(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
Posted by sumida5 at 2010年09月04日 10:10
>たしかに「うー=たかし説」はどうかと思いますが、

>最後に、私はたかし=うー=めばるん=不勉強説を掲示しときますよ。



 /(ーー;).。oOナンジャコリャ・・
Posted by sumida5 at 2010年09月04日 10:21
>今年のセンター解いて見なさい、三割行かないんじゃないですか(笑

つまり反売国自身は3割しか出来ないと言いたいのですね。
反売国の理論では「自民党の谷垣が右翼」なんですから当然ですね。
Posted by あるふぁ at 2010年09月04日 10:33
「不勉強」です。

反売国さん、ご苦労さんです。相変わらずやたら長いなぁ(笑)なるべく無駄は省いていきましょう。
話の展開の都合上、あなたのレスの引用順がだいぶ前後入れ替わりますが、ご了承ください。


さて、まず話の前提についてです。

>ここでの本題は日露戦争の是非についてのはずですが・・・

違うでしょう。たかしさんのエントリー本文をよくお読みください。そもそもの本題は「戦争(それも侵略戦争)が現代において、国粋主義的に美化・正当化されて語られることの是非」ではないですか?「戦争美化」題材のひとつとして今回取り沙汰されているのがたまたま「坂の上の雲」ということです。

あなたが勝手に大好きな「日露戦争」に偏狭に固執しているから、話がかみ合わないんですよ。


>両者が共通して悲惨であるという主張がしたいなら、せめて「比較」して両者の共通点を見つた上でなければいけません

両者の共通点は「国家間の大規模な侵略戦争」ってことです。加えて言うなら「侵略戦争が禁止されていなかった時期の最後の侵略戦争」ですね。というか悲惨じゃない戦争なんてあり得るんですか?
私が http://takashichan.seesaa.net/article/159534841.html#comment こっちのスレッドに書きました、どんな「戦争」でも避けて通れない「共通点」を若干引用しておきましょう。

>大義名分や思想信条など一切横においときまして、戦争と言う手段は、殺人・強盗・強姦・放火・器物損壊・窃盗etcetc、人としてやってはならないこと、反社会的・非人間的な犯罪行為その一切を、国家などが何かしら理由を付けて正当化し積極的に非道な行為を行うものですよね。
>人が人を殺し、人の物を奪い、住む家や街を破壊し、家族を分断し、産業・経済を疲弊させて様々な困窮を招き、生き残った人間にも心身に癒えない傷や消せない遺恨を残すものです。
また戦争は、そうした非人間的行為を強制的に人々にやらせるものです

上記で挙げたような非人間的行為や惨禍が、日露戦争ではまったくなかったとでも言うおつもりですか?「比較」などそもそもするまでもなく、どんな戦争も巻き込まれた人にとってみれば悲惨なものです。
理屈をこねる前に、自分自身が当時の戦争の当事者だったとしたら、自分が家族が巻き込まれたとしたら…と考えてみるなど、少しは想像力を働かせてみてはいかがです?


>私がいつ日露戦争を「正しかった」と主張したのでしょうか?

あなたの一発目のレス(例の「結論、死ね」のやつです(笑))や、その後のダラダラとした書き込みを読めば誰だって、あなたが日露戦争の正当さを語っていると思われるでしょうね。ご自分でも読み返して見られてはどうです?


>また、その主張があったとして、私がいつそれが現実的に国益につながるといったのでしょうか?

あなたは「国を愛するが故に、国益を第一とする現実主義者だと自己定義」してるんでしょう?日露戦争の「意義」をあれだけ力説・賞賛されてるんですし、かたや「太平洋戦争のような国益にならない戦争は賞賛しない」ともおっしゃっているくらいですから、当然「日露戦争の国益」についても語れるものだと思いましたがね。
ここまでに言及していないとおっしゃるなら、今から語って頂いても結構ですよ。
というか、あなたの言う「国益」って、そもそもどういうことを指すのですか?


>はっきしいってそんな低レベルな人と議論してもしょうがないんですよね。不勉強ならロムっといてくださいね。
>最後に、私はたかし=うー=めばるん=不勉強説を掲示しときますよ。

要するに、これ以上私と議論したくないわけですな。またえらく、へっぴり腰ですねえ(笑)
ご安心を。あなたの意向に関わらず、私は自分の意見を展開させて頂くだけですので。あなた方の書き散らしてきたものをダシに使ってね(笑)

他のお仲間もトンズラこいちゃったようですし、あなたも好きにされたらよいでしょう。
Posted by 不勉強 at 2010年09月04日 10:50
>今年のセンター解いて見なさい、三割行かないんじゃないですか(笑

そーいえば、これは小学生がよくやる
「俺は凄いんだ!」自慢ですね。
Posted by あるふぁ at 2010年09月04日 11:07
>反売国さん

9月なのに暑い日がつづきますね。
しばらく時間をおいて、先の私の書き込み等の見直しも兼ねて、貴方の関わりのあるこのスレッドを覗いて見ました。たくさんの人の書き込みもあって、全体把握できていませんが、貴方の最初の書き込みが主張の基本部分であることは理解しましたし、同意できます。

しかし、もう関わらない方がよいと思います。私も好奇心に駆られて、不用意に立ち入ったなと感じています。論点議論より、どんな人が集っているかに興味が移り、引っ張ってみましたが、読み返していて、ちょっと違う方々だというのが結論です。

ちょこまか出てくる「突っ込み」する方も病んでいるようにしか思えないし、私に絡んだ一人のブログも見ましたが、ここの姿と矛盾しているというか、対人関係が構築できない方だと感じました。

いくら応酬しても、労力の無駄、自分自身も低俗化していくと思われます。
ですので、ここから離れるのをお勧めする次第です。私も、変なところに入り込んだのが失敗でした(苦笑い)。
ご期待に沿えそうになく、ご連絡まで。
Posted by TM at 2010年09月04日 19:44


\(◎☆◎)/! うわーっ!またしてもお馴染みの最後っ屁!未練がましくまた出たがや!
おみゃーはもう何を言っても馬鹿にされるだけだっちゅーのに!

Posted by sumida5 at 2010年09月04日 21:12
>>TM氏

 お返事遅れてすいません。私もこのような低俗なスレで話しが合いそうな人と遭遇できて本当にうれしかったです。
 あと、一つだけ言うことがあります。この記事で「低脳(能)」を括弧抜きで使用していますが、「低脳」は差別用語であり、うーやたかしといった「低脳」な連中が用いるような汚い差別用語です。 もはや書き込むことはないかもしれませんが、ゆえに低脳には括弧を使用すべきです。

一、(出陣)
天に向かいて唾を吐く ♪
低脳無恥のネトウヨは
仲間のおだてに乗せられて
いざや書き込む「たかしズム」
勝たずば生きて還(かえ)らじと
言ってる先から返り討ち

 この後もバカシ集団がこの記事のコメント欄に「低脳」な書き込みをするでしょう。わたし達が相手することはありません。
 題名が「最後に書き込んだもの勝ち」のような記事において、馬鹿な書き込みに反論し続けるのはそれこそ愚の骨頂です。勝手に勝利宣言でもださせてやればいいんです。せいぜいバカシ集団の好きにさせて、ブサヨの醜さを読者の皆様にさらしてやりましょう。
 最後に、また今年「坂の上の雲」が放送されたらまた私が書き込んだ同記事へもひょっとしたらコメントが殺到するかもしれません。そのときになったら多少の期待と共にまた同記事をのぞいてください。
 あと、返信は不要です。それこそ相手の思う壺ですしね、それではさようなら。
Posted by 反売国 at 2010年08月30日 13:28

>反売国さん

9月なのに暑い日がつづきますね。
しばらく時間をおいて、先の私の書き込み等の見直しも兼ねて、貴方の関わりのあるこのスレッドを覗いて見ました。たくさんの人の書き込みもあって、全体把握できていませんが、貴方の最初の書き込みが主張の基本部分であることは理解しましたし、同意できます。

しかし、もう関わらない方がよいと思います。私も好奇心に駆られて、不用意に立ち入ったなと感じています。論点議論より、どんな人が集っているかに興味が移り、引っ張ってみましたが、読み返していて、ちょっと違う方々だというのが結論です。

ちょこまか出てくる「突っ込み」する方も病んでいるようにしか思えないし、私に絡んだ一人のブログも見ましたが、ここの姿と矛盾しているというか、対人関係が構築できない方だと感じました。

いくら応酬しても、労力の無駄、自分自身も低俗化していくと思われます。
ですので、ここから離れるのをお勧めする次第です。私も、変なところに入り込んだのが失敗でした(苦笑い)。
ご期待に沿えそうになく、ご連絡まで。

Posted by TM at 2010年09月04日 19:44





お互い傷を舐めあう反売国とTMであった・・(ρヘ ;)・・・・うぅっ。
Posted by sumida5 at 2010年09月04日 22:16
「反売国」と「TM」の公開「文通」いつまで続けるのかな?
お前らメールでやり取りしろよ。

>私に絡んだ一人のブログも見ましたが

誰のブログ何だろうか?
Posted by あるふぁ at 2010年09月05日 11:41
訂正

× 誰のブログ何だろうか?

○ 誰のブログなのだろうか?
Posted by あるふぁ at 2010年09月05日 16:14
>>不勉強


>>ここでの本題は日露戦争の是非についてのはずですが・・・

違うでしょう。たかしさんのエントリー本文をよくお読みください。そもそもの本題は「戦争(それも侵略戦争)が現代において、国粋主義的に美化・正当化されて語られることの是非」ではないですか?「戦争美化」題材のひとつとして今回取り沙汰されているのがたまたま「坂の上の雲」ということです。

あなたが勝手に大好きな「日露戦争」に偏狭に固執しているから、話がかみ合わないんですよ。

 あなたはたかしと討論しているのですか?

>>両者の共通点は「国家間の大規模な侵略戦争」ってことです。加えて言うなら「侵略戦争が禁止されていなかった時期の最後の侵略戦争」ですね。というか悲惨じゃない戦争なんてあり得るんですか?
私が http://takashichan.seesaa.net/article/159534841.html#comment こっちのスレッドに書きました、どんな「戦争」でも避けて通れない「共通点」を若干引用しておきましょう。


>大義名分や思想信条など一切横においときまして、戦争と言う手段は、殺人・強盗・強姦・放火・器物損壊・窃盗etcetc、人としてやってはならないこと、反社会的・非人間的な犯罪行為その一切を、国家などが何かしら理由を付けて正当化し積極的に非道な行為を行うものですよね。
>人が人を殺し、人の物を奪い、住む家や街を破壊し、家族を分断し、産業・経済を疲弊させて様々な困窮を招き、生き残った人間にも心身に癒えない傷や消せない遺恨を残すものです。
また戦争は、そうした非人間的行為を強制的に人々にやらせるものです

上記で挙げたような非人間的行為や惨禍が、日露戦争ではまったくなかったとでも言うおつもりですか?「比較」などそもそもするまでもなく、どんな戦争も巻き込まれた人にとってみれば悲惨なものです。
理屈をこねる前に、自分自身が当時の戦争の当事者だったとしたら、自分が家族が巻き込まれたとしたら…と考えてみるなど、少しは想像力を働かせてみてはいかがです?

 ・・・相手に言われてから物事をするのは格好悪いですよ、まあでも比較して共通点を挙げようとしたのは評価します。ただ共通点が「国家間の大規模な侵略戦争」というのには議論の余地があります。
なぜなら第一次大戦の特色は、「それまでに発生しなかったような」、世界的な反戦運動の契機となった大規模な戦争であったのですから、共通点ではなく、むしろ相違点に含まれると思います。
 さらに、共通点が「国家間の大規模な侵略戦争」だとして、だからどうしたんですか?その後それが議論の材料として全く使用されていません、掲示されただけです。それなら比較する意味がないのに、
第一次大戦を日露戦争が悲惨である根拠として掲示するため比較して共通点を挙げたんじゃないんですか?馬鹿ですか?
 それと、「上記で挙げたような非人間的行為や惨禍が、日露戦争ではまったくなかった」などいったつもりはないです。
 私達二者の論点は、「死傷者が出ても国益になるならば戦争をすべきかどうか」ということで、そこで平行線をたどります。あなたの立場は、仮定としての純粋な防衛戦争すら反対するのでしょう。それに対し私は死者がでても国益の為には戦争に賛成しています。侵略者に対しどうやって戦争を行わずに支配されずに済むかその方法をぜひお聞かせ願いたいものです。

>>私がいつ日露戦争を「正しかった」と主張したのでしょうか?

あなたの一発目のレス(例の「結論、死ね」のやつです(笑))や、その後のダラダラとした書き込みを読めば誰だって、あなたが日露戦争の正当さを語っていると思われるでしょうね。ご自分でも読み返して見られてはどうです?

 もう一度言います、私がいつ日露戦争をただ「正しかった」と主張したのでしょうか?「正しい」というのは、道義的にですか、それとも、政治、経済、はたまた文化的にですか?はっきりしない主張ですね。そもそもそれが正義か悪かなど
問うた覚えはありません、「日本にとり意義があった」とは語った覚えはありますが。ちなみにあなたは私が「死ね」という言葉にためらいを持っていると感じているかもしれませんが、そうでもありませんよ。うーにでも言ってあげましょう
「差別主義者『低脳』うー死ね」

>>あなたは「国を愛するが故に、国益を第一とする現実主義者だと自己定義」してるんでしょう?日露戦争の「意義」をあれだけ力説・賞賛されてるんですし、かたや「太平洋戦争のような国益にならない戦争は賞賛しない」ともおっしゃっているくらいですから、当然「日露戦争の国益」についても語れるものだと思いましたがね。
ここまでに言及していないとおっしゃるなら、今から語って頂いても結構ですよ。
というか、あなたの言う「国益」って、そもそもどういうことを指すのですか?

 なぜこの場で具体的にそこまで語る必要性があるのでしょうか、素直に語ってくださいというならともかく。問題点としてあげたつもりでしょうが、文章がおかしいです。
 あなたの主張は、「自分を現実主義的愛国者であると自己定義しているのに、何故日露戦争の国益も語れないのですか?」ということでしょうが、私は語った覚えがないので語ってないからです、としかいえません。稚拙な文章です。
 それと、私に抽象的な「国益」の定義を質問しているようですが、そんなの勝手に辞書で調べてください、馬鹿じゃないんですか?それと比べて私のそれは特色はないので特に答えることはありません。

>>要するに、これ以上私と議論したくないわけですな。またえらく、へっぴり腰ですねえ(笑)
ご安心を。あなたの意向に関わらず、私は自分の意見を展開させて頂くだけですので。あなた方の書き散らしてきたものをダシに使ってね(笑)

 そうやって私を罵倒して、mebarunもどこかへいってしまった・・・(笑)ところで前出のたかし=うー=めばるん=不勉強説にたかしは反論しませんね、まさか図星でしょうか(烈笑)
あと、ダシといいますが、文構造に未熟さが多々みられるあなたに言われる筋合いはないんですが・・・
Posted by 反売国 at 2010年09月05日 21:51
追伸

 私の文が長いのは、あなたの主張をかなり引用しているからです。じゃないとあなたどうせすぐ前の文章忘れるでしょう。
Posted by 反売国 at 2010年09月05日 21:53
>>TM氏

 どうも、私ももちろんこんな「低脳」な連中にはなるべく関りたくないです。けれど当初の目的は達成するつもりなので、日露戦争に関係するこの記事には関っていきます。たしかに低俗化していきそうなのは怖いですが(笑)まあ、頑張っていきます。
Posted by 反売国 at 2010年09月05日 21:56
(?_?) 何だろう?

 (-_ゞ ) ゴシゴシ・・・

 (◎_◎) ジーッ・・・

\(◎o◎)/! どひゃーっ!

反売国が・・
また舞い戻ってきたーっ!




Posted by sumida5 at 2010年09月05日 22:06
>俺は現段階では当初の目的を達成できたといえる。
Posted by 反売国 at 2010年08月26日 23:33

>けれど当初の目的は達成するつもりなので
Posted by 反売国 at 2010年09月05日 21:56

おいおい、当初の目的達成したんじゃないのかよ。
いつまでウソツキ反売国の書き込みが続くのやら。
Posted by あるふぁ at 2010年09月06日 17:35


あるふぁさん!上手いっ!
(^-^)//"" ぱちぱちぱちぱち ・・・・

Posted by sumida5 at 2010年09月06日 17:49
ホント、あるふぁさん、面白い。
反売国、マヌケ〜
Posted by うようよ at 2010年09月06日 19:41
>>不勉強

 一週間くらいは待ったと思いますが反論はないのですか?もっとも、あなたの論拠である、日露戦争が第一次大戦と同様うんたらこうたら・・・、が掲示されていないので、すでに実は議論は不要ですが。

>>うー
で、わたしがいつ勝利宣言をしたか教えてほしいんですけど
Posted by 反売国 at 2010年09月12日 03:57
(うー)
>>反売国

>で、わたしがいつ勝利宣言をしたか教えてほしいんですけど

ん?オマエなにテンパッてんのぉ?
自分の発言には責任持てよヴァーカ(藁

=============================================
>>>mebarun
> 結局は一週間ほど現れていないが、書き込んだ以上、議論が終わらぬまま一週間放置するのは逃亡と結果的に変わらないと思うが、卑怯者。

>>>たかし
> おまえも見てるんだろ。このスレを見る奴の多くは、この馬鹿どもの醜態には嫌気がさすだろう。
> ゆえに、俺は現段階では当初の目的を達成できたといえる。もっとも奴等は、俺に勝利したと勘違いしてるだろうが。
> 馬鹿どもはすでに退治したから時間に余裕ができた。そろそろお前と遊んでやってもいいぞ。見てるばっかでなく出てこいよ
>Posted by 反売国 at 2010年08月26日 23:33
===============================================

>馬鹿どもはすでに退治したから
>馬鹿どもはすでに退治したから
>馬鹿どもはすでに退治したから
>馬鹿どもはすでに退治したから
Posted by うー at 2010年09月13日 00:32
???自分の発言を忘れたんですか。自分の発言には責任持てよヴァーカ(藁
下記の文章で「勝利宣言して去った」に該当する箇所はどこですか?


>>反売国

ハイハイワロスワロス。
もう来ないんじゃなかったっけ?勝利宣言して去った奴のすることじゃねーな。分かりやすい奴め(藁

>にしてもオフ会でうーとたかしがいるとか、マジきもいですね。

きもい?そう思ってもらえてうれしいねえ。
そんなきもい連中がたむろってるハズのココに、腹いせで書き込まずにいられないオマエは何?
必死の反売国に萌え〜(藁
Posted by うー at 2010年09月01日 08:43
Posted by 反売国 at 2010年09月13日 08:23
 自分の言ったことを忘れて人のせいにしたり、話を都合よくすり替えたり、自分一人じゃかなわないからといって助っ人呼ぼうとしたり、挙句の果ては愚かな2ちゃんの「自分の縄張り」に引き込もうとするなど、自己満足・自己中心的な反売国であった(田口トモロヲさん風に読んでください)。

 いやぁ、ネトウヨバカウヨって本当に愚か者ですね。
 彼はまた現れるのだろうか?。ここで反論すれば(幼稚に見られなくて)いいものを・・・・。
Posted by 沖波路順風 at 2010年09月15日 01:58
>>反売国

ムダコピペ必死杉(藁
Posted by うー at 2010年09月15日 10:08
反売国トンズラ確定(藁
Posted by うー at 2010年09月16日 21:28
もういないので意味ないかもしれませんが。

反売国って壮絶にバカだなぁ・・・。
Posted by ふーくん at 2011年03月10日 20:01
>ふーくんさん

反売国は2ちゃんでスレ立ててますよ。以下

【最後に、皆さんへ

私にご意見があるかたは下記の場所までどうぞ、楽しみに待っています。来る勇気があればですが。それでは、たかしズムの住人さん、たぶん永遠にさようなら

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1284375901/
Posted by 反売国 at 2010年09月13日 20:08】

私はアホの巣窟の2ちゃんにまで出張する気はないので拝見した事はないですけど。
Posted by あるふぁ at 2011年03月11日 17:15
ここが巣ってやつか・・・
Posted by あー at 2011年12月31日 05:18
>あー

「おー」は君のマルチハンドルかな?

またまた冬休みにご登場の書き逃げさんですね。
Posted by あるふぁ at 2011年12月31日 14:04
たまたま当ブログにホイホイされた一介の暇ネトウヨであります。
うーって人がいたのであーとかおーが居てもいいじゃないですか(笑)
まぁお察しの通り単なる書き捨てなので、そう目くじらを立てられませぬよう。
Posted by あー at 2011年12月31日 20:09
>>あー

>たまたま当ブログにホイホイされた一介の暇ネトウヨであります。
>うーって人がいたのであーとかおーが居てもいいじゃないですか(笑)

言い訳がましいうえに猿真似野郎ってか(藁
Posted by うー at 2012年01月01日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック

NHKドラマ『坂の上の雲』を見る
Excerpt:  機関紙「ジャーナリスト」09年12月号から転載します。  疑念残る「司馬史観」  NHKドラマ『坂の上の雲』を見る NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」が始ま った。司馬遼太郎原作の..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2009-12-28 23:52

2010年啄木祭
Excerpt: 2010年啄木祭 日時 4月29日(木・祭) 13:00開場 13:30開会 会場 エデュカス東京     東京都千代田区二番町12−1     電話03−3230−3891 参..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2010-03-21 09:32
このページのトップヘ