2008年08月11日

ネトウヨに「人権」を語る「資格」は無い

私は、人権軽視思想を持っているわけではないし、ましてや中国の民族政策に組みしているわけでは全然無い。

「ネトウヨごときが、人権について語る資格は無い。善人ヅラをしていけしゃあしゃあとチベット人の味方のフリをして、ここぞとばかり中国を批判するネトウヨを見ていると反吐が出る」

と、こう言っているだけなのだ。
以下に再掲するが、こういう糞尿作文は、まさに読んでいて反吐が出そうになる。四川省の地震の直後、ネトウヨブログがこぞって垂れ流したスレッドの抜粋であるが、本音と建前を見事に使い分けているのが見え見えなのだ。なにが「被害にあわれた方々にお見舞い申し上げ」だ。ふざけるのもいいかげんにしろ!

------------------------------------------------------------------

・国家、地域、政治体制を問わず、天変地異に遭われた方にはお気の毒である。特に中共支配下のチベット族の方々が心配である。かと言って中共政府に義捐金を寄付するくらいなら、ダライ・ラマ法王日本代表部に寄付したほうがよいのではないだろうか。

・チベットの災害は人災!四川省は天災!スカスカコンクリートだから、これも人災だけどな・・・。人災は放っておいて、自分達は助けて!かよ〜・・・?チベットを忘れるんじゃね〜ぞ!中国の狂酸党ヨ!聖火リレー、止めんじゃね〜ぞ!ズ〜っと続けろよ♪ニコニコ笑ってか・・・?ようやるぜ♪

・なんで四川省でM7級の大地震が…と眼を疑うNEWSだったしかし天の怒りとは、口が裂けても言うまい「天罰が下った」というのは中南海直下をピンポイントで地震が襲った時にこそ使う言葉であるチベット自治区を襲うとは、地霊も悪魔に加担したかと思われる所業なりとは言うものの、これが人災ではないかというそんなぶっそうなところへチベット高速鉄道なんて敷設して大丈夫なのか?思え、日本の東海道新幹線がいかに神経質に地震対策を行ったかを…いづれにせよ、今回の災害は中共政府にとって「点数稼ぎ」のチャンスである少数民族を差別することなく「人命第一」に救援活動を行えば世界に対して「人権尊重」国家としての体裁をPRでけるといふものだ震災被災者に重ねてお悔やみを申し上げつつさらに、彼らが国民の生命と安全を尊重してくれる国家を持っているだろう事を祈る

・四川省の大地震ならびに、ミャンマーのサイクロン被害にあわれた方々にお見舞い申し上げ、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。写真 ロイター 四川省大地震四川省の地震災害においては、チベット人被災者が差別されることなく救助されますように写真 時事通信 ミャンマーの子供達そして、世界各国からの善意の支援が確実に被災者の方々に届けられることを願わずにはいられません。チベット系の多い地区がやられたようだけど・・・無くなられた方にお悔やみ申し上げます。中国共産党だけを狙い打ちする地震て無いのかな?・・・重慶と言えば日本軍による絨毯爆撃という捏造の巣窟、記念館があるようだけど、崩壊したのかな?崩壊してくれ〜・・・。もう再建しね〜だろうな・・・。

・まず、同じ地震国に住む者として、今回の地震による被災者の救助等が速やかに行われることを祈ると同時にお見舞い申し上げたい。そして不幸にも今回の震災によって亡くなられた犠牲者の方々に哀悼の意を表したい。胡錦濤の来日中に関東で地震があったが、帰国してまもなく今回の大地震。それも震源の位置が、まるでチベットと漢民族の住む支那を分断するかのような場所であることを考えると、少々不謹慎といわれるかもしれないが、日本的に言えば「罰が当たった」と言える様な地震であるようにも思える。何に対する「罰」なのか・・・・それはチベット僧の虐殺や弾圧、そして天皇陛下の政治利用等ではなかろうか。ただ、チベット側にも相応の被害が予想されることが気がかりである。ラサは震源から距離が離れているので大きな被害は免れていると思うが、震源の地域もまたチベット族等の少数民族が住む地域である。救助活動は人民解放軍が行うものと思うが、差別することなく救助に当たって欲しいと願わずにいられない。

・それにしても、軍政を続けるミャンマーのサイクロン災害と、一党独裁民族浄化を続ける支那の大地震、どちらも神がそれら指導者に与えた試練なのであろうか

------------------------------------------------------------------

こいつらは、日本と言う国が過去において行なった(そして間接的に現在も続けている)人権侵害、「戦争における一般民衆に対する残虐行為」や「従軍慰安婦」といった最大級の人権侵害の事実を、平然と「無かったこと」と言い、一度は謝罪したものを再否定する政権政党や一部野党の馬鹿議員どもを陰から応援しているくせに、どのツラ下げて「チベット人の人権」だ。都合の良いときだけ「にわか人権主義者」になるな!

何度でも言う。お前たちネトウヨには「人権」を語る「資格」など無いのだ!
posted by takashi at 08:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | ネトウヨ、バカウヨの醜態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。
何度かトラックバックを頂戴して
おりましたが、
今回初めてごあいさつに
うかがいました。

そのうえで初めてリンクされていることに
気づきましたが、
誠に申し訳ありませんが、
リンクされる場合は
一言、言っていただければと思います。

それでは以降、
よろしくお願い申し上げます。
Posted by roughnecks@管理人 at 2008年08月25日 18:09
大変失礼いたしました。
書き忘れておりました。

私は「ネトウヨのブログ」の
管理人でございます。

よろしくお願いいたします。
Posted by roughnecks@管理人 at 2008年08月25日 18:09
大変に失礼いたしました( ^ ^ ;ゞ
なお、厚かましいお願いですが、是非そちらさまからもリンクをお願いできないでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。たかし
Posted by たかし at 2008年08月25日 19:51
ネトウヨのブログ管理人様、このたびは大変に失礼を申し上げました。
まず、私が何故、貴ブログにトラックバック、リンクを申し上げたかと言うことですが、これは貴ブログが、ネトウヨとしては「マトモ」な論理を展開しようと言う「意気込み」が感じられたからであります。さらに、貴ブログコメント欄にお書き込みの、所謂「流しのネトウヨ」さんたちも、私の過去の経験に照らして、そこそこ「マトモ」な方が揃っていらっしゃる。何しろ私が、「ザ・のじじズム」で相手にしておりました「ネトウヨ」というものは、次に掲げるような「馬鹿」ばかりでした。その証左として、是非とも、以下に掲げるスレッドをお読みください、よろしくお願い申し上げます。もしあなたが、こやつらを、「馬鹿ではない」と、お思いになったとしたら、私は、すぐにでも、貴ブログへのリンクを削除させていただきます。ちなみに、私がこれまで言い続けてきた言葉は、次のとおりであります。

「有象無象ではなく『論理』と『気骨』を兼ね備えた立派な『ネトウヨ』のみなさーん!まともに持論を展開できる『ネトウヨ』のひとー!頼むから何か書き込んでくれー y(・O・y ) オーイ!」
その「気骨」をあなたの中に、見出したと言うわけです。
Posted by たかし at 2008年08月26日 00:43
http://blog.nojijizm.jp/archives/50287976.html#comments 外国人犯罪
http://blog.nojijizm.jp/archives/50689341.html#comments <歩く花もうすぐ大学生(予定)(´口`)>
Posted by たかし at 2008年08月26日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。プロキシ経由は削除されます。

この記事へのトラックバック
このページのトップヘ