2009年10月18日

民主党の「限界」

9月にやっとの思いで政権が交代した。鳴り物入りで政権に就いた民主党だが、一か月にして壁に突き当たってしまったようだ。その壁の名は「財源」。九十五兆の概算要求だそうである。財務大臣は苦慮しているらしい。

国家予算が年々膨らむのは当り前である。少子高齢化が急速に進み、高齢者が増えているのだから、年金や医療費、福祉予算がどんどん嵩んでいくのは当然だ。これらは「削ることのできない」予算である。この「削ることのできない」福祉予算を、自公政権は毎年2,200億円ずつ削減してきた。黙っていても必要額が増えていく福祉予算を逆に削って来たのだ。本来「削ることのできない」ものを無理矢理削って来たわけだ。思えば酷い政権だった。

その結果、世界に例を見ない「低福祉国家」が出来上がってしまった。雇用問題も例外ではない。自公政権によって改悪された「労働者派遣法」により「貧富の差」が、取り返しのつかないまでに開いてしまった。その結果、巷に貧困者が溢れ返るようになった。この貧困者を救うためには高額の「予算」が必要なのは当り前だ。何のことはない、自公政権のツケが今になって廻って来ただけの話である。

しかし、重要なことだが民主党・社民党も1999年、この「改悪」に加担したのだ。日本共産党以外の政党は実はすべてこの1999年の「労働者派遣法」には賛成している。さすがに社民党は「改心」してこの悪法を1999年以前に戻そうと言い始めている。しかし民主党はそうではない。2003年の「製造業」解禁すら元に戻そうとはしていない。諸悪の根源とも言うべき「登録型派遣」の禁止にも及び腰だ。そんな民主党政権に「参与」として湯浅誠氏が参加することになったのだけは、昨今の数少ない朗報である。活躍を期待したいものだ。

結局削ることの出来ない予算はあるのだ。生活関連予算である。公共事業だって全てが不必要なわけではない。電子黒板(公共事業ではないが)など噴飯ものであるが、前回のエントリーで書いた「電線共同溝」など、何よりも優先的に行なうべき公共事業だと、私などは思うのだが、如何だろうか皆さんは。

「財源」に戻ろう。

私に言わせれば「財源」など殆ど無尽蔵にあるだろう、ということになる。過去に最大限優遇されてきた大企業の法人税、過去に最大限「お目こぼし」してきた高額所得者の所得税、先進国に類を見ない株式利益の優遇課税。これらを元に戻すだけで「財源」問題など跡形もなく解決するのだ。それだけではない、過去に大企業が溜めこんだ内部留保にだって法律を作って課税したっていいくらいだ。

こんな当り前のことだが、普段テレビで結構勇ましいことを言っているコメンテーターですら絶対に言わない。理由は簡単である。番組を「干される」からだ(森永卓郎などはたまに遠慮がちに言うこともあるが)。

読者の中で私と同じ考えをお持ちの方々は、歯痒く思われておられるだろうと思う。せっかく政権が交代したというのに、こんな当り前の「自明の理」が通らないのは何故か?と。

実は、この辺のことは財界にも薄々分かっているのだ。このままでは日本の年金制度や社会福祉いや日本社会そのものが破綻する、と。そうなると指弾されるのは自分たちである。そこで彼ら経団連が主張するのは「消費税増税」だ。自分たちの儲け過ぎに批判の矛先が向いて来る前に、担税感の少ない消費税(羊が鳴かぬように毛をむしると言ったのは中曽根だったか?)を一刻も早く引き上げたいのだ。そうやって庶民から絞りあげてそれを年金・福祉の財源にすればいいではないか、と。何処までも小ずるい連中である。

しかしここで私は言わなくてはならない。これはエントリー「たかしの予言」でも書いたことだが、民主党政権は大企業・高額所得者には、手を付けられないだろう。民主党は所詮ブルジョワジー政党である。社会民主主義政党ですらない。額に汗して働く庶民・労働者のための政党ではないのだ。貧困者に対しては所詮「自己責任」を押しつける政党なのだ。これは如何ともし難い現実である。

これから先「財源」を大企業・富裕者に求めることは、民主党に限って「絶対ない」と、私は断言する。


参考スレッド
<たかしの予言>
http://takashichan.seesaa.net/article/128917647.html

 
posted by takashi at 06:38 | Comment(13) | TrackBack(4) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「予言」とかネトウヨっぽくてキモいなw
Posted by あ at 2009年10月18日 09:40
ビーンです。

サンプロで共産党の小池氏が言っていましたが、
思いやり予算を含む軍事費にも手を付ければ
かなり財源は確保できますね。
Posted by ビーン at 2009年10月18日 11:35
「サンプロ」・・・サンプロ(笑)
Posted by 山田の案山子 at 2009年10月18日 17:37
何を今更…

鶏頭野郎が財源の事など全く考えて無いのは
選挙前の自民党のネガティブキャンペーンで
これ以上無い位、明白だったのに。

どっちの意見が真実か見極められない情弱は
己の愚かさをせいぜい呪うがいいさ。
Posted by 唖栗薄 at 2009年10月19日 16:26
>唖栗薄(右翼討伐人改めアクアリウス)らしき人物さん

何が言いたいんでしょうね?
本文をしっかり読んでもらいたいものです。
Posted by あるふぁ at 2009年10月19日 17:21
情弱が他人を情弱呼ばわりすることほど滑稽なことはないw
Posted by 通りすがり at 2009年10月20日 13:50
他人を情弱呼ばわりする奴に限って、ニコ動の世論調査とか恥ずかしげもなく持ち出す思考力の低さw
Posted by A at 2009年10月20日 13:52
Aさん、通りすがりさん、
「たかしズム」はマルチハンドル禁止ですよ。ページ下の注意書きをお読みください。次にやったら削除しますからね。
Posted by たかし at 2009年10月20日 17:49
累進課税をがっつり上げればそれだけで財源解決しると思いますけどね(まあそれに対応して他の税下げたりする必要もありますが)
相続税や資産税あげてもいいかもしれません。
Posted by 上とは違う通りすがり at 2009年10月21日 07:31
たかしさん、はじめましてです。

たかしさんの言うように民主党は大企業、高額所得者などの増税はやらないのかもしれません。その辺はマニフェストにも書いてなかったように思いますので私も承知してるところです。
問題は民主党ではなく国民にあると思います。もっと国民が声を挙げてそのように持っていく必要があります。
湯浅氏が国家戦略局に入ることは我々にとってチャンスかもしれません。彼は常に大企業増税を唱えてる方ですから、我々が後押しすれば何とかなると思います。
私はあきらめませんよ
Posted by さとし at 2009年10月21日 13:40
さとしさん、いらっしゃい。
私が「たかしの予言」で「民主党がもしかしたらやりそうなこと」の中に入れていた「株式利益の優遇課税」の見直しを、藤井財務大臣は「やらない」と日経新聞に語ったそうです。これすらやらないのでは法人税・所得税には絶対手をつけることはないでしょう。私の「予言」以上に民主党の底は浅いようです。
Posted by たかし at 2009年10月23日 01:06
あるふぁさん、
唖栗薄は右翼討伐人改めアクアリウスさんではありませんよ。唖栗薄は「右翼討伐委員会」を騙るスパムをばら撒いている可能性があります。もう少し様子を見て出入り禁止にする予定です。
Posted by たかし at 2009年10月23日 01:12
>唖栗薄は右翼討伐人改めアクアリウスさんではありませんよ。

たかしさん有り難う御座います。

「唖栗薄(右翼討伐人改めアクアリウス)らしき人物さん」と書き込むことで何か反応があるか期待してたのですが、やはりニセモノでしたか。

Posted by あるふぁ at 2009年10月23日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック

NO.1405 「政党通信簿」による政治買収の破綻 鳩山政権は直ちに「企業・団体献金禁止」を!
Excerpt:  日本経団連は13日の正副会長会議で、「政党通信簿」を今年は見送ることを決めたそうだ。          政党通信簿は、会員企業が...
Weblog: 大脇道場
Tracked: 2009-10-18 09:16

外国人参政権問題で、民主党だけ叩いてもあまり意味が無いと思うが……。(その2)
Excerpt:  最近、外国人参政権問題に関して、やたらと民主党叩きをしている、自民党支持者らしき人たちを見かけます。  でも、そういう人たちに私...
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2009-10-18 20:40

やはり財源問題が〜優先順位を決めて〜
Excerpt: 政権交代してはじめての来年度予算概算要求が出揃ったが、 マニフェスト実行関連の額がふくらんで、約95兆円に達した。 ところが折からの不況で税収の落ち込みが深刻であり、税収は40兆円を割る見通し..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2009-10-21 20:17

祝 民主党二議席獲得
Excerpt:  たいへんめでたくもない出来事ですが、参議院の補選で民主党が二議席を獲得したようです。  日本の滅亡に向けて更に一歩近づきました。  どうやら日本人というのはことごとく馬鹿のようです。  補正予算..
Weblog: 平成21年 日本躍進・発展の年
Tracked: 2009-10-25 22:46
このページのトップヘ