2008年08月13日

なんでこうなるの?

8月10日のサンデープロジェクトを見ていて唖然とした。右翼ジャーナリストの櫻井よしこが「通り魔事件が起きるのは日本国憲法に原因がある」と、いきなりこう来た(笑)。

・日本国憲法には、国民の権利ばかりで義務が3つしかない。その3つもどうでも良いものばかりだ。
・日本国憲法は、個人、個人と個人ばかり謳っていて、家父長制度をないがしろにしている。
・日本国憲法は、国民の自由ばかり謳っており、国民は自由の意味を履き違え、その結果加藤某のような犯罪者が出てくる。

ま、おおよそこんな感じのことを仰っておられた。
最初私は、「またか・・・」と思って苦笑したが、これはちょっと聞き捨てならないセリフだと思う。他の討論参加者(姜尚中、香山リカ、東浩紀)はもう呆れ顔。一気に場が白けたのは言うまでもない。コメンテーター席に座っていた森本敏が、マトモに見えてきたから恐ろしい。それにしても、風吹いて桶屋が儲かる式のこの発想はどこから来るものなのか?

------------------------------------------------------------------

なお、櫻井氏の発言はこちらのブログに詳しく載っており、適切な論評がなされておりますので是非お読みください。
Jeiの退職日記<日本の劣化現象 >
http://pub.ne.jp/newjei/?entry_id=1583344
きまぐれな日々<櫻井よしこのトンデモ発言>
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-708.html
kojitakenの日記<櫻井よしこが「日本国憲法が秋葉原事件を起こした」だって(笑)>
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20080810/1218343896
posted by takashi at 13:03 | Comment(4) | TrackBack(2) | 時事、政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、Meifumadohと申します。以前「のじじズム」さんをお読みして
いた時期がありましたが、ngc2497さまのサイトより、改めて貴サイトに辿り着き
ました。よろしくお願い致します。

しかし…さすが錯乱イひろこ、まさに「ウヨのダッチワイフ」の面目躍如(嘲)。
憲法と個人の凶悪犯罪の、犯罪学的な相関関係なんざ問うだけムダですが(笑)、
どうもこの手の商売ウヨ屋(嗤)どもは、そもそも「憲法」なるものを
「臣民を服従させるお触れ書き」か何かと勘違いしていないでしょうか。
本来憲法というのは、主権者たる国民側から権力を規制し命ずる為のものでは
なかったでしょうか。高校公民の知識すら無いくせ天下国家を語ろうとは(笑)。

だいたい、現憲法下でなければこんなババァが公的にこんなネタを吠え立てる
なんて行為自体が、絶対に認められなかったでしょうに。その根本的事実を
必死に無視して口先だけわめいても、こんなショボっちいウヨ芸(嘲)じゃぁ
1キロバトルももらえないと思います(嗤)。
Posted by Meifumadoh at 2008年08月19日 23:10
冥府魔道さん、よくいらっしゃいました。

>本来憲法というのは、主権者たる国民側から権力を規制し命ずる為のものでは
なかったでしょうか。

そうなんですよね(笑)。
この辺を全く理解できないヤカラが、「のじじズム」のときもゾロゾロ居ましたよ。全く困ったモンです。


>だいたい、現憲法下でなければこんなババァが公的にこんなネタを吠え立てる
なんて行為自体が、絶対に認められなかったでしょうに。

これも禿同(笑)。
そもそもネトウヨが曲がりなりにも言いたい放題言っていられるのも日本国憲法のお陰なんですがねえ。わけもわからず憲法を批判する。自分で自分の首を絞めていることが理解できない(笑)。「権力に絡めとられている」とはまさにこれのことです。
Posted by たかし at 2008年08月19日 23:29
ウヨはすぐ戦前の教育が良かったとか言います。でも考えたら、731部隊とか南京虐殺とかみな戦前の教育で育った人たちのしたことですよね。。。
Posted by bolsa at 2008年08月20日 09:57
初めまして、htsといいます。
>本来憲法というのは
まったくもってその通りなんだが、日本の場合帝国憲法も日本国憲法も押し付け憲法で自分で憲法を勝ち取った歴史がないから誤解が生ずるのかな(前者は黒船憲法、後者はGHQ憲法…奇しくもどっちもアメリカの押し付けというのが情けない)。

それならば、かつて西部あたりが主張していた廃憲論の方がまだ整合性がとれる。

最後に言うけど、国民の義務は法律に書くもので憲法に書くものでない(その意味では日本国憲法でさえ問題あり。3つとはいえ国民の義務を書くとは憲法失格。)。憲法は国家の掟に対抗するアンチなの。
Posted by hts at 2008年09月01日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック

櫻井よしこのトンデモ発言をめぐるさまざまな反響
Excerpt: 昨日は当ブログに3709件、「kojitakenの日記」には4838件のアクセスがあり、当ブログでは6月以降の最多、「kojitakenの日記」では今年に入って最多を...
Weblog: きまぐれな日々
Tracked: 2008-08-14 02:45

櫻井よしこが「日本国憲法が秋葉原事件を起こした」だって(笑)
Excerpt: 「格差社会が秋葉原事件を起こした」とはよく言われることで、当ブログ管理人は「コイズミカイカクが事件を引き起こした」と書いて一部からお叱りを受けた(笑)。 この物言いに対して「右」から対抗すべく(?)..
Weblog: kojitakenの日記
Tracked: 2008-08-14 02:46
このページのトップヘ